2006年12月10日

映画『硫黄島からの手紙』

 昨日から公開の『硫黄島からの手紙』を梅田ブルク7で観てきました。

 睡眠不足の眠たい目を擦りながら眠い(睡眠)、朝9時すぎに劇場に到着。『武士の一分』、『007/カジノ・ロワイヤル』などの他の話題作もラインナップされているからか、チケット・フロアには既に相当数のお客が。『ふたりはプリキュア』も昨日から公開わーい(嬉しい顔)ということで、小さいお子さん連れのご家族も多いようです。

 9:30。『父親たちの星条旗』と同じシアター1へ入場。お客の入りは半分ぐらい。

 9:40。上映スタート。予告編では『ディパーテッド』が面白そう・・・ぴかぴか(新しい)、『大奥』と『ハリポタ』には興味なし。あまりの眠気に、最後まで集中して鑑賞できるか、心配しつつ本編スタート。

 ・・・すぐに眠気は吹っ飛びましたダッシュ(走り出すさま)

 と言っても、いきなり凄いシーンの連続!とかじゃないんですけど、これも映画の持つ力でしょうか。


 現代の硫黄島の映像。そして、遺骨収集作業を行う「硫黄島協会」の方々。静かなオープニングです。

 何か(映画のラストで明らかに)が発見され、協会関係者は色めきたって、そこを掘り始めます。

 そして、1945年、硫黄島の浜辺を掘る映像へとオーバーラップ。

 「こんな島、アメ公にくれてやりゃいいのによぉ」などと愚痴りながら塹壕を掘り続ける、身籠った妻を1人残して徴兵されたパン屋の西郷(二宮和也)。聴きつけた上官に体罰を食らいます。

 そこに司令官の栗林中将(渡辺謙)が着任、すぐに体罰を中止させ、塹壕掘りも止めさせます。

 体罰は、限られた戦力を無意味に損耗させるだけであり(もう援軍も補給も来ない)、浜辺の塹壕による「水際殲滅作戦」も、十分に体勢の整っていない上陸直後の米軍を叩いて、圧倒的な物量の差を克服しようとしてきたものの、他の島で全て失敗に終っていたからです。

 というわけで、冒頭の一連のシーンから、栗林中将という軍人の、おそらく当時としては異質な、人間的かつ理性的・合理的な精神の在りようが示されます。

 栗林には、硫黄島が1日でも永らえることが日本本土のためになるという強い信念がありました。当時の日本の戦いでは当たり前の、いざとなれば玉砕して「潔く死ぬ」という美名の下に、短期で陥落することを避け、持久戦に持ち込むために、自分の足で徹底的に島を歩き回って検討を重ねた結果、古参の将校たちの「腰抜けだ」という反発を尻目に、島全体を地下要塞化する方法を選びます。

 そして、兵には死に急ぐことを戒め自決を禁じ、自分の食事も兵卒と同じレベルに落として倹約に努めます。

 しかし、そんな栗林が、一方では相手を10人殺すまでは死ぬなと命じ、戦いが始まる前に将兵と共に「天皇陛下万歳」を叫ぶ姿には痛々しいものがあります。そして、最後はやはり総攻撃という名の死を覚悟した無謀な突撃で終わりを迎えるしかないのです。

 妻と子が暮らす日本のために、かつて留学し、友人もいるアメリカと戦わねばならない彼の心中は複雑だったことでしょう。それでも日本の軍人として最大限の義務を果たそうとする栗林。職務からいえば当然とはいえ、その不条理なこと・・・。


 『父親たちの星条旗』では、顔のない無名の存在だった日本兵も、この作品では当然ながら1個の人間として描かれています。映画としての作り方も『父親たち〜』よりもストレートで分かりやすく、同じ日本人として感情移入しやすいと思います。

 しかし、安易なセンチメンタリズムや戦争の美化、栗林も含めた兵士達の英雄視は回避され、正当化しようのない戦争の虚しさが心に突き刺さります。

 戦闘シーンについては『父親たち〜』よりも少なく(計ったわけじゃないので感覚的なもの)、後半までありませんが、そこへ向かって静かに、緊張感を緩めることなく時間が過ぎて行きます。また、『父親たち〜』のあのモノトーンの不気味に平板な感じに比べると、衝撃度も低いと思いますが、それだけに生々しく、『父親たち〜』の時とは別の意味で観ていて辛いものがありました(かなりエグいシーンも瞬間的にありますし)。

 ともあれ良い映画ですグッド(上向き矢印)。惜しむらくは、36日間という時間の長さが感じられなかったこと。ですが、日本人として観ておくべき映画だと思います(なぜ、こういう作品が日本人の手によって作られないのかexclamation&questionと残念に思います)。

 やはり、どんな大義があっても、戦争は容認できない。勇ましいことを言う指導者や政治家は世界中にいますが、そんなに戦いたいなら、まずは自分達同士でやってくれちっ(怒った顔)、という感じです。

 では、最後に、パンフレットの中から印象に残った言葉を。

「後になってユニバーサル・スタジオでオーディー・マーフィー(★)に会ったが、アメリカの英雄と仰がれていた彼は戦争のことをまったく話したがらなかった。前線で死と隣り合わせになって戦った兵士たちは、いくら勲章を受けても戦場のこととなると、口をつぐんでしまう。遠方で操作している輩に限って見てきたような戦話をするのだと後になって知ったがね」

★:第2次世界大戦に参戦し、アメリカ兵の中で最も多くの叙勲を受ける。終戦後は、ハリウッド俳優となり、自伝的映画『地獄の戦線』(55)に主演、大ヒットする。退役後は、PTSDによって苦しんだと言われている。

「この映画を手がけたのは、戦争が与える影響を描きたかったからで、戦争映画とは思って欲しくない。たまに優れた作品もあるが、多くの戦争映画はプロバガンダの役をしたりと危険な要素をはらむものも多いからね」

― クリント・イーストウッド氏


「(前略)死ぬことも確かに悲惨ですが、その後、遺された遺族の悲劇はずっと続くのです。父親や兄といった大黒柱を失ったご遺族が、戦後、どれだけ悲惨な生活を送らねばならなかったのか。(中略)戦場で将兵たちは、家族のことを想いながら死んでいきました。でも、結局その家族が一番不幸な目にあってしまう。戦争とは、そういった虚しいものなのです。この映画を観て、少しでもそのことを考え、後世に伝えてもらえればと願っています。」

― 遠藤喜義氏(元北硫黄島守備隊指揮官)


 パンフレットで紹介されていた『散るぞ悲しき ― 硫黄島総指揮官・栗林忠道』(梯久美子・著/新潮社/2006・第37回大宅壮一ノンフィクション賞)、『玉砕司令官の絵手紙』(栗林忠道・著/吉田津由子・編/小学館文庫)も読んでみたいと思います。


『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

硫黄島協会 公式サイト
http://www.iwo-jima.org/

Cinema Review映画『父親たちの星条旗』はこちら


posted by ふくちゃん at 23:08| 兵庫 ☔| Comment(8) | TrackBack(43) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。(http://www.yawarakacinema.com/cgi-def/admin/C-010/cinema/tdiary/index.rbのほうです。)
本家サイト(http://www.yawarakacinema.com/)も、よろしくお願いします。
Posted by やわらか映画〜おすすめDVD〜 at 2006年12月11日 23:00
硫黄島、まだ見てないのですが、昨年末の「男たちの大和」同様に泣かせてくれると期待しています。
解説役に立ちました。
Posted by リーマン兄弟 at 2006年12月13日 00:54
ご無沙汰しております。
「硫黄島・・・」も気になっていたのですが、私は「007」観に行きましたw
そして、ブログの方も少しずつ更新する元気が出てきました。
色々とご心配お掛けしてしまいましてごめんなさい。
そして、ありがとうございました。
また、遊びに来ますね〜♪
Posted by めい at 2006年12月13日 18:53
>やわらか映画〜おすすめDVD〜さん
本家サイトも拝見させて頂きます♪

>リーマン兄弟さん
面白そうなSNSですね。
「男たちの大和」は観ていないので、比較はできないのですが、「硫黄島〜」はいわゆる泣ける映画ではないかもです。

>めいさん
そうですか(^^)。
ボチボチいきましょう。
Posted by ふくちゃん at 2006年12月13日 23:39
TBありがとうございます。

西郷の愚痴は同じく印象的でした。ストレートで解りやすい作品でしたね。
パンフにも興味深い事が沢山記述されていて良かったと思います。

Posted by たまさん at 2006年12月18日 22:45
>たまさん。
コメントありがとうございます。
西郷のグチについては、口に出す・出さないはともかく、そういう人が多かったんでしょうね。戦争なんてイヤに決まってます。「お国のため」とか美辞麗句は、自分を納得させるための建前で・・・。
Posted by ふくちゃん at 2006年12月21日 00:06
遅ればせながら、私も「硫黄島〜」観てきました!「父親たちの〜」と比べて、俳優の顔がわかるので、ストーリー展開もつかみ易かったです。あと、俳優さんに関して言えば、前半で西郷とよく一緒にいた人で中盤で自決した人(野球選手の斉藤隆似)の演技がとてもナチュラルで良かったです!他のブログなどを見ても、評価が高いみたいです。全体としては、ちょっとうまくまとまりすぎているような気もしました。でも、確かに静かながら訴えるものがしっかりある、よい作品だと思います。
Posted by michelle at 2006年12月23日 09:45
>michelleさん。
あの俳優さんは、どなただったんでしょうね。主演の渡辺謙さんの演技も非常に良かったと思います。
Posted by ふくちゃん at 2006年12月24日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

■週末の学び12/8「硫黄島からの手紙」★しばしトップ固定
Excerpt: ※しばしトップ固定 最新記事はひとつ下より ↓↓ ※ホンダラさん!さっそく補足ありがとうございます!   私が演じたのは、ひとりのパン屋です。この作品を見てから、今もたくさんのこと..
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-12-10 23:51

硫黄島からの手紙
Excerpt: 余は常に諸氏の先頭にある。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2006-12-11 00:53

「硫黄島からの手紙」レビュー
Excerpt: 「硫黄島からの手紙」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、他 *監督:クリント・イーストウッド 感想・評価・批評 等、レビューを含..
Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター
Tracked: 2006-12-11 14:38

「硫黄島からの手紙」:麻布台バス停付近の会話
Excerpt: {/kaeru_en4/}麻布台にあるアメリカンクラブって何の施設だ? {/hiyo_en2/}Welcome to Tokyo American Club. Learn about Japanes..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2006-12-11 22:01

「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人
Excerpt: クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。
Weblog: 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
Tracked: 2006-12-12 00:01

『硫黄島からの手紙』鑑賞!
Excerpt: 『硫黄島からの手紙』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある 硫黄島を知っていますか? 東京都小笠原村硫黄島???? グアムと東京のほぼ真ん中 日本の最南端に..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-12-12 03:18

硫黄島からの手紙
Excerpt: 硫黄島からの手紙を観て来ました。 五日で陥落すると言われた島を三十六日間〜という宣伝文句のような米軍を翻弄する日本軍の英雄的行動を描いた映画ではなく、基本的には戦場の兵士たちの家族への想いと決断..
Weblog: Kousyoublog
Tracked: 2006-12-12 07:14

硫黄島からの手紙/Letters From IWO Jima
Excerpt: 米国人であるクリントイーストウッド監督が 『父親たちの星条旗』と対にして、硫黄島の戦いを日米双方から描いた第二弾。         世界に先がけての日本公開。 先に観た『父親たちの星条旗』の方は良..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-12-12 11:00

硫黄島からの手紙
Excerpt: 観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-12-12 17:11

三度めの『硫黄島からの手紙』。
Excerpt:     硫黄島に、ハナミズキ。 二度あることは三度ある。栗林中将が、西郷に言ったように、達也も三度目の 『硫黄島からの手紙』を観てきました。 少年の頃から映画を観ていますが、短期..
Weblog: TATSUYAのシネマコンプレックス
Tracked: 2006-12-14 18:28

真・映画日記『硫黄島からの手紙』
Excerpt: 12月10日(日) 11時前に起きる。 パンを食べたり身支度をし、 11時40分には外出。 上野の東急系列の映画館で『硫黄島からの手紙』を見ることに。 午後1時前に着く。 すると、階段..
Weblog: CHEAP THRILL
Tracked: 2006-12-14 22:06

【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA)
Excerpt: 1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-12-14 22:41

硫黄島からの手紙★LETTERS FROM IWOJIMA
Excerpt:  クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作『硫黄島からの手紙』を観てきました。平日の夕方にも関わらず、多くのお客さんでした。1作目『父親たちの星条旗』はアメリカから見た硫黄島、今回は日本から見た硫黄..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2006-12-15 01:22

『硫黄島からの手紙』見てきました。
Excerpt: 昨日、『硫黄島からの手紙』を見てきました。 この映画は『父親たちの星条旗』の二卵性双生児と言ってもいい内容で、『星条旗』がアメリカ側から見た硫黄島、『手紙』が日本側からみた硫黄島を描いています。 ..
Weblog: 何にもなかった日
Tracked: 2006-12-15 09:28

硫黄島からの手紙
Excerpt: 『LETTERS FROM IWO JIMA』公開:2006/12/09(12/10鑑賞)製作国:アメリカ監督:クリント・イーストウッド製作:クリント・イーストウッド、スティーヴン・スピルバーグ、ロバ..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2006-12-15 12:50

「硫黄島からの手紙」事実を風化させるなと心に刻む
Excerpt: 「硫黄島からの手紙」★★★★★必見! 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮出演 クリント・イーストウッド監督、2006年、アメリカ 硫黄島が制圧されたら 米軍の戦闘機がいよいよ日本の本土..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-12-15 19:49

★「硫黄島からの手紙」
Excerpt: クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-12-16 02:43

今度は逆の視点!『硫黄島からの手紙』(2006年18本目)
Excerpt:    クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二部作目だ。 一部がアメリカ側の硫黄島戦にまつわる話を描いた「父親たちの星条旗」で こちらが日本軍を描いた作品となっている。 (あらすじと内容は硫黄島..
Weblog: ON THE ROAD
Tracked: 2006-12-16 11:31

「 硫黄島からの手紙 / Letters From Iwo Jima (2006) 」
Excerpt: 監督 ・ 製作 : クリ..
Weblog: MoonDreamWorks★Fc2
Tracked: 2006-12-16 14:39

◆硫黄島-Iwa Jima
Excerpt: 世界で忘れてはいけない島がある ******硫黄島******
Weblog: ロハス(LOHAS)咲く。
Tracked: 2006-12-16 17:18

硫黄島からの手紙
Excerpt: 渡辺謙の講演会があってから、かなり自分の中で葛藤があった。何をしていても戦争のことをどこかで考えていた。やっぱり戦争はいやだ、自分はどうすればいいのか?そういう思考が頭...
Weblog: Waiting For Monsoon
Tracked: 2006-12-17 01:03

ひとつの戦争の中で起きていた、様々な出来事。『硫黄島からの手紙』
Excerpt: 第二次世界大戦時の硫黄島での戦いを日本側の目線で描いた作品です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2006-12-17 09:47

「硫黄島からの手紙」見てきました。
Excerpt:  この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで..
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-12-17 14:47

硫黄島からの手紙
Excerpt: クリント・イーストウッド監督が、 第二次世界大戦を兵士たちの視点から描いた、 話題の2部作の日本編!! 信念を貫き、日本をそして愛する家族を守ろうとした男たちを、 日本を代表する俳優たちが日本..
Weblog: 映画とはずがたり
Tracked: 2006-12-18 01:01

「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間
Excerpt: イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2006-12-18 21:33

映画『硫黄島からの手紙』
Excerpt: 『父親たちの星条旗』に続く“硫黄島2部作”第2弾。 日本の側の視点で描かれてい
Weblog: たまさんのHR/HM シネマカフェ
Tracked: 2006-12-18 22:39

映画「硫黄島からの手紙」
Excerpt: 原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-12-21 01:44

硫黄島からの手紙
Excerpt:  この作品を観てつくづく感じさせられたことは、自分はクリント・イーストウッドのよき観客にはとうてい成り得ないことでした。  この名優にして老
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-12-26 03:24

硫黄島からの手紙
Excerpt: ラジオを聴いていると、この一週間「硫黄島からの手紙」の特集をやってるし、テレビでも取り上げられているし、アカデミー賞候補との呼び名も高く、近所の映画館の招待券が当たったので(ってこれが一番の理由)、観..
Weblog: まぁず、なにやってんだか
Tracked: 2006-12-26 11:43

映画「硫黄島からの手紙」
Excerpt: 2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメ..
Weblog: しょうちゃんの映画ブログ
Tracked: 2006-12-28 10:48

硫黄島からの手紙
Excerpt: 硫黄島からの手紙公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総合評価  ☆
Weblog: シネマ de ぽん!
Tracked: 2006-12-28 13:24

【劇場映画】 硫黄島からの手紙
Excerpt: ≪ストーリー≫ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦であ..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2007-01-03 09:50

硫黄島からの手紙
Excerpt: 硫黄島2部作の第2弾 アメリカ側の視点から描かれた「父親たちの星条旗」に 対し、
Weblog: いろいろと
Tracked: 2007-01-04 08:47

「硫黄島からの手紙」事実を風化させるなと心に刻む
Excerpt: 「硫黄島からの手紙」★★★★★必見! 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮出演 クリント・イーストウッド監督、2006年、アメリカ 硫黄島が制圧されたら 米軍の戦闘機がいよいよ日本の本土..
Weblog: soramove
Tracked: 2007-01-05 19:49

硫黄島からの手紙
Excerpt: ほぼ日刊イトイ新聞でコラム12/10分を読んで、どうして「わたしはただのパン屋です。」というキャッチフレーズを考えたのかがとても気になって、早速観てきた。 涙発生最速記録大更新!w 私は二宮く..
Weblog: こころね*
Tracked: 2007-01-09 00:11

硫黄島からの手紙(12月9日公開)
Excerpt: アメリカで公開された「父親たちの星条旗」に対して,日本で公開されたのが,この「硫黄島からの手紙」 日本とアメリカ,それぞれから見た,第二次世界大戦での硫黄島の戦いを描いている. ----(..
Weblog: オレメデア
Tracked: 2007-01-12 15:16

「硫黄島からの手紙」 世界でシェアすべき作品  
Excerpt: 公開中の映画「硫黄島からの手紙」を観賞。監督・製作:クリント・イーストウッド。製作:スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ、製作総指揮・共同原案:ポール・ハギス。脚本:アイリス・ヤマシタ。出演..
Weblog: やまたくの音吐朗々Diary
Tracked: 2007-01-21 05:20

硫黄島:地獄の36日間
Excerpt: イーストウッド監督作『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』が続々公開となり、注目を集める『硫黄島』。 アメリカの目線から見た36日間の激戦を、アメリカ軍海兵隊カメラマンによる当時の貴重な映..
Weblog: ショウビズ インフォメーション
Tracked: 2007-01-22 19:59

Letters From Iwo Jima (硫黄島からの手紙)
Excerpt: 2007年1月27日鑑賞Tagline:  N/Aストーリー戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立つ。アメリカ留学の経験を持つ栗林は..
Weblog: アリゾナ映画ログ − 砂漠から...
Tracked: 2007-01-29 06:54

『硫黄島からの手紙』’06・米
Excerpt: あらすじ戦況が悪化の一途をたどる1944年6月アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2007-02-12 00:29

硫黄島からの手紙
Excerpt: 「父親たちの星条旗 」と同時期に作られ、同時期に公開された クリント・イーストウッド監督の作品。 DVDで鑑賞。 2006年、硫黄島の地中から発見された数百通もの手紙。 それは61年前..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-06-16 03:04

【映画】硫黄島からの手紙…外国人に作れて何故日本人には作れないの!?
Excerpt: この記事のサブタイトルは「父親たちの星条旗」の記事の続きという意味で“…俄かイーストウッドファンなピロEK(その2)”とするはずでしたが、他に思い浮かんだのでやめました(で、上記タイトルに変更){/a..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2009-12-29 11:24

硫黄島からの手紙/LETTERS FROM IWO JIMA(映画/DVD)
Excerpt: [硫黄島からの手紙] ブログ村キーワード硫黄島からの手紙(原題:LETTERS FROM IWO JIMA)キャッチコピー:世界が忘れてはいけない島がある。日本から見た「硫黄島」製作国:アメリカ製作年..
Weblog: 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評
Tracked: 2010-01-30 19:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。