2008年09月09日

恒順香醋

 恒順香醋

 米酢より黒酢。黒酢より香醋。

 なにがexclamation&question

 天然アミノ酸の含有量です。香醋のそれは米酢の25倍。

 香醋(香酢)というのは、中国の伝統製法でつくられた黒酢のことで、日本の黒酢と違い玄米ではなく、もち米からつくられるそうです。

 で、この「恒順香醋」は、1840年創業の中国の高級香醋のトップメーカー江蘇恒順集団(恒順社)と、だしの素でお馴染みの日本の(株)シマヤのコラボ商品。

 8年間熟成(通常は半年)させた高級品は300mlで2,625円(!)で、通販のみ。こちらは1年間熟成で、ぐっとリーズナブルに300mlで588円。近所のスーパーで買いました。

 香り、味とも日本のお酢とはかなり違いますね。少なくともそのままでは美味しいとは思えませんたらーっ(汗)

 今晩のおかずは、「恒順香醋」に付いていた小さなレシピブックにあった「鶏肉とじゃがいもの香醋煮」を真似てみました。

鶏肉とじゃがいもの香醋煮

 鶏もも肉、じゃがいも、人参、玉葱をオリーブオイルで炒め、水、砂糖、塩、味覇を加え、じゃがいもや人参が柔らかくなったら、茹でたアスパラを加えて出来上がりです。

 味は・・・ビミョーふらふら(笑)。


恒順社 公式サイト
http://www.kojun.jp/
posted by ふくちゃん at 20:56| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。