2006年07月30日

映画『ゲド戦記』

 昨日から公開の映画『ゲド戦記』を観てきました。今回はネタバレありません。

 自分の計画では、公開までに原作本(全6巻)を再読して、ついでにそのレビューをブログに書き、その後初日に映画を観に行くつもりだったのですが、公開前日までに読み終わったのは5冊だけあせあせ(飛び散る汗)

 そんなわけで、もう1冊を読み終えてから観るか、そんなことに構わず初日から観るか、ほとんどどうでも良いようなことで少し迷いました。

 しかし、金曜日22時すぎに近所の映画館に電話をかけて、整理券を予約(その映画館の会員なので、前日までなら予約で比較的早い番号の整理券が取れるのです)。結局、初日の昨日、そして今日とまたまた2日連続で観てまいりましたわーい(嬉しい顔)

 夏休み、そしてアニメということで家族連れのお客さんが多数。原作は決して子供向けではないし、映画の方も子供には難解で退屈なだけでは・・・きっと途中で飽きてしまって、最後まで行儀よく観ていられないのでは・・・と恐れていましたが、心配したほどではありませんでしたわーい(嬉しい顔)

 子供は子供なりに何かを感じ、惹き付けられるものがあるらしく、ほとんどの子は静かに集中して観ているようでした。昨日僕の隣に座っていた男の子は、身を乗り出して観ていましたし。むしろ、頭でモノを考えがちな大人にこそ、難しい映画かもしれません。

 でも、今日は上映中に度々トイレexclamation&questionに立ち、その度に入り口から最前列の自分の席までドタバタ走る男の子がいたり、時々周りに聞こえる声で喋る男の子がいたりして、少々閉口しましたふらふら。彼らも熱心に観ているには違いないんですが。トイレから速く帰ってきたいわけだし、思わず感想を口に出してしまったり・・・。

 なにせ補助席を入れても70席ぐらいしかない小さな劇場(でも座席・音響など設備はとても良い)なので、周りの音や動きがよくわかってしまうのです。

 作品によっては「大人限定デー」を作って欲しいなぁ・・・。


 さて、肝心の中身ですが、『ゲド戦記』というタイトル、「ファンタジー」「魔法」「竜」というキーワードからスペクタクルな映画を想像すると肩透かしを喰らいますバッド(下向き矢印)。これは原作にも言えることですが、わりに地味で地道で、地に足の着いた作品です。

 公開前に、ある評論家の「絵が雑」という評を目にしました。が、これは的外れちっ(怒った顔)。確かに現在の主流であるCGを使った細密で写実的な質感のアニメではありませんが、これは宮崎吾朗監督の「昔のアニメのようなシンプルで力強い絵を」という意図が反映されたもの。実写的リアルに傾くアニメより、アニメらしい絵であるとも言えます。

 さらに、絵ということでいうと、背景美術が本当に素晴らしい。一枚の美しい絵画を観ているようですぴかぴか(新しい)

 それから、スマステ5の『月イチゴロー・イナガキベスト5』では、稲垣君が「ちょっと理屈っぽかった。言葉じゃなく伝えられたらよかったのに」と言ってましたが、おっしゃる通りそういう一面はあります。しかし、これも原作のテイストを考えると、これで良かったのだと思います。原作もセリフ、しかも長ゼリフが多いですし、「言葉」が重要なモチーフなので。


 声優陣は、主要人物では、ハイタカ(ゲド):菅原文太、アレン(レバンネン):岡田准一、テナー:風吹ジュン、クモ:田中裕子、ウサギ:香川照之・・・そしてテルー(テハヌー)に新人の手嶌葵。チョイ役では、国王(アレンの父):小林薫、王妃(アレンの母):夏川結衣、生地屋の女主人:倍賞美津子、ハジア(麻薬のようなもの)売り:内藤剛志・・・という「豪華」キャスト。

 しかし、大作アニメって、本職の声優ではなく、俳優を主要キャストに据えることが多いんですけど、本当にそれでいいんですかね?有名声優のおなじみの声ではなく、新鮮さを演出したいという意図もあるのかも知れませんが、僕にはアニメ業界自らが「声優より俳優の方が上」と認めているようにも思えます(考えすぎ?)。話題作においてこそ、有名・無名を問わず優秀な声優に活躍の場を与えるべきではむかっ(怒り)・・・?

 そもそも俳優が声優として優れているとは限りませんからね。『ゲド戦記』でも田中裕子さんは素晴らしい演技で、そのほかの皆さんもなかなか良かったと思いますが、棒読みのように感じられたり、しっくりこなかったりするところが何ヵ所かありました(俳優が声を担当する映画を観ると必ず感じるのですが)。


 監督の宮崎吾朗氏は僕と同い年。高校生の頃に原作と出会い、当時は第1巻『影とのたたかい』に惹かれたものの、今回映画を作るにあたって再読したところ、第3巻『さいはての島へ』が最も面白く感じられ、これを映画のメインストーリーに選ばれたそうです。

 一方、僕が原作を読み始めたのは、大学生の頃。やはり当時は第1巻が最も面白く、話が進むほど難解になっていくように思いました。しかし、今回再読してみたら、同じく第3巻が最も印象的でした(まだあと1冊、後半部を残しているけど)。不思議です。なにか世代的・年齢的なものでしょうか?

 そういうこともあって、自分が原作のファンであることはもちろん、宮崎吾朗氏がこの長く深い物語をどのように映画にまとめるのか、非常に興味があったわけです。

 正直、1回目はピンひらめきときませんでした。観終わった後のカタルシスもいまひとつ。第3巻だけでなく、他の巻のストーリーや世界観も上手に取り込んではいますが、原作を読んでいないと絶対に理解できない箇所やセリフがあるし、頑張ってはいるけれど2時間でまとめるのは厳しいかな・・・と。1作にまとめずに数作に分けてもよかったのでは・・・。

 でも、2回目は良い方向に印象が変わりましたグッド(上向き矢印)。たった2時間であの原作をよくここまでまとめたな・・・というように。原作を読んでいる方が楽しめる映画だと思います。多分もう1〜2回観ると思います。僕の中での評価が確定するまで(別に確定しなくてもいいんですが)。


 ところで、この映画に限らず、ネット上の映画評って辛口が多いですねわーい(嬉しい顔)。大勢の人間が時間と労力と情熱を注いで作ったものを、素人である僕が簡単にバッサリ切って捨てることには抵抗があります。なので、できるだけ良いところに目を向けて映画を観たいと思う今日この頃です。


 最後に。

 この映画は音楽が素晴らしいるんるん。劇中音楽も良いが、特に最後に流れる手嶌葵さんの歌う主題歌「時の歌」。三ツ矢サイダーCM曲でもある挿入歌「テルーの唄」も悪くないですが。何がいいって、声がいい。まだ19歳の福岡在住の新人シンガー。もし生歌でもこれだけ歌えるなら、将来、大物になるかも・・・。


 しかし、長いな。文章・・・。


ゲド戦記:公式サイト
http://www.ghibli.jp/ged/
「テルーの唄」が流れます。
posted by ふくちゃん at 21:22| 兵庫 ☀| Comment(10) | TrackBack(19) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
批判することが批評だと勘違いしているブロガーが多い中、ご自身の感性の命ずるままにご意見を書かれていることが嬉しくて押しかけトラバさせていただきました。

≫大勢の人間が時間と労力と情熱を注いで作ったものを、素人である僕が簡単にバッサリ切って捨てることには抵抗があります。

ほんとうにその通りだと思います。ご意見、頭が下がります。

また、俳優及びタレントを必要性を感じないのに起用する動きに関しての文句ブログもトラバさせていただきました。
ということで、これからもよろしくおねがいします。
Posted by よろ川長TOM at 2006年07月30日 23:17
>よろ川長TOMさん。
押しかけトラバはこちらが先ですのに、ご丁寧にありがとうございます。
過分にお褒め頂いて恐縮です。
よろ川さんは、3つもブログされているのですね。
凄いですね!
こちらこそ宜しくお願いいたします。
Posted by ふくちゃん at 2006年07月31日 00:09
アニメ映画の声優って、本当に俳優や芸能人を起用することが多いですよね。特に、今売れている芸人なんかを起用しているのなんかは、作品うんぬんではなく、ただ話題性だけを考えているような気がして、閉口してしまうこともあります。ふくちゃんさんのおっしゃるように、私も、もっと優秀な声優さんに活躍してもらいたいです!「声優」という専門職がきちんと存在するんですから…。
Posted by michelle at 2006年07月31日 09:24
TBありがとうございます。

どうも、ジブリの作品は期待度が高すぎるので、同時に酷評マニアも増えるようですね。くだらない評論家になるよりは、自分の目で見て判断をしてほしいものだと思います。

それにしても、お子さんが理解されているというのは、すごいですね。先週、ブレイブストーリーにウチも子供を連れて行ったんですが、よくわかっていない感じだったので・・。ただブレイブに比べると、心に訴えるものは大きいですから、いつか見せたいなと思います。

また、よらせてもらいますね。
Posted by ガスコイン at 2006年07月31日 10:11
はじめまして。TBさせていただきます☆
ゲド戦記よかったです。

酷評されてる人は映画の内容を評価するよりほとんどジブリ作品として、父親と比べて、とかが多いですね。
作品がどうやって仕上がっても評価が賛否両論でしかも辛口が多いのは後継者の宿命なのでしょうか。
私は見た後、素直に感動したし考えさせられました^^
突っ込みどころもありますが、それと同時に新しいジブリを発見できます。

声優さんとかには特にこだわりがないですね^^聞き取りやすく、キャラと合ってればいいのかも(笑)
もう一度あのテルーのアカペラを聴きたい。
原作も原作で深いですね。


Posted by may at 2006年07月31日 15:44
>michelleさん。
本当にそうですね。
素晴らしい声優さんはたくさんいますからね!

>ガスコインさん。
大人の「理解」とはまた違うのでしょうけど・・・。
ブレイブ・ストーリーも原作はなかなか面白かったですけどね。映画は観ていませんが、どうもあの絵柄がピンと来ないのです(笑)。

>mayさん。
「ジブリ作品はこうあるべきだ!」みたいな固定観念に縛られるのは損だな・・・と僕も思います。
Posted by ふくちゃん at 2006年08月01日 00:20
ゲド戦記、やはり1度観ただけでは難しいようですね。私も観てみたいです。
声のキャスト、確かに大作アニメには話題性を狙って俳優さんを使うのが多いですよね。
イメージにぴったりなら良いのですが、違和感があると興醒めです。
無名の声優さんとか、広く目を向けてくれると良いですよね。
Posted by 35-lapis_lazuli at 2006年08月01日 14:57
>35-lapis_lazuliさん。
映画は難しいというより説明不足・描写不足・時間不足のところがあったように思います。
原作は最後の方は難しいです・・・。
Posted by ふくちゃん at 2006年08月01日 21:15
昨日、Mステに手嶌葵さんが出演してました!初めてトーク&歌っているところを見たんですが、若いのに、すごい奥深い魅力を感じました。他の出演者がチャラい歌ばっか歌っていたので、特に際立っていました。これから、どんどん活躍していってほしいですね!
Posted by michelle at 2006年08月05日 12:37
>michelleさん。
僕も見ましたよ!
音源で聴いた時は良くても、生唄を聴くとあまりに下手でがっかり・・・ということも多いんですけど、そういうこもなく。
緊張のせいか、バックのオケより少し走ってしまったところもあって、ご本人も「失敗した」という表情を垣間見せましたが・・・。それもご愛嬌♪。
Posted by ふくちゃん at 2006年08月05日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21673160

この記事へのトラックバック

ゲド戦記
Excerpt: ジブリ最新作は父駿から息子吾朗に世代交代の第一作「ゲド戦記」 原作は「指輪物語」「ナルニア国物語」と並んで超有名なんですってね。私はどれも原作を読んでいませんが。 今回は期待半分と、がっかり覚悟半分で..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2006-07-30 22:03

『ゲド戦記』若き指揮者と熟練のオーケストラが紡ぎ出す新たなハ...
Excerpt: 『ゲド戦記』やられた。素直でエネルギッシュに描くということは、なんと説得力があるのだろうか。今の自称映画マニアは理屈っぽく醒めすぎているのではないかと思うことしばしば。見えぬものこそ、というコピーは深..
Weblog: よろ川長TOMのオススメ座CINEMA
Tracked: 2006-07-30 23:05

あんたら、声優をナメとんのとちゃうか。
Excerpt: 昨今、無意味に声優という声のプロではない俳優が主演している劇場用アニメがやたらと増えている。  正直、アニメとしては良くできている作品が、そのためにみな台無しになっている。  大山のぶ代氏、加..
Weblog: 小文句たれぶ
Tracked: 2006-07-30 23:10

『ゲド戦記』 
Excerpt: 『死ぬことが分かっているから命は大切なんだ』
Weblog: may*flower's style
Tracked: 2006-07-31 15:28

「ゲド戦記」レビュー
Excerpt: ジブリアニメ映画 「ゲド戦記」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *主なキャラクター(声優):アレン(岡田准一)、テルー(手嶌葵)、クモ(田中裕子)、ウサギ(香川照之)、テナー(風吹..
Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター
Tracked: 2006-07-31 16:31

今の日本社会に向けたメッセージ。『ゲド戦記』
Excerpt: 国を捨て、影に怯える王子アレンと、魔法使いである大賢人ハイタカ(ゲド)の物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2006-08-01 12:13

ゲド戦記
Excerpt: 深みに欠ける部分はあるけれど, 絵画的な背景で展開される人間ドラマが, ゆったりと心地よく,LOHASな気分に浸り, 響くメッセージは胸を打ち,二カ所で涙。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-08-01 17:02

〈映画〉ゲド戦記/アーシュラ・K. ル・グウィン
Excerpt:  「ゲド戦記」見てまいりました。  映画の「ゲド戦記」は、原作「影との戦い」〜「帰還」までの細々とした部品を集めて新しい物語を作ってしまった――そんなイメージを受けました。 なので原作をものすご〜く好..
Weblog: Crescent Moon
Tracked: 2006-08-03 08:48

『ゲド戦記』2006・7・30に観ました
Excerpt: ?2006 二馬力・GNDHDDT 『ゲド戦記』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に人間界にさまざまな災い起こるように..
Weblog: 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
Tracked: 2006-08-04 13:08

ゲド戦記
Excerpt: 宮崎駿アニメに多大な影響を与えた 世界三大ファンタジー文学のひとつ、 アーシュラ・K.ル=グウィンの同名小説を、 長男の宮崎吾朗が初監督! STORY:多島海世界アースシー。 その荒れた..
Weblog: 映画とはずがたり
Tracked: 2006-08-06 00:56

ゲド戦記
Excerpt: 「ち、ちょっと・・・気分が・・・ゲド」ε=( ̄ω ̄υ) 「ハイタカ(吐いたか)?」Σ(゚Д゚;))) 私も普段は“なぎさ”という“通り名”を使っていますが、“真(まこと)の名”は ..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2006-08-06 11:46

ゲド戦記
Excerpt: 見終わった後、wikiで調べてみたところ、このゲド戦記(原題はEARTHSEA)は世界三大ファンタジーと言われているらしく、他の二つが指輪物語(Lord Of The Ring)とナルニア国物語。なる..
Weblog: バイヤーKENの全力疾走「商売日記」
Tracked: 2006-08-06 20:51

私的考察 映画「ゲド戦記」
Excerpt: スタジオジブリ発、宮崎駿監督の長男である宮崎吾朗氏の第1回監督作品「ゲド戦記 」観賞。 ..
Weblog: やまたくの音吐朗々Diary
Tracked: 2006-08-09 23:32

映画「ゲド戦記」
Excerpt: スタジオジブリ最新作、「ゲド戦記」を観てきました。
Weblog: 日記とか文章披露?
Tracked: 2006-08-09 23:37

ゲド戦記
Excerpt:  前評判が芳しくない公開作品が目立つ中で、ひときわ酷評に晒されている本作も、観ようか観るまいか少し悩みました。  その結果は、それほどのこと
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-08-11 05:46

ゲド戦記
Excerpt: ジブリが久々骨太の作品を映画化したので観にいきました。 とは言っても原作は未読。f(^^;) しかしいきなり評判悪いですね、この作品。( ^ _ ^; でも観ないとわからん。というわけで映画館へ..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-08-13 04:06

影との戦い
Excerpt:  天井の高い大広間に大きな龍のオブジェ。 それを正面にして、ソファーがふたつ。その左側のひとつに私が腰掛けてい ます。そしてもう一方のソファーに、茶飲み友達のK子が座っています。 たったこれだけのシー..
Weblog: 自分探しの心の旅
Tracked: 2006-08-16 21:55

命を大切にしないやつなんて大嫌いだ!
Excerpt: 「 ゲド戦記  」見たよ?? ♪.......心を何にたとえよう 鷹のようなこの心       心を何にたとえよう 空を舞うような悲しさを....♪ あんま期待せず..
Weblog: キャバ嬢このはの気まぐれ日記
Tracked: 2006-08-27 02:50

ゲド戦記
Excerpt: 「ゲド戦記」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。 トラックバックURL : http://ghibli-movie.jugem.jp/trackback/15 ..
Weblog: ジブリトラックバック
Tracked: 2006-09-17 13:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。