2014年03月24日

映画『オール・イズ・ロスト 最後の手紙』

 今年はなかなか心惹かれる作品が見当たらないような気がします。そんな中、たまたま目に入ったのがこの作品。

 出演者は、ロバート・レッドフォードただひとり。セリフもほとんどない・・・ということで、興味を持ちました。


Story
スマトラ海峡から3150キロ沖。すべて失った・・・すまない・・・。男(ロバート・レッドフォード)の呟きが響く。事の起こりは8日前。インド洋をヨットで単独航海していた男は、水音で目を覚ます。気が付くと船室が浸水していた。海上を漂流していたコンテナが激突し、ヨットに横穴が開いたらしい。航法装置は故障、無線もラップトップも水浸しで使い物にならない。しかし、これは始まりに過ぎなかった。雨雲が迫り、雷鳴が轟き、暴風雨が襲う。嵐が去った後、男は過酷な現実に直面する。ヨットは決定的なダメージを受け、もはや浸水は止めようがない。ヨットを捨てることを決意した男は、食糧とサバイバルキットを持って救命ボートに避難。ここは一体どこなのか?助けはやってくるのか?ボートも浸水し、飲み水や食糧は底を突き、危機的な状況は続く。ギリギリまで踏ん張ったものの、望みは確実に断たれようとしていた。運命に見放されようとした時、男は初めて自分自身の本当の気持ちと向き合う。一番大切な人に向けて、読まれるかどうかわからない手紙に、偽りのない気持ちを綴り始め・・・。
(Movie Walkerより)


 劇場は、初めての新宿シネマカリテ。なかなか雰囲気のあるミニシアターでした。

 しかし、僕にはよくあることですが、眠かった・・・。

 映画のせいでなく、自分のせいですが・・・。

 それにしても、セリフがほとんどないだけなく、背景の説明も全くないんですね。男の名前も素性も、なぜひとりで航海しているのか、誰になぜ手紙で謝っているのか。

 でも、しっかりドラマがある。

 恐怖を感じたり、希望を抱いたり、絶望したり・・・主人公と同化して愉しむ作品ですね。

 76歳のロバート・レッドフォード・・・渋い。この映画の水中シーンの撮影の影響で聴力の60%を失ったそうです。過酷だなぁ〜。


『オール・イズ・ロスト 最後の手紙』公式サイトhttp://allislost.jp/
posted by ふくちゃん at 20:57| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

3連休

 この土日月は3連休。

 宝塚に帰ってきました。

 その最大の目的は、月曜日が収集日であるプラスチックごみを捨てること(このネタ、2回目やな)。

 日曜日は原則出勤としているため、というか、そうせざるを得ないため、日月連休がなかなか取れず、プラスチックごみは溜まる一方・・・。45リットルのごみ袋3つ分、いよいよ明日捨てます!


 第2の目的は、PCの入れ替え。宝塚宅のPCをDELLのWinXPからSONY・VAIOのWin8にテーブルトップ(デスクトップとは呼ばないらしい)にチェンジしました。

 ハードディスクがモニタ内にあるタイプです。

 デザインが気に入って買ったのですが、購入直後にSONYはVAIOの生産・販売中止を表明(笑)。サポートは続けてくれるようですが。

 Win8をWin8.1に更新するなど、設定作業で午後を過ごしましたが、メールアカウントのパスワードを忘れてしまい、プロバイダに初期化を申請。2日程度かかるらしく、メールソフトの設定は次回の帰省に持ち越しです。同じアドレスでウェブメールも使っているから、支障はないけど。

 古いPCの処分の手配はまだこれから。

VAIO


 第3の目的は昨日終了しましたが、中学時代の友人K氏・H氏と飲むこと。特にK氏は土日じゃないとゆっくり休めないので、久しぶり。

 最近はお初天神や阿倍野で飲んでいましたが、今回は今盛り上がっているという「裏難波」。

 場所的には、千日前や日本橋あたりを指すようです。商店主の方々が作ったらしいMapもありました。

 久しぶりの難波。南海難波・高島屋の前にマルイができてる・・・。

 千日前といえば、僕の会社の難波事務所もかつてはここにありました(今は移転)。二見の豚まん、なんばグランド花月、たこ焼きのわなか、大阪でいちばんおいしいたこやきくん、あずま食堂(ちょこちょこ昼飯を食べた)・・・懐かしい。

 で、僕らが入ったのは、『海援隊沖縄 肝どん(ちむどん) 難波千日前店』。

海援隊沖縄 肝どん

 一応は沖縄の会社らしいけど、メニューや雰囲気に関しては、それほど沖縄度は高くない。でも、生中(アサヒスーパードライ)が100円、さらに1人630円で時間制限なしで“焼酎蛇口”が使い放題!!なんと麦焼酎が出てくる蛇口が各テーブルについているのです。で、自分の好きな濃さでお湯割りなどをつくって飲む。

肝どんの焼酎蛇口_2 肝どんの焼酎蛇口

 アテも旨い。

 そして、流れる音楽。僕らが小・中学生の頃に流行った歌謡曲やフォークソングがかかっている。

 いいねぇ。

 3人の中では、普段最もしっかりしているK氏が珍しく結構酔っ払い・・・。

 酔い覚ましにカラオケへ。アルコール抜きで3時間。ほとんど、小田さん&オフコースで。


 さて、次の飲み会は・・・福島?天満?・・・どこに行くかな。
posted by ふくちゃん at 23:18| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の泡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

映画『家路』

 3.11からまもなく3年。ドキュメンタリー界では有名(らしい)な方が、フクシマを舞台に初めて作り上げた劇映画。


Story
震災後の福島。次郎(松山ケンイチ)は、立ち入り禁止区域となった故郷に帰ってくる。ある“事件”の罪をかぶって東京に去り、もう二度と帰らないと決意していたはずの故郷が無人になった今だからこそ戻ってきたのだ。一方、腹違いの兄・総一(内田聖陽)は、妻・美佐(安藤サクラ)と一人娘、そして継母(次郎の母)・登美子(田中裕子)と故郷を離れ、狭い仮設住宅で暮らしている。総一は生きる気力を失い、美佐は今の生活から逃れるようにデリヘルで働いていた。登美子は、総一と美佐に遠慮しながら、血のつながらない家族との同居を続けている。現実を受け入れているように見えながら、心の中には地域の権力者だった亡夫の下で小作人のように働いていた過去と、夫に言われるがまま息子を出て行かせたことへの後悔があった。やがて、行方の知れなかった次郎の帰還を知った総一は、故郷に向かう。田畑を耕しながらここで人生をやり直したいという次郎に、総一は抱え込んでいた複雑な思いをぶつける。登美子に会うため、次郎は総一に連れられ、仮設住宅へ。何事もなかったかのように、米の生育の話をする登美子と次郎。次郎は、認知症気味の登美子を故郷に連れ帰り、2人で暮らすことに決める。そして、2人を送り届けた総一も、別の土地で生き直すことを模索し始める・・・。
(Movie Walkerより改変)


 声高に何かを主張することはなく、淡々と進んでいきます。それだけに、ところどころハッとするセリフや巧まざるユーモアが漂うシーンもあるのですが、全体としては心を揺り動かされることはそんなにありませんでした。

 でも、“故郷”って不思議なものです。たまたまそこで生まれ育ったというだけなのに、なぜこんなに吸引力があるのでしょう(いや、なかには、故郷には絶対戻りたくないという人もいるのでしょうが)。

 そこに還ることができない・・・というのは辛いです。

 僕も今はほとんど新宿ですが、関西から離れたくないです。


『家路』公式サイト
http://www.bitters.co.jp/ieji/
posted by ふくちゃん at 19:24| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。