2013年06月21日

映画『華麗なるギャツビー』

 F・スコット・フィッツジェラルド(1896〜1940)の原作は、長らく定番であった野崎孝氏の訳とフィッツジェラルドの影響を受けたという村上春樹氏の訳で、それぞれ読みました。

 アメリカ文学史上の最高傑作と言われる小説ですが、僕自身はそれほど強く惹かれる作品ではありません。

 レオ様にもそれほど興味はなく、僕の中のギャツビー像ともイメージが違うので、観るつもりはなかったのですが・・・。

 評判がなかなか良いようなので、観てみました。


Story
1920年代。ジャズと禁酒法の時代。作家になる夢を諦め、故郷の中西部からニューヨークへとやって来た証券マンのニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)は、宮殿のような豪邸で毎夜豪華絢爛なパーティーを開く謎めいた大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)の隣に居を構える。港を隔てた向こう岸には、いとこのデイジー(キャリー・マリガン)とその夫で傲岸な金満家トム・ブキャナン(ジョエル・エドガートン)が住む邸宅があった。ある日、ニックはギャツビーからパーティーに招待されて親しくなり、やがて彼の生い立ちを打ち明けられる。裕福な名家に生まれ、ヨーロッパで宝石や名画に囲まれた贅沢な暮らしを送った後、戦争で数々の勲章を受けて英雄となり、両親が亡くなった今は天涯孤独の身だという。だがそんな出来すぎた話に、ニックは「ギャツビーは何かを隠している」と直感する。やがて、耳を疑う噂と危険な人脈、そしてデイジーとの禁じられた恋が、少しずつギャツビーの華麗な仮面をはがしていくのだった・・・。
(Movie Walkerより)


 これが4度目の劇場映画化で、1974年版ではロバート・レッドフォードが主演しているんですね。

 ストーリーそのものは、通俗的なメロドラマという感じで、取り立ててどうということはないですね。原作小説もこんな感じだったような・・・(忘れた)。

 物量で圧倒する豪華絢爛なパーティー・シーン、栄光から破滅へ、類まれなる存在感を醸し出すレオ様を中心とした役者たちの演技で142分、ダレることなく最後まで観ることが出来ました。

 ギャツビーの人生の目的は、すれ違いで今は他人の妻となったデイジーを取り戻すこと。しかし、結局それは成就しないとあらかじめ知っているので(かろうじて原作の記憶が・・・)、再会後の2人の心が再び近づいていく様は、少し切なかったですね。ギャツビーが愚かなほど、純粋で・・・(ストーカーに近いけど)。


『華麗なるギャツビー』公式サイト
http://www.gatsbymovie.jp/
posted by ふくちゃん at 21:18| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(10) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふくちゃんさん、こんにちは。
華麗なるギャッビーって、男のロマンティシズムの集大成ではないかと思います。
レッドフォード版をレンタル屋で探したら、貸出し中でした。便乗かな?
Posted by kinkacho at 2013年06月22日 18:38
>kinkachoさん。
男のロマンティシズム・・・まさに。
デイジーは無垢なのか、打算なのか、女性の方が現実的かつ一枚上(笑)?
Posted by ふくちゃん at 2013年06月22日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「華麗なるギャツビー(2013)」 女は今を生き、男は過去に生きる
Excerpt: 1974年版は未見ですので、ストーリーは全く知らずに観ました。 舞台となるのは1
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2013-06-21 23:18

劇場鑑賞「華麗なるギャツビー」
Excerpt: 「華麗なるギャツビー」を鑑賞してきました3D吹き替え版を。「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督がレオナルド・ディカプリオを再び主演に迎え、F・スコット・フィッツジ...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2013-06-22 05:48

華麗なるギャツビー
Excerpt:  『華麗なるギャツビー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)スコット・フィッツジェラルド(注1)が書いた小説『華麗なるギャツビー』を3Dで映画化した作品であり、それにディカプリオが出演している..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2013-06-25 07:00

映画:華麗なるギャツビー The Great Gatsby 有名なレッドフォード版未見の当ブログ、感想は意外な方向へ
Excerpt: 有名な、ロバート・レッドフォード版は当ブログは未見。 このため、全く真っさらな気持ちで、この映画に向かいあった(笑) その感想は... さすが F・スコット・フィッツジェラルドが原作の小説。 ..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2013-06-27 01:16

映画「華麗なるギャツビー」ディカプリオって貫禄がつき始めたな
Excerpt: 映画「華麗なるギャツビー」★★★☆ レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、 ジョエル・エドガートン、キャリー・マリガン、 アイラ・フィッシャー、ジェイソン・クラーク出演 バズ・ラーマン監督、..
Weblog: soramove
Tracked: 2013-06-27 06:53

『華麗なるギャツビー』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「華麗なるギャツビー」 □監督 バズ・ラーマン□脚本 バズ・ラーマン、クレイグ・ピアース□原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト レオナルド・ディカプリオ、..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2013-06-27 08:15

華麗なるギャツビー
Excerpt:     『華麗なるギャツビー』  (2012) 証券会社に就職し、ニューヨーク郊外に移り住んだ青年ニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)。 隣は宮殿のような豪邸で、夜..
Weblog: Mangosteen CINEMAlog/追いかけてサムソン
Tracked: 2013-06-30 22:41

華麗なるギャツビー(2012)
Excerpt: 【THE GREAT GATSBY】 2013/06/14公開 アメリカ 142分監督:バズ・ラーマン出演:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン、ア..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2013-06-30 23:10

華麗なるギャツビー(2012)
Excerpt: 【THE GREAT GATSBY】 2013/06/14公開 アメリカ 142分監督:バズ・ラーマン出演:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン、ア..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2013-07-05 15:38

映画『華麗なるギャツビー』を観て
Excerpt: 13-50.華麗なるギャツビー 3D■原題:The Great Gatsby■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:143分■料金:1,000円■観賞日:6月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2013-12-25 21:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。