2012年02月19日

映画『ヒミズ』

 梅田ブルク7にて、今更ながらの『ヒミズ』。観たいと思いつつ、なぜだか今日までズルズル来てしまいました。さすがに、もう客は少ないです。原作は、漫画『行け!稲中卓球部』の作者・古谷実さんの問題作(どちらも未読)、そして、主演の染谷将太君と二階堂ふみさんがヴェネチア国際映画祭で最優秀新人俳優賞(マルチェロ・マストロヤンニ賞)を受賞したことで、話題になった一本ですね。


Story
住田佑一(染谷将太)は15歳の中学3年生。彼の願いは“普通”の大人になること。大きな夢を持たず、ただ誰にも迷惑をかけずに生きたい。そう考える住田の現在の日常は、実家の貸ボート屋の周囲に集う、東日本大震災で家を失くした大人たちと共にあった。茶沢景子(二階堂ふみ)、15歳。夢は、愛する人と守り守られ生きること。他のクラスメートとは違い、大人びた雰囲気を持つ住田に恋い焦がれる彼女は、数多くの“住田語録”を自宅の部屋に飾るほど。住田に猛アタックをかけ、疎ましがられながらも、距離を縮めることに日々喜びを感じる茶沢。しかし、そんな2人の日常は、ある日を境に思いもよらない方向に転がり始めていく。借金を作り、蒸発していた住田の父(光石研)が戻ってきたのだ。母親のいない部屋で金の無心をしながら、住田を激しく殴りつける父親。さらに、母親(渡辺真起子)は中年男と駆け落ち。住田は天涯孤独の身となる。そんな住田を必死で励ます茶沢。そして、彼女の気持ちが徐々に住田の心を解きほぐしつつあるとき、“事件”は起こった。“普通”の人生を全うすることを諦めた住田は、その日からの人生を“オマケ人生”と名付け、せめて害悪となる“悪党”を見つけ出し、自らの手で殺すことで世の中の役に立ちたいと願う。深い暗闇をさ迷い歩く少年と、ただ愛だけを信じ続ける少女。2人は、絶望を乗り越えることができるのだろうか・・・。
(Movie Walkerより改変)


 園子温監督といえば、今最も注目される映画監督ということもあり、楽しみにしていました。『愛のむきだし』も、『冷たい熱帯魚』も、観ていませんが・・・たらーっ(汗)

 もの凄く激しい、情動というか情念のようなものは、ヒシヒシと感じました。学校の教師も、住田と茶沢の両親も、金貸しのヤクザどもも、スリを働く男も、出てくる大人にはロクな奴がいない。若い連中も、どこか存在感が薄っぺらいか、逆にイカれて異様な存在感を放っているか。観ていて楽しい映画では、ありません。でも、どこか目を離せないものがあります。体調の悪いときは観られませんね。

 茶沢さんや住田家の周囲に住むホームレスの大人たちの存在が、(うざいけど)救いです。特に茶沢さんの家庭は、住田にも負けず劣らず崩壊し、荒涼としていて、それなのに彼女は自分の苦しみは誰にも語らず必死に住田を思う。彼女は住田に縋っていただけかもしれないけど、最終的にはそれが住田を救い、彼女自身を救うことになります。

 それにしても、茶沢さんを演じた二階堂ふみさんが、宮崎あおいさんに似ていると、噂には聞いていましたが、シーンや表情によっては、確かにソックリですね。役者として、他の役者に似ていると言われるのは、不本意でしかないでしょうけど。。。宮崎あおいさんも、今のような“国民的女優”になってしまう(それが役者として幸せなこととは限らない)前は、問題作・異色作で屈折した役を演じることも多かったし、そこが良かったんですけど。。。離婚を機に、好感度とか気にしないで、幅広い役柄に挑戦して欲しい(事務所が許さない?)。

 話がそれましたふらふら

 東日本大震災の発生により、急遽脚本を全面的に書き換えたという本作。震災という出来事や被災地の映像を物語に取り入れたことが成功しているかとどうかは、微妙な気がします。

 ハッピーエンドか、バッドエンドか、ドキドキしながら観ていましたが、(住田の行いとこれからを考えれば単純にハッピーエンドにできるはずはないけども)希望のあるラストで良かったです。

 人に勧めるか?微妙です。でも、生温い映画に飽きた人には、オススメ。


『ヒミズ』公式サイト
http://himizu.gaga.ne.jp/


posted by ふくちゃん at 22:39| 兵庫 🌁| Comment(2) | TrackBack(11) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これがお初の園作品なんですね。
でもこれが最初でもいいんじゃないかと思います。
これから旧作をもしごらんになるなら、本作に出てきた役者さんとの関係もすんなりわかってくるでしょう。
気が向かれたら旧作もご覧ください。 でも、心臓に悪いのとか、おなかいっぱいなのもありますので(笑)要注意?
Posted by rose_chocolat at 2012年02月20日 07:55
>rose_chocolatさん。
『愛のむきだし』以来、気になってたんです。僕の周囲にもこれが凄く面白かった!という人がいて。最近は「キムタクを使うな」発言で注目を浴びた園監督ですが、ひょっとして非常にマジメな方では・・・なんて思いました。
Posted by ふくちゃん at 2012年02月20日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

身内の暴力と他人の優しさ。『ヒミズ』
Excerpt: 第68回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で主演の染谷将太と二階堂ふみがマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した作品。不幸な家庭環境に置かれた中学3年生の男子生徒と彼を取り巻く人たちの..
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2012-02-19 23:38

ヒミズ
Excerpt: 「生きろ」と、君が言った。 製作年度 2011年 上映時間 129分 映倫 PG12 原作 古谷実 脚本/監督 園子温 音楽 原田智英 出演 染谷将太/二階堂ふみ/渡辺哲/光石研/吹越満/渡辺真..
Weblog: to Heart
Tracked: 2012-02-20 01:15

『ヒミズ』 (2011) / 日本
Excerpt: 監督・脚本: 園子温 原作: 古谷実 出演: 染谷将太 、二階堂ふみ 、渡辺哲 、吹越満 、神楽坂恵 、光石研 、渡辺真起子 、黒沢あすか 、でんでん 、村上淳 、窪塚洋介 、吉高由里子 、西島隆..
Weblog: Nice One!! @goo
Tracked: 2012-02-20 07:52

『ヒミズ』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ヒミズ」□監督・脚本 園 子温 □原作 古谷 実□キャスト 染谷将太、二階堂ふみ、渡辺 哲、吹越満、神楽坂恵、光石 研、       渡辺真起子、黒沢あすか、でんで..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2012-02-20 08:26

俺にはわかる〜『ヒミズ』
Excerpt:  15歳、中学三年生の住田(染谷将太)は、震災で家を失った大人たちが集う、 湖の畔の貸しボート屋で暮らしていた。住田のクラスメイト・茶沢(二階堂ふみ) は、「普通最高!」と叫ぶ住田を神格化し、..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2012-02-20 15:21

ヒミズ(2011)
Excerpt:  「生きろ」と、君が言った。 評価:=80点 「行け!稲中卓球部」で人気を獲得した漫画家・古谷実が、“ヤングマガジン”で連載していた問題作を、『冷たい熱帯魚..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2012-02-20 22:58

ヒミズ
Excerpt: 古谷実著の同名コミックを原作に園子温監督が創り上げた強烈なドラマです。 映画祭で話題になっていたので、主演の二人がどんな演技を見せてくれるのかずっと気になっていました。 またしてもブラックなエネルギー..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2012-02-20 23:42

「ヒミズ」
Excerpt: 「冷たい熱帯魚」から「恋の罪」のようなドロドロ映画にまで行ってしまった園子温監督が「紀子の食卓」のような家庭映画側に帰ってきた。 両親に逃げられ、ひとり震災後のボート屋を営む少年と彼を慕う少女の物..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2012-02-23 21:30

ヒミズ2011/12/26試写会(2012-004)
Excerpt: 12/26 ヒミズ試写 一ツ橋ホール 古谷実による漫画で商業誌連載第四弾目の作品である。 今までのギャグマンガ路線から一線を画した作品で、人間のより暗い部分を見せる作品に仕上がっている。 全..
Weblog: 単館系
Tracked: 2012-02-25 21:17

ヒミズ(映画)
Excerpt: ★★★★“絶望に追い込まれながらも生きようとするパワーそして映画のパワーにやられました”映画は、震災で被災しがれきだらけとなった街で住田が洗濯機の中から見つけたピストルを使って自殺する夢の場面から始ま..
Weblog: 映画とライトノベルな日常自販機
Tracked: 2012-03-13 09:00

ヒミズ
Excerpt: 古谷実さんの同名コミックを実写映画化。原作は未読ですがかなり暗い内容らしい。当然かなり暗い映画だとは知っていましたが、評判良さそうなので借りてみました、園子温監督ですしね。 しかし私には微妙..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2012-07-20 10:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。