2014年09月15日

映画『イン・ザ・ヒーロー』

 ようやく今年の20本目。唐沢寿明さん主演の『イン・ザ・ヒーロー』を新宿バルト9で。映画サイトでの評価はわりと高めでしたので、そこそこ期待して行きました。


Story
下落合ヒーローアクションクラブの代表・本城渉(唐沢寿明)は、ヒーローや怪獣などの着ぐるみを着て演じるスーツアクターを25年続けている。スーツアクターは顔も名前を出ないが、肉体を酷使し特殊な技能を必要とし、特撮やアクションものの映画・ドラマには欠かせない存在である。いつの日か顔を出して出演したいと思っているがなかなか実現せず、そのうちに妻子には逃げられ、久しぶりにめぐってきたチャンスも新人アイドル俳優・一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)に奪われる。だが、リョウが本城のアクション指導のおかけでオーディションに合格したハリウッドのアクション大作に、命がけの危険すぎるアクションを理由に降板した香港俳優の代役出演が舞い込む。周囲の反対を押し切り、本城は夢をかなえるため、誰かのヒーローになるため、スタジオへ向かう・・・。
(Movie Walkerより若干改変)


 唐沢さんだけでなく寺島進さんもスーツアクターの経験があり、しかもこの映画での役同様に女性ヒーローの役だったそうです。このシーンは笑えます。

 しかし、唐沢さんがあのライダーマンだったとは・・・。

 そんな唐沢さんの頑張りが支えている映画。だからこそ、高さ8.5mからの落下シーンはもっとはっきり見せてほしかった。

 その後の100人の敵忍者との斬り合いもなかなかのアクションですが(50歳という唐沢さんの年齢を考えればなおのこと)、いいところで余計なストップモーションと主題歌のバラードバージョンがぶち壊します。最後までの通常のスピードで一気に見せるべきでしょう。涙が引っ込んでしまいました。

 吉川晃司さんの主題歌そのものはカッコいいのに、使い方が下手。

 このシーンに限らず、音楽の使い方が良くないです。挿入歌もサイテーでした。これも曲に罪があるのではなく、雰囲気にそぐわない使い方に問題があると思います。

 ただ、映画内特撮ヒーロー作品『神龍戦隊ドラゴンフォー』の主題歌は、あの串田アキラさん(特撮ヒーローソングの神)、これは良かった。

 音楽以上に不満なのは、登場人物のキャラクターや人間関係の描き方があまりに類型的で、展開もベタなことですね。王道って難しいです。

 映画内映画では「CG」「ワイヤー」なしのアクションという設定でしたが、これ実際には使ってますよね?


『イン・ザ・ヒーロー』公式サイト
http://in-the-hero.com/
posted by ふくちゃん at 20:09| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。