2010年05月09日

映画『運命のボタン』

 たまたま目にした予告編が面白そうだったので。TOHOシネマズ梅田にて『運命のボタン(原題THE BOX)』。


Story
1976年12月16日、朝5時45分。ヴァージニア州郊外に暮らすルイス夫妻宅で玄関のベルが鳴る。妻のノーマ(キャメロン・ディアス)が出ていくと、そこに人の姿はなく、真四角な箱だけが置かれていた。ノーマが朝食の支度を整えていると、夫のアーサー(ジェームズ・マースデン)が箱を開けてしまう。中に入っていたのは、赤いボタンの付いた奇妙な木製の装置だった。午後5時。再びルイス家の玄関のベルが鳴る。ドアを開けると、そこに立っていたのは長身の男性。アーリントン・スチュワード(フランク・ランジェラ)と名乗るその男は、驚くべき提案を持ちかける。「ボタンを押せば2つのことが起きます。その1、どこかであなたの知らない誰かが死にます。その2、あなたは現金100万ドルを手にします。しかし、それには条件が3つ。その1、私の雇い主のことについて一切情報を提供しない。その2、ご主人以外の誰にもこのことを話してはいけない。その3、期限は24時間。明日5時に再度伺い、ボタン装置を回収する。装置はリセットされ、このチャンスを別の人間に提供する」・・・大金を手にするチャンスとはいえ、人の命を引き換えにしなければならない。2人は迷うが、生活が苦しいこともあり、目の前に100万ドルを見せられて、結局ボタンを押してしまう。だが、それは想像をはるかに超える事態の始まりに過ぎなかった。果たして、2人の運命は・・・?
(Movie Walkerより)


 『世にも不思議な物語』っぽい感じを予想して観に行ったのですが・・・。公式サイトによると、原作の短編は『トワイライト・ゾーン』でも映像化されているようですし。で、特に根拠もなく、ハッピーエンドを想像して。

 全然違いました。

 不可思議でスリリング。謎だらけで、全く先の読めない、不気味でサスペンスフルな映画でした。

 いろんな謎は置き去りで、事の真相は何となく仄めかされるだけで、観る側の想像に委ねられたまま、終わります。そこが不満・・・という観客も多いでしょう。

 でも、観ている間は面白かった!退屈するヒマはありませんでした。そして、必ずしも全てを説明しない「あら・・・?」という結末。恩田陸さんの小説みたいです。全てに整合性を求める人、キチンとしたオチがないと落ち着かない人には向いてません。まあ、そんなにヒットはしない映画でしょうわーい(嬉しい顔)

 キャメロン・ディアス嬢、結構好きなんですけど、年とりましたね。トム・クルーズとの共演作『ナイト&デイ』(10月公開)は面白そうです。


『運命のボタン』公式サイト
http://www.unmeino.jp/


posted by ふくちゃん at 17:59| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(9) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「運命のボタン」レビュー
Excerpt: 映画「運命のボタン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーン、他 ..
Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター
Tracked: 2010-05-10 07:41

運命のボタン
Excerpt: 気になっていた映画を観に行けた〜【story】ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。夕方、謎めいた男(フランク..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2010-05-13 23:19

運命のボタン
Excerpt: 運命のボタン’09:米◆原題:THE BOX◆監督:リチャード・ケリー「ドニー・ダーコ」◆出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ◆STORY◆1976年、..
Weblog: C'est joli〜ここちいい毎日を〜
Tracked: 2010-05-14 13:31

運命のボタン
Excerpt: リチャード・マシスンの短編小説を原作に、キャメロン・ディアス主演で 映画化したサスペンススリラー。 ある日、ボタンを押せば大金が手に入り、その代わりに見知らぬ誰かが死んで しまうという謎のボタン装..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-05-16 00:40

運命のボタン
Excerpt:  『私の中のあなた』で好演したキャメロン・ディアスが出演するというので、『運命のボタン』を日比谷のTOHOシネマズ・スカラ座で見てきました。 (1)映画は、1976年12月 のある日、ルイス家のノー..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2010-06-02 07:39

運命のボタン
Excerpt: 作品情報 タイトル:運命のボタン 制作:2009年・アメリカ 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン あらすじ:ある..
Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★
Tracked: 2010-10-28 02:31

【映画】運命のボタン
Excerpt: <運命のボタン を観ました> 原題:The Box 製作:2009年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 キャメロン・ディアス主演のサスペンス。 リチャード・マシスンの短編小説が原作で..
Weblog: ★紅茶屋ロンド★
Tracked: 2010-11-20 22:26

運命のボタン (The Box)
Excerpt: 監督 リチャード・ケリー 主演 キャメロン・ディアス 2009年 アメリカ映画 115分 サスペンス 採点★★★ 「火星の自転周期と人間の体内時計はほぼ一緒だから、人類は昔火星からやってきたんだー!..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2011-01-20 16:05

【映画】運命のボタン…ビジンダーの第三ボタンなみの誘惑と危険度なボタン
Excerpt: ヤバいです…といっても朝鮮半島の話では無くてゲームの話 久しぶりにシミュレーションゲーム、しかも何時でも何処でも寝床でも出来るPSPのソフトなどを購入してしまったため、寝る間もブログを書く間も惜しん..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2011-02-12 12:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。