2006年03月22日

Recommended Book 梅田望夫「ウェブ進化論」

 今日・明日は最近読んだものから特に印象深いものを連続でご紹介します。本当は2冊まとめて・・・と思ったんですが、長くなりそうなのでふらふら

 まず今日は「リアル世界」では現在ベストセラー、「ネット世界」でも超話題(しかも好意的な意見が大多数)のこの1冊。


梅田望夫「ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる」(ちくま新書)

 インターネットが世界に登場して10年。世間ではまだネットを否定的に捉えた論調が幅を利かせているように感じますバッド(下向き矢印)

 しかし、どんな物事にも光と影があるもので、光の部分を理解しようとせずに、影の部分をことさらに強調して、その可能性を矮小化して語るのはいかがなものかむかっ(怒り)・・・と思います。

 この本では、光ぴかぴか(新しい)の部分に焦点を当てつつ、この10年間にインターネットを取り巻く状況がどのように推移してきたのか、この先どのような方向へ進んで行こうとしているのかが、平易な言葉で語られています。

 確かに最初の10年間では、インターネットが登場した当初に言われていたような社会的な大変化は訪れませんでしたバッド(下向き矢印)

 しかし、PCやブロードバンド回線の低価格化、玉石混淆の情報から「玉」を選び出す無償かつ高度な技術=Google検索エンジン、オープンソースや誰もが無料で使える「ブログ」の登場など、著者が言うところの「チープ革命」によって、インターネットの本質である「不特定多数無限大の人々とつながりを持つコストがほぼゼロになる」ということが実現しようとしていますぴかぴか(新しい)

 そして、今後は少しずつ、ゆっくりではあるものの、深く大きく、後戻りできない変化が「ネット世界」で起こり、「リアル世界」での社会やビジネスのあり方も変えていく・・・そのことを説得的に示してくれますグッド(上向き矢印)

 僕はビジネス関連本はあまり読みませんし、読んでも他人に強く薦めたいと思うことは滅多にありませんが、この本に限っては全てのビジネス・パーソン必読のように感じました。

 いわゆる「業界人」の方々の間でも話題になっているようですが、インターネットを日頃利用しない方にこそ、ぜひ読んでいただきたい1冊ですわーい(嬉しい顔)


↑何だか小賢しい紹介文になりましたがあせあせ(飛び散る汗)、面白い本ですわーい(嬉しい顔)
posted by ふくちゃん at 23:49| 兵庫 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | Recommended Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

いや〜、ホントにこの本には衝撃を受けました。恐らくここ数年読んだ本の中で一番のインパクトがありました。

また3年後に読むと全く違った見方が出来るんでしょうけど。
Posted by nob+ at 2006年03月23日 01:28
世の中の流れは早い。
そんな流れに掉差しても無駄なこと。
流れのままに動き、
その中で何かを掴み取る…
というのが昨今の時流でしょうか。

振り返れば、
流れに棹差すどころか、
流れを認めず、
流れを無視して立ち振る舞う。
流れがあることすら感じられず、
堂々巡りを繰り返す…

何と悲しきことでしょう…

先見の明はなくても、
時流に乗ることはできるのに、
まるでそれすら拒否するかのような感性…

あなたは一体誰でしょう?
Posted by Mr.Prison at 2006年03月23日 09:39
>nob+さん。
3年後。この本の予想通り、予想以上、予想以下、いずれの状態になっているでしょうね。

>Mr.Prisonさん。
詩人(^.^)??
Posted by ふくちゃん at 2006年03月23日 23:41
なんか・・・妙に実感と力のあること・・・。
取り残されないようにしないと・・・。
Posted by 敵か味方かカウボーイ at 2006年03月25日 00:09
>敵か味方かカウボーイさん。

できる範囲で実践&勉強しましょーね。
お互いに。
Posted by ふくちゃん at 2006年03月25日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15297039

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。