2014年12月18日

映画『ゴーン・ガール』

 これが今年最後の映画になるかもしれません。32本目はデヴィッド・フィンチャー監督の最新作『ゴーン・ガール』。話題作を沢山撮っている監督ですが、僕はこの作品が初めて。


Story
アメリカ・ミズーリ州。幸せに満ちた理想的な結婚生活を送るニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)だったが、結婚5周年を迎えたその日にエイミーの姿が忽然と消える。家には争った形跡があり、さらにキッチンからエイミーの大量の血痕が見つかった。警察は失踪と他殺の両面から捜査を進めるうちに、アリバイがあいまいなニックを疑う。美しい若妻が失踪したこの事件は注目され報道は過熱、ニックは全米から疑いの目を向けられ、カップルの知られざる秘密が明るみになる・・・。
(Movie Walkerより)


 149分間、予断を許さぬ、緊張感と不穏に満ちたサスペンス・スリラーでした。ストーリーは二転、三転・・・ネタバレ厳禁タイプの映画ですね。具体的には何も書けません。

 この2人が知り合って結婚する過程は意図的にあっさり描かれています。

 素敵なカップル・・・と思わせるのは束の間。どっちもどっち。愚かなで感情移入できない2人ですが、やはりエイミーの方が怖いかな。

 結婚に恐怖する一本。あなたの夫、あなたの奥さん、本当にあなたが思ているような人ですか(笑)?

 冒頭と最後が全く同じカットですが、その意味合いは全く違う。上手いです。

 怖いです。


『ゴーン・ガール』公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl/
posted by ふくちゃん at 22:25| 兵庫 ⛄| Comment(0) | TrackBack(20) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。