2011年01月03日

2010年度日本インターネット映画大賞(日本映画)投票

 あけましておめでとうございます晴れ

 2010-2011の年末年始もいつものごとく、実家で寝て、食べて、読書して・・・昨日は中学時代の友人のひとりと大阪・天王寺で16時過ぎから約5時間、酒をかっくらいビールバー・・・と怠惰な日々を過ごしました。

 2010年度に劇場で観た映画は41本。

 そのうち、日本映画は『おとうと』『花のあと』『時をかける少女』『ソラニン』『半分の月がのぼる空』『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』『武士道シックスティーン』『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』『春との旅』『シーサイドモーテル』『踊る大捜査線 THE MOIVE 3 ヤツらを解放せよ!』『必死剣鳥刺し』『借りぐらしのアリエッティ』『シュアリー・サムデイ』『トイレット』『オカンの嫁入り』『悪人』『THE LAST MESSAGE 海猿』『七瀬ふたたび』『SP the Motion Picture 野望篇』『その街のこども 劇場版』『SPACE BATTLESHIP ヤマト』『ノルウェイの森』の23本。

 成海璃子さん主演・出演作が3本もありますね。

 では、今日はまず日本映画の投票を。


[日本インターネット映画大賞 作品賞投票ルール(抄)]
・選出作品は5本以上10本まで
・持ち点合計は30点
・1作品に投票できる最大は10点まで

【作品賞】(5本以上10本まで)
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」8点
「SP野望篇」7点
「トイレット」5点
「オカンの嫁入り」5点
「ソラニン」3点
「春との旅」2点
【コメント】
映画賞では、娯楽大作は軽視されがち。だけど、高尚であることだけが芸術ではないと思います。「ヤマト」と「SP」は、日本でもここまでのエンタメ作品ができるということを証明した点で評価します。特に前者は、これまで不毛だった日本の宇宙SFモノを、ようやくそれなりのレベルに引き上げたわけで・・・。

【監督賞】
[山崎貴](「SPACE BATTLESHIP ヤマト」)
【コメント】
誰がどう撮っても批判は避けられない「火中の栗」を敢えて拾い、ここまで仕上げた。素晴らしい仕事です。

【主演男優賞】
[岡田准一](「SP野望篇」)
【コメント】
吹き替えなしの素晴らしいアクション!次点は「悪人」の妻夫木さんと「ノルウェイの森」の松山さんで。

【主演女優賞】
[もたいまさこ](「トイレット」)
【コメント】
あの言いようのない存在感と空気感・・・。

【助演男優賞】
[柳葉敏郎](「「SPACE BATTLESHIP ヤマト」」)
【コメント】
スクリーンに真田志郎がいた。。。

【助演女優賞】
[麻生久美子](「シーサイドモーテル」)
【コメント】
群像劇なので、厳密には麻生さんも主演と考えるべきでしょうが・・・。若いのに演技の幅が広い方です。

【ニューフェイスブレイク賞】
[特になし]
【コメント】
思い浮かびません・・・。

【音楽賞】
「ソラニン」
【コメント】
宮崎あおいさんが最後に唄う、アジカンの主題歌が非常に良かったです。

【ブラックラズベリー賞】
「踊る大捜査線 THE MOIVE 3 ヤツらを解放せよ!」
【コメント】
期待が大きかった分、本当にがっかりしました。次点は『THE LAST MESSAGE 海猿』で。

【勝手に○×賞】
「七瀬ふたたび」
「Bad VFX賞」
【コメント】
平成の世に、ここまでチープな特殊効果映像を観ることになるとは・・・。
----------------------------------------------------------------
この内容をWEBに転載することに同意する。
----------------------------------------------------------------
posted by ふくちゃん at 19:44| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(4) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふくちゃんさん、こんにちは。
「火中の栗」に座布団一枚!!
確かに誰が撮っても非難は避けられませんね。キムタク自身もそのようなコメントしてました。
Posted by kinkacho at 2011年01月03日 21:30
>kinkachoさん。
そもそも、ヤマトはアニメ第1作からして(TV版・劇場版問わず)、突っ込みどころ満載の作品ですよね(笑)。だから、そこも含めて愛するのです。
Posted by ふくちゃん at 2011年01月06日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178239094

この記事へのトラックバック

2010年度 日本インターネット映画大賞 日本映画部門
Excerpt: 今年も日本インターネット映画大賞運営委員会様から 投票のお誘いを頂きましたので、ありがたく参加させて頂きます。 
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2011-01-09 23:25

2010年のまとめ・日本インターネット映画大賞
Excerpt: 2010年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw2009年はココ 2008年は ...
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2011-01-13 20:52

2010年ベストシネマ15(邦画編)
Excerpt: 2010年ベストシネマ15(邦画編)   またまた今年もまとめるのが遅くなってしまいました・・・。 昨年は年間95本(洋画40本、邦画55本)の映画を劇場で鑑賞しました〜 一昨年が87本でしたから、..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2011-01-18 17:34

日本インターネット映画大賞・日本映画部門に投票!
Excerpt:  では、今度は日本映画です。こちらも作品賞は、昨年末のマイ・ランキングから流用いたします。 [作品賞投票ルール(抄)]  ・選出作品は5本以上10本まで  ・持ち点合計は30点  ・1..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2011-01-20 21:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。