2013年06月11日

映画『言の葉の庭』

 今日は、新宿バルト9で2本ハシゴ。1本目は、新海誠監督の新作アニメ『言の葉の庭』です。2本続けて観るとはいえ、こちらは46分の短い作品ですので、体力的には楽。


Story
靴職人を目指す高校1年生のタカオは、専門学校進学のための学費を貯めるためのアルバイトもしながら、こつこつと靴を自作していた。雨の日は、午前中だけ学校をさぼって、公園の中の日本庭園の四阿(あずまや)で靴のデザイン画を描いている。ある雨の日、庭園でチョコを食べながら一人で缶ビールを飲む謎めいた女性・ユキノと出会う。その日から、約束はしていないものの、雨の日の午前中にいつも同じ場所で顔をあわせるようになっていく2人。ユキノが自分の居場所を見失っていることを知り、タカオは彼女が歩きたくなるような靴を作りたいと思う。揺れ動く2人の心模様をよそに、梅雨はもうじき明けようとしていた・・・。
(Movie Walkerより改変)


 様々な雨の描写を始め、映像美は“相変わらず”というべきか、“さらに”というべきか、とにかく素晴らしいです。きめ細かで、繊細な仕事ですねぇ。

 そして、新宿を舞台にした作品ということで、日頃目にしているものがアニメーションで描かれているのが、単純に興味深い。新宿御苑の中に入ったことはないですが。

 ですが、タカオの何となく高校に居場所がない感じ、早く大人になりたいという気持ち、靴職人を目指す背景をもっと描いて欲しかった。

 普通のOLかな・・・と思っていたユキノが、実は○○だったと判明した後は、いささかチープなロマンチシズムに流れてしまったように思います。なんだか、あまりも男目線の展開だという気もします。仄かな恋情は良いとして。

 クライマックスとも言える、タカオが心情を吐露する場面は、ピンと来きませんでした。あんなふうに自分の夢を卑下するようなことを言う必要はないし、そのことに関連してユキノを難詰したりするのはお門違いに思えてなりません。自分の思いをちゃんと自分の言葉で言えよ!ということだけを伝えれば良いはず。

 大江千里さん作詞・作曲、秦基博さんボーカルの主題歌は、とても良かったです。


『言の葉の庭』公式サイト
http://www.kotonohanoniwa.jp/
posted by ふくちゃん at 19:35| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。