2013年06月11日

映画『オブリビオン』

 バルト9の下の階にある「青葉」で中華そばの大盛りを食した後、2本目はトム・クルーズ主演のSF『オブリビオン』。

 オブリビオン(oblivion)という聞きなれない単語の意味は、映画を観れば分かるだろうと高を括っていましたが、分からなかったので、調べてみると「忘却」。なるほど、主人公の状態ですね。


Story
2077年、エイリアンの攻撃を受けて、人類は勝利するも、地球は壊滅。人類は宇宙ステーションに移住し、さらに土星の月=タイタンへ移住を計画中であるが、ジャック(トム・クルーズ)は、海水からエネルギーを取り出すプラントを敵の残存勢力から守るため、高度1,000mのタワーを拠点に、ヴィクトリア(アンドレア・ライズブロー)と2人だけで地球に残り、パトロールと監視用ドローン〔無人偵察&攻撃機〕のメンテナンスを担当していた。業務遂行のために過去の記憶を消去されたジャックだが、かつてのニューヨークで美女とデートする夢を繰り返し見ていた。ある日ジャックは、墜落した宇宙船から、夢の中の美女ジュリア(オルガ・キュリレンコ)が救い出す。彼女は目を覚ますと、ジャックの名前を口にする。墜落した宇宙船のフライト・レコーダーの回収に向かったジャックとジュリアは、ジャックとヴィクトリア以外誰もいないはずの地球で、謎の男ビーチ(モーガン・フリーマン)によって拘束される。ジュリアとビーチの存在によって、ジャックと地球の真実が明らかになり始める・・・。
(Movie Walkerより改変)


 さすがハリウッドというべきVFX映像。デザイン・センスも抜群。ストーリー進行は意外にモタモタしていましたが、パトロール機(バブルシップ)やドローンの飛行する姿は、まさに縦横無尽、スピード感に溢れていました。

 「ジャックは実は○○○○だった」というのはありがちですが、最初に彼のナレーションで説明された世界設定=地球・人類の歴史と現況に関する認識が覆されていく構成は(分かりにくいけど)そこそこ面白い。ジャック本人が最も驚いたことでしょう(笑)。

 ラストについては、ああいうハッピーエンドでも良いけど(でも本当にハッピーエンドなのか?よくよく考えると不気味でもある)、切なさは弱まる。それに52号は、どうやって49号と同じ現状認識に至ったのだろう?そして、敵の本当の正体は?コンピュータなのか?コンピュータ型の知的生命体なのか?

 少しモヤモヤが残ります。


『オブリビオン』公式サイト
http://oblivion-movie.jp/
posted by ふくちゃん at 19:41| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(10) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

劇場鑑賞「オブリビオン」
Excerpt: 「オブリビオン」を鑑賞してきましたトム・クルーズ主演で贈るSFアクション。「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督が自身のグラフィック・ノベルを基に映画化。エイ...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2013-06-11 19:49

『オブリビオン』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「オブリビオン」□監督・脚本・原作 ジョセフ・コジンスキー□脚本 ウィリアム・モナハン、カール・ガイダシェク、マイケル・アーント□キャスト トム・クルーズ、オルガ・キ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2013-06-11 21:30

オブリビオン
Excerpt: 俳優トムちん渾身のSF超大作『オブリビオン』を観てきました。 ★★★ ごめんなさいねトムちん、悪意は無いんです。 序盤のワクワク感はどこへやら、中盤からコテコテな展開と「なんでやねん」感に眠気が起..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2013-06-11 21:59

オブリビオン
Excerpt: 映像が綺麗で面白かった。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2013-06-12 01:20

「オブリビオン」みた。
Excerpt: なんだか予告編と随分印象が違うような?というのが本編を見ながら思っていたこと。そうした違和感の理由が判ったのは、たまたま本編を観た直後、劇場で流されていた予告編を目にすることが出来たから。同じカットな..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2013-06-12 08:47

オブリビオン : 地球人の強さを思い知ったか!
Excerpt:  今日は仕事が休みでしたが、朝からバタバタバタバタしていました。まあ、充実した日々を過ごしていると解釈しましょう。ちなみに、本日紹介する作品は、えいぞおうがピカイチの
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2013-06-12 12:33

「オブリビオン」 独特の感覚、言うなれば滑空感
Excerpt: 未来は見えないもの。 見えないものであるからこそ、見てみたい。 だから映画は、特
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2013-06-12 23:01

映画「オブリビオン」2077年の地球は廃墟となった
Excerpt: 映画「オブリビオン」★★★ キム・ユンソク、ユ・アイン パク・スヨン、イ・ジャスミン キム・サンホ、キム・ヨンジェ 出演 ジョセフ・コシンスキー監督、 124分、2012年5月31日より全国公開 2..
Weblog: soramove
Tracked: 2013-06-19 08:39

映画『オブリビオン』を観て
Excerpt: 13-48.オブリビオン■原題:Oblivion■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:124分■料金:1,800円■観賞日:6月8日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) ◇トム・クルーズ◇オルガ・..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2013-11-24 18:43

オブリビオン (Oblivion)
Excerpt: 監督 ジョセフ・コシンスキー 主演 トム・クルーズ 2013年 アメリカ映画 124分 SF 採点★★★★ 「オッサンだからでしょ?」と言われればそれまでなんですが、どうにも昨今主流のCGの嵐映画っ..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2014-12-11 12:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。