2009年04月12日

映画『レッドクリフ Part2−未来への最終決戦−』

 今日の朝いちばんの回ですが、TOHOシネマズ梅田はさすがに混んでました。わずかな時間とはいえ、インターネットで購入しておいたチケットの発券で並んだのは初めてだし、見終わって帰るときには、座席完売の回も出ていました。


Story
大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。これが原因で劉備軍は撤退、だが諸葛孔明だけは赤壁に残った。そんな中、孫権軍司令官・周瑜と孔明はお互いの首をかけての謀略を展開、周瑜は曹操軍2武将の謀殺、孔明は3日で10万本の矢の収集に成功する。やがて曹操軍に潜伏していた孫尚香が帰還、決戦へ向けて本格的な準備が始まり・・・。
(ZAQシネマより)


 さあ、Part2が始まっても、すぐには赤壁の戦いには至りませんふらふら。まあ、これがクライマックスだから当然ですが。

 それなりに面白かったのですが、疫病の兵士を見舞ったときの曹操の演説とか、兵として潜入した孫権の妹・孫尚香の諜報活動は良いとして、敵兵・孫叔材との淡い恋とか、周瑜の妻・小喬が単身、曹操の元に乗り込んでのやりとり(これが、曹操が開戦の機を見誤ることに繋がるという設定)とか、僕には特に必要のないエピソードに思えました。

 それ以外のエピソードもひとつひとつが少し長い気がする。

 これなら、2部作に分けずに、冗長な(と監督は思っていないでしょうが)ところは削って、多少長くてもいいから、3時間30分ぐらいで一気呵成に見せた方が良かったんじゃないでしょうか。正直、Part1の方が面白かった。

 ジョン・ウー監督は、この映画に反戦のメッセージを込めたそうです。それは、矢に斃れた孫叔材を抱きかかえて涙する孫尚香、疫病に倒れた兵に涙し、曹操に撤退を願う小喬、最後に「勝者はいない」と呟く周瑜などに象徴されています。

 しかし、三国志本来の魅力は、そういうものとは無関係だという気がします。

 あと、様式美に拘りすぎて、リアリティに欠ける気がしたなぁ。Part1での関羽・張飛・趙雲の人間離れした強さもリアリティという点では疑問符が付くのですが、そもそもとてつもなく強かったという予備知識がこちらにあるし(それがリアルかどうかは別として)、躍動感があって良かったのですが。Part2では趙雲にしか見せ場が無いのが、ちょっと残念でした。まあ、これもストーリー上、仕方ないですか・・・。

 さすがに最後の赤壁の戦いは迫力があって、良かったですけどね。でも、三国志フリーク(僕はそんなレベルじゃないです)の見方は厳しいんじゃないかな。北方三国志の方が好きです、僕は。


『レッドクリフ Part2−未来への最終決戦−』
http://redcliff.jp/
posted by ふくちゃん at 18:35| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(16) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二部構成にした理由がわかりません。
ふくちゃんさんの仰る通りたとえ長尺になっても1本で見せるべきだったと思います。
絵面的に女性が必要だったのでしょうが、ここらへんのエピソードなら女性なんて不要じゃん!と思ってしまいます。
赤壁の戦いのCGは稀に見るほどしっくり度が高かったです。
Posted by kinkacho at 2009年04月13日 16:57
>kinkachoさん。
思い切って、もっと男臭い映画にして欲しかったです(笑)。
Posted by ふくちゃん at 2009年04月13日 20:31
こんばんは〜♪
『冗長な(と監督は思っていないでしょうが)ところは削って、多少長くてもいいから、3時間30分ぐらいで一気呵成に見せた方が良かったんじゃないでしょうか』
私も全く同感です!!
凄く楽しみに観に行きましたが、「ココのエピソードはいらないよなぁ〜」とか、「そういえば前半もあそこを削っても良かったよなぁ〜」などと考えてばかりいました(汗)
最後の戦いは迫力満点でしたが、暗くてよく状況が分からなかったし、前作で燃えさせてくれた猛将の活躍が少なくて寂しかったです。
Posted by 由香 at 2009年04月21日 23:31
>由香さん。
ジョン・ウー版「三国志」は、「愛」とか、「友情」とか、「反戦」とかを意識しすぎですね。そこまでやらなくても、自然に醸し出る話だと思うのですが。
Posted by ふくちゃん at 2009年04月22日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「レッドクリフPart?-未来への最終決戦-」:赤坂高校前バス停付近の会話
Excerpt: {/hiyo_en2/}お墓の隣にある高校ってどうなのよ。 {/kaeru_en4/}死者を敬え、死人に学べってことだろ。 {/hiyo_en2/}まあね、学問、とりわけ歴史っていうのは、先人たちの..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2009-04-12 19:06

レッドクリフ Part II 未来への最終決戦
Excerpt: 曹操の荊州侵攻から赤壁の戦い前までを描いたジョン・ウー監督の 『レッドクリフ PartT』の続編。今作ではクライマックスの赤壁の戦いを 描く。西暦208年、曹操は同盟を組んだ劉備・孫権連合軍5万を..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2009-04-18 01:43

映画「レッドクリフ PartU −未来への最終決戦−」
Excerpt: 原題:Red Cliff/赤壁 決戦天下 いよいよ、三国志演義のなかでも最大の決戦は「赤壁の戦い」、50万の大軍で南下した曹操軍の兵力は80万に増え赤壁に到達、対峙するは5万の連合軍・・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2009-04-19 11:23

レッドクリフ Part? 2009-18
Excerpt: 「レッドクリフ Part?」を観てきました〜♪ 呉・蜀連合軍の軍師・周瑜(トニー・レオン)と孔明(金城武)は、曹操(チャン・フォンイー)の策略による疫病の蔓延に悩まされていた。そんな中、自軍の兵..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2009-04-19 20:18

『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観たぞ〜!
Excerpt: 『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観ました三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編です>>..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2009-04-19 21:51

レッドクリフ Part?―未来への最終決戦―
Excerpt: 『レッドクリフ Part?』にボーボー燃えたので超ベリベリ楽しみにしていました〜【story】西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操(チャン・フォンイー)軍を撤退させた孫..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2009-04-19 22:34

「レッドクリフ PartU−未来への最終決戦−」誰?こんな長いサブタイ付けたの!
Excerpt: [レッドクリフ] ブログ村キーワード  大ヒットした「Part T」に続いて、いよいよ完結編の公開。「レッドクリフ PartU−未来への最終決戦−」(東宝東和/エイベックス・エンタテインメント)。..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2009-04-22 01:58

【映画】レッドクリフ PartII
Excerpt: ▼動機 Part1を見てしまったため ▼感想 創作三国志としては中々面白いんじゃないだろうか? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 西暦208年、中国。孔明(金城武)の奇..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2009-04-22 08:23

【レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-】
Excerpt: すんげぇ〜[:びっくり:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ランキング[:右斜め上:]  【あらすじ】 西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2009-04-22 10:35

レッドクリフ PartU-未来への最終決戦-(2回目)
Excerpt: [レッドクリフ] ブログ村キーワード 評価:8.5/10点満点 2009年39本目(35作品)です。 大家好!我是電影先生! (みなさん、こんにちは!ミスターシネマです!) 実を言うと、僕..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2009-04-25 12:39

レッドクリフ (トニー・レオンさん)
Excerpt: ◆周瑜 役のトニー・レオンさん(のつもり) 映画『レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-』を先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
Weblog: yanajunのイラスト・まんが道
Tracked: 2009-04-27 15:28

「レッドクリフ PartU 〜未来への最終決戦〜」
Excerpt: 昨年のカンヌ映画祭上映以来、まさかの作品二分割。そして、「レッドクリフ PartT」に至ってはレビューにも既に書いたが、これまでの「三国志演義」に於ける、無論歴史的事実からみれば可也脚色された「通..
Weblog: 利用価値のない日々の雑学
Tracked: 2009-04-29 16:22

映画:レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−
Excerpt:  三国志には興味がなかったのですが、ジョン・ウー監督の超大作、その美しさと迫力に圧倒されてしまったPart Iの続編、レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−を観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2009-05-04 16:00

『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』@新宿ピカデリー
Excerpt: ブログネタ:最近映画館で観た作品 参加中 大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。これが原因..
Weblog: 映画な日々。読書な日々。
Tracked: 2009-05-04 23:47

レッドクリフ PartU 未来への最終決戦
Excerpt: ブログネタ:最近映画館で観た作品 参加中 昨年末 に観にいったレッドクリフPartT。 レッドクリフPartU−未来への最終決戦− は ゴールデ..
Weblog: 三十路女の奮闘記 〜キャラ顔ウーマン〜
Tracked: 2009-05-28 00:54

レッドクリフ Part U―未来への最終決戦― −(映画:2009年)−
Excerpt: 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、フー・ジュン、中村獅童、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン 評価:86点 とっくにDVDになっていたPart2をようやく見た。 ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2009-09-13 00:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。