2009年12月03日

『クリスマスの約束2009』NEWS

 『小田和正、9回目のクリスマスは豪華アーティストとの“22分50秒”奇跡の大メドレー!』というCDジャーナルの記事を発見!

 本来、丸ごと転載は良くないことですが、多くの人に番組をご覧いただきたいので、あえて掲載させて頂きます。

-------------------------------------------------------------
 2010年1月末までの期間限定、ベスト・アルバム『自己ベスト』『自己ベスト2』のウィンターパッケージが話題を呼んでいる小田和正。毎年恒例のTV番組『クリスマスの約束2009』の収録が、11月30日(月)千葉・幕張イベントホールにて実施!会場には、全国約8万名の観覧申し込みの中から選ばれた3,000名が集まりました。
 2009年で9回目を迎える『クリスマスの約束』は、アーティスト“小田和正”が持つ卓越した表現力を余すことなく伝える番組。今回は、62歳を迎えた今もなお、ミュージック・シーンの第一線を走り続け、同世代だけでなく音楽業界全体を牽引する存在の小田和正が前代未聞の大プロジェクトを行うことに!・・・小田和正が“前からずっとやってみたかった企画”とは、総勢21組/34名に及ぶアーティストたちが一堂に会し、それぞれの代表曲を全員で支え合い、歌い継いで行く、“22分50秒”ノンストップの大メドレー!
 今年の夏、アーティストたちのもとに送られてきた小田和正からの手紙。その手紙には今までの音楽業界の常識を超える企画が書かれていた。小田和正が“ずっと前からやってみたかった企画”。その企画と小田和正の想いに、キャリアや年齢も関係なく賛同したアーティストたち、多忙なスケジュールを調整しあい、重ねられた企画会議。実現できるかどうかもわからない手探りの日々、立ちはだかる制作陣との戦い、苦悩と不安の4ヵ月。それでも“奇跡の瞬間”を信じて重ねていったリハーサル・・・辿り着いたのは、楽譜13枚に及ぶ大メドレーだった。タイトルは“22分50秒”。
 収録当日までの赤裸裸なドキュメンタリー映像が会場で流されると客席はその怒涛の日々に圧倒。“22分50秒”の大メドレーを終えた瞬間、会場は感動の嵐へ! 鳴り止まない拍手は小田和正の見せた感涙の涙でさらに大きなものへ・・・。会場にいた3,000人が体感した“音楽の力”を、12月25日(金)の放送で体感しましょう!
-------------------------------------------------------------

 記事には上記シーンの写真もありましたが、1人1人の顔までは分かりませんでした。ある程度は想像がつきますが・・・。楽しみ!ぴかぴか(新しい)

 『クリスマスの約束2009』は、TBS系列にて12月25日(金) 23時59分より放送予定です(MBSも昨年同様、全国と同時放送であってほしい)。皆さん、必ずご覧下さい!宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)


(追記)

 別の記事(BARKS)にゲストが載っていました。

AI、Aqua Timez、いきものがかり、キマグレン、Crystal Kay、財津和夫、佐藤竹善、清水翔太、JUJU、スキマスイッチ、鈴木雅之、STARDUST REVUE、中村中、夏川りみ、一青 窈、平原綾香、広瀬香美、藤井フミヤ、松たか子、山本潤子

 豪華ですね、多彩ですね、老若男女ですね(笑)。
posted by ふくちゃん at 00:48| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | No Music, No Life. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。