2013年08月26日

宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く

 いよいよ最終章。24日から始まったイベント上映に行ってきました。プログラム(パンフレット)収納ボックスは売り切れ・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 ガミラス本土決戦・・・になるかと思えた23話。波動砲でガミラス帝都崩壊・・・ではなく、こういうアレンジになるとは・・・!同じ波動砲でもこういう使い方ですか!感動しました。なんか泣きそうになりました。ただ、なぜデスラーが宇宙統一を目指すのか、それがなぜイスカンダルのスターシャのためなのか、なぜ新しいガミラスを築くために殆どの臣民を犠牲にする必要があるのか、もう少し説明して欲しかったところです。

 次の24話では遂にイスカンダルへ到達。古代守は残念ながら・・・。しかし、それが最終話の素晴らしい伏線になっています。地球に向けて旅立つヤマト。ユリーシャ、メルダとの別離は寂しい・・・。2人とガミラスの今後が気になります。そして、封印された艦首波動砲・・・。もう少しカッコ良いデザインでお願いします(笑)!

 問題の25話。劇場で上映するクオリティに達していない箇所を省略して(?)、時間短縮版で上映されました(TV、BD、DVDでは通常の尺になる)。むむむ。第六章の後半2話については“作画崩壊”との声もありまさが、僕はそれほど気になりませんでした。しかし、今回は・・・。作画崩壊ではなく、タッチ(画風)の違いと捉えるべきかもしれないのですが・・・。昔のヤマトも話数やシリーズによって、同じキャラクターでも別人のように顔が違うことがありましたが、この25話はそれに近い感じです。ものすごく濃い人間ドラマと艦内戦闘が展開される回だけに、惜しい気がしました。スタッフ・クレジットを見ると、この回はキャラクター総作画監督がおらず、キャラクター作画監督がやたらに多いです。何か仕上がりに関係あるのでしょうか?BD・DVDでは不足した尺を補うだけでなく、上映した部分のキャラクター作画もやり直して欲しいけど、時間的に無理でしょうねぇ〜。こんなことになるなら、TV放映は半年後でも良かった。途中休止を入れても良かった。スタッフの皆さんに余裕のあるスケジュールで、仕事をさせてあげたかったな・・・と感じます。

 そして、最終26話。「地球か。何もかも、みな懐かしい・・・」何も言うことはありません。感無量です・・・。

 宮川彬良さん、故・宮川泰さん親子による新旧音楽(劇伴)も、本当に素晴らしい。第七章ED曲『愛の星』(水樹奈々さん)も良いです。

 上映期間は2週間しかありませんが、できればあと1〜2回は観に行きたいです。

 2199はこれで終わりですが、白色彗星帝国編も『宇宙戦艦ヤマト2201』としてリメイクして欲しい。出渕総監督は続編より外伝に興味があるみたいですが・・・(BD・DVD特典の安彦良和氏との対談より)。ぜひ、外伝も製作して欲しい!デスラーがどのようにガミラスを統一したのか、その過程でのドメル、ディッツ、フラーケンの戦いも見たい。生き残ったガミラス側のキャラクター達のその後にも、イスカンダルの過去の過ちにも興味があります。また、地球と火星の内惑星戦争、ガミラス艦隊をなんとか退けたという第二次火星沖海戦、沖田と土方の若かりし頃、山本玲と亡くなった兄・明生の物語等々・・・。ぜひ、お願いしますぴかぴか(新しい)


宇宙戦艦ヤマト2199 公式サイト
http://yamato2199.net/
posted by ふくちゃん at 21:33| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(6) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> そして、封印された艦首波動砲・・・。もう少しカッコ良いデザインでお願いします(笑)!

こんちは。
何か引越屋が壊れないように梱包しましたみたいなデザインが即物的で凄いなと思いました。
Posted by ふじき78 at 2013年08月29日 19:04
ふじき78さん
>何か引越屋が壊れないように梱包しましたみたいなデザインが即物的
まさに仰る通り!言いえて妙です(笑)。
Posted by ふくちゃん at 2013年08月30日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章/そして艦は行く』(2013)
Excerpt: 『宇宙戦艦ヤマト2199』が一先ず完結しました。 色々な想いが錯綜してなかなかまとまらないのですが、思うがままに書き殴って行きます。ネタバレ全開になりますが、ご容赦のほどを! ああ、早く1話から最..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2013-08-26 22:59

宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く
Excerpt: 最後まで見応えある内容で面白かった。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2013-08-26 23:08

『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く』超ネタバレ注意
Excerpt: 「地球か...何もかも皆懐かしい」 「ありがとうー以上だ」 ------ ああ、
Weblog: まっきいのつれづれあれこれ
Tracked: 2013-08-27 11:18

[『宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く』を観た(前篇)]
Excerpt: ☆朝一で観てきました。  新宿ピカデリーは、大勢のファンが詰めかけているにもかかわらず、現場の管理が整然として、なんらストレスなく鑑賞できました。  さあ、いよいよ、ヤマトとともに、私たちも、一年..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2013-08-30 14:03

宇宙戦艦ヤマト2199 第七章  総監督/出渕 裕
Excerpt: 【声の出演】  菅生隆之(沖田十三)  小野大輔(古代 進)  桑島法子(森 雪/ユリーシャ)  山寺宏一(デスラー) 【ストーリー】 ワープアウトによって、イスカンダルとガミラスが存在するサ..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2013-08-31 22:54

[『宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く』を観た(2)]
Excerpt: ☆(これまでのあらすじ)・・・[『宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く』を観た(前篇)]をクリック参照のこと!    ◇  さて・・・、私・・・、気づいちゃったんです・・・(宇能鴻一郎風..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2013-09-01 08:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。