2012年01月22日

映画『ALWAYS 三丁目の夕日’64』

 昨年末に1年間限定で東京へ異動の内示をもらいました。異動日は2月1日。ということで昨日は、いつもの中学時代の同級生たちが壮行会(という名の飲み会)を開いてくれました。

 ところが、実は年明け早々には、僕の異動は3ヵ月順延と決定。昨日初めてそのことを発表したら、案の定、皆ズッコケておりました。

 しかし、仕事始め以来、ハードに働いて(実質休日2日のみ)、ひとやま越えたタイミングだったので、楽しかったですね。僕の中学時代のマドンナも来てくれたことですし。

 壮行会はまた改めてということでわーい(嬉しい顔)

 さて、ようやくの今年の1本目は『ALWAYS 三丁目の夕日’64』。3D版は上映開始・終了時刻がタイミング的に宜しくなかったので(あくまで個人的に)、近所のシネピピアめふにて2D版を鑑賞。


Story
昭和39年(1964年)。オリンピック開催を控え、ビルや高速道路の建築ラッシュで、熱気に溢れる東京。下町の夕日町三丁目では、小説家の茶川竜之介(吉岡秀隆)がヒロミ(小雪)と結婚し、高校生になった古行淳之介(須賀健太)と3人で仲良く生活している。改装された茶川商店の一角は、身重のヒロミがおかみを務める居酒屋「新山藤」となった。茶川は「冒険少年ブック」の看板作家となったが、新人作家の作品に人気を奪われつつあった。編集者の富岡(大森南朋)からは「もっと新しい雰囲気で」と言われ、ますますスランプに陥っていく。一方、鈴木則文(堤真一)とその妻・トモエ(薬師丸ひろ子)、一人息子の一平(小清水一揮)、従業員の星野六子(堀北真希)が暮らす鈴木オートは、順調に事業を拡大し、店構えも立派になった。厳しく後輩を指導する六子は、すっかり一人前。彼女無しでは鈴木オートの仕事は回らないほどであった。そんな六子が、毎朝おめかしをして家を出て行く。それは、通勤途中の医者・菊池孝太郎(森山未來)にタイミングを合わせ、朝の挨拶をかわすためだった。六子のほのかな恋心を温かく見守るのは、煙草屋の大田キン(もたいまさこ)。ところがキンが病院で情報収集すると、菊池には良くない評判があって・・・。
(Movie Walkerより改変)


 身も蓋もない言い方をするなら、毒にも薬にもならない映画。でも、仕事で頭も心も体も疲弊した今は、小難しい映画なんて観たくないのです。

 泣いて笑って、あざといぐらいの王道ホームドラマですが、安心して観られますね。『寅さん』シリーズのような、偉大なるマンネリ国民映画を目指して、さらにシリーズを続けてもいいかも。

 さて、次の休みは、『ヒミズ』『サラの鍵』『パーフェクト・センス』『灼熱の魂』『ロボジー』、どれに行こうかなぁ。それとも本作の3D版を観るか・・・。


『ALWAYS 三丁目の夕日’64』公式サイト
http://www.always3.jp/


posted by ふくちゃん at 19:55| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(14) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふくちゃんさん、こんにちは。
異動なんですか??? びっくりしました。

この映画、堤くんが出ていますよね。
ちょっと前にNHKドラマ「とんび」で堤くんの腹巻姿のあまりのハマリ度にクラクラしていたのですが、考えたらこの映画の一作目から腹巻親父でしたね。
似合いすぎてこわい…
Posted by kinkacho at 2012年01月23日 20:30
>kinkachoさん。
異動なんです。でも、今の住居はそのまま残して行き、また戻ってくるつもりです。
堤さんの腹巻、似合ってます。2枚目も出来て、昭和のガンコ親父も違和感なし。素晴らしいです。
Posted by ふくちゃん at 2012年01月26日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ALWAYS 三丁目の夕日'64
Excerpt: あれ?終わったんじゃなかったの?蛇足なんじゃないの?と思いながらもやっぱり期待して『ALWAYS 三丁目の夕日'64』を観てきました。 ★★★★★ 最新技術で古き良き時代の日本の風景をさり..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2012-01-22 23:48

■ALWAYS 三丁目の夕日'64
Excerpt: 第254回「こういう使い方も悪くないと思えた。」 それにしても今年の年始は魅力的な作品が少ない。2012年の2回目のブログも邦画を批評することになった。今回の作品「ALWAYS 三丁目の夕日’64」..
Weblog: しんちゃんの徒然なる映画日記
Tracked: 2012-01-23 20:30

映画:ALWAYS三丁目の夕日'64 高度成長期の日本への 強力なノスタルジア、そして日本の未来への想い。
Excerpt: 2005年の第一作、2007年の二作に続く、第三作。 当ブログではどちらもそのタイミングで感想をアップしている(2005-12-31 2007-11-04 ) <後輩曰く、「がん泣きしました」 ..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2012-01-24 03:43

ALWAYS 三丁目の夕日'64 1965年はどうせ地味ですよ、(゚ε゜;)ちぇっ!
Excerpt: 【=3 -0-】 1作目は「昭和を描く」がテーマで義理人情を全面に出した作品で、昭和の景色や風物の描き方には感動したけどただ泣き所が弱かった。 前作は強いて言えば「家族」がテーマだっただろうが、ただ..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2012-01-25 10:55

ALWAYS 三丁目の夕日'64
Excerpt: 2005年に公開され大ヒットした『ALWAYS 三丁目の夕日』、そしてその2年後に公開された『ALWAYS 続・三丁目の夕日』に続くシリーズ第3弾。今回は昭和39年、東京オリンピック開催の年の夕日町..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2012-01-26 17:42

親の心。『ALWAYS 三丁目の夕日'64』
Excerpt: 『ALWAYS 三丁目の夕日』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』に続くシリーズ第3弾です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2012-01-27 12:43

『ALWAYS 三丁目の夕日’64(2D)』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 三丁目の夕日’64」□監督・脚本・VFX 山崎貴 □脚本 古沢良太□原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2012-01-29 08:10

映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」上を向いて歩こう
Excerpt: 「ALWAYS 三丁目の夕日’64」★★★★☆ 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、 三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、 マギー、温水洋一、神戸浩、飯田基祐、 森山未來、大森南..
Weblog: soramove
Tracked: 2012-02-07 22:43

魂の望む方へ〜『ALWAYS 三丁目の夕日'64』
Excerpt:  1964年(昭和39年)、東京。オリンピック開催を目前に、街は好景気に沸き 立っていた。夕日町三丁目に暮らす人々も、それぞれに成長し、日々の暮らし を営んでいる。  大ヒットシリーズ ..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2012-02-09 16:26

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」
Excerpt: そもそも、東大進学と小説家になることは、二律背反することなのか。 東大出の小説家なんて、うじゃうじゃいるけどね。 ここはひとつ、出世を選ぶか自分の好きな道を選ぶか、という葛藤を表現するいちばんわか..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2012-02-15 21:17

『ALWAYS 三丁目の夕日'64』に泣くのは恥ずかしくない
Excerpt:  まず『ALWAYS 三丁目の夕日'64』という題名が注目に値する。  同じように題名に年数が使われた映画には、1974年から1975年にかけて公開された『エアポート'75』や1999年末公開の『ゴ..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2012-02-18 01:42

「Always 三丁目の夕日'64」 (2012 東宝=日テレ)
Excerpt: 前作の特集はこちら。 シネコンのもぎりのところで「○○さーん!」と声をかけられる
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2012-02-18 13:12

【ALWAYS 三丁目の夕日'64】を映画鑑賞!
Excerpt: あれから5年・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】昭和39年。三丁目の住民たちは皆、オリンピック開催を楽しみにしていた。鈴木オートの社長、則文も大きなカラーテレ..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2012-02-24 09:28

映画『ALWAYS三丁目の夕日'64』を観て
Excerpt: 12-14.ALWAYS三丁目の夕日'64■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:142分■観賞日:2月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本・VFX:山崎貴◆吉岡秀..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2012-04-25 16:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。