2014年07月07日

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

 日本の同名ライトノベルが原作(ただし映画としての原題はEDGE OF TOMORROW)のハリウッドSFアクション大作を新宿ピカデリーで。

 平日だというのに、結構な人出です。


Story
近未来。地球は謎の侵略者ギタイからの攻撃を受ける。彼等のあまりの戦闘力の高さに人類はなすすべもなかった。統合軍広報担当のウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は将軍の不興を買ったために、脱走兵扱いで最前線に送り出され、嫌々ながらも決死の任務にあたるが、敵にダメージを負わせることなく戦死。しかし、気が付くと時間は出撃前に戻っていた。そして、ほぼ同じ経過を辿って再び戦死。だが目を覚ますとやはり出撃前日の元の場所に戻っていた。幾度となく出撃・戦闘・死のタイムループを繰り返すうちに、この戦争における人類の英雄であり女神、特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)と巡り会い、彼女もかつて同様にタイムループを経験していたことを知る。彼女と彼女に協力する研究者から敵の生態とタイムループの関連の真実を知らされたケイジは、戦いを繰り返しながら戦闘技術を磨いていき、リタと共にタイムループから抜け出す糸口と人類の勝利への道を探る・・・。
(Movie Walkerより改変)


 最初はヘタレで利己的で鼻持ちならない男だったケイジ少佐が、強く美しい女性兵士リタと出会い、幾度となかく戦いと死の記憶を保持したままループを繰り返し、その都度前回よりも敵の殲滅に近づいていくうちに、一廉の男になっていく様がテンポよく、時にコミカルに描かれていて、面白い。

 テンポが良すぎて、いくつか理解の追い付かない箇所もありましたが、ケイジは本当に数えきれないほどのループを繰り返しているんだろうなというところをダレることなく描いていました。。

 最後のボスキャラとの戦いはいささかアッサリしすぎの感もありましたが・・・。


『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/


 映画の帰り道、新宿ルミネエストのHMVで小田さんのニュー・アルバム『小田日和』を購入しました。聴くのが楽しみ。9月の神戸ワールド記念ホールはファンクラブ先行抽選でゲット!大阪城ホールは1人2枚までしか申込できなかったので、ぴあとe+の会員先行抽選に賭けました。もうすぐ結果が出ます。当たれ〜〜〜。

 ところで10〜11日に関西に戻るつもりでしたが、台風とタイミングが合いそうなので、延期になりそう・・・。
posted by ふくちゃん at 19:45| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(17) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。