2007年04月09日

自炊生活:ある日の一品「黒七味のペペロンチーノ」

 池波正太郎さんの『鬼平犯科帳』『剣客商売』、宮部みゆきさんの『初ものがたり』、北森鴻さんの『メイン・ディッシュ』や<ビアバー香菜里屋>シリーズ、そして村上春樹さんの数々の小説とエッセイ・・・。

 「あぁ!コレ食べたい(飲みたい)exclamation×2

 文章の力だけでそう言わせるシーンがあるだけで、僕はその小説やエッセイの価値を認めてしまいます。

 坂木司さんによる<ひきこもり探偵三部作>、『青空の卵』、『仔羊の巣』、『動物園の鳥』にも、美味しそうな手料理が次々登場します。思わず生唾を飲み込ませるような力という点では、冒頭に挙げた作品たちに一歩譲るものの、最終作『動物園の鳥』の巻末には素敵なオマケが・・・。詳しくは読んでみて下さい。

  

 今回は『動物園の鳥』の中で登場した一品を作ってみました。「黒七味」という言葉に惹かれて(笑)。材料は1名分です。


「黒七味のペペロンチーノ」

1)にんにく(1/2片)はみじん切りにし、赤唐辛子(1/4本)は種を取り除いておく。
※例によって、赤唐辛子は最初から種無しの輪切りのものを使用しました。

2)フライパンにオリーブオイル(大さじ1)と1)を入れて弱火にかけ、こがさないようじっくり炒めて香りを引き出す。

3)たっぷりの塩を加えた熱湯でスパゲッティ(100g)をアルデンテに茹でる。
※100gのスパゲッティを茹でる場合、お湯1リットルに塩10gが常識とされますが、以前にも書いたように、僕の場合はお湯2リットルに塩20g。理由は単に鍋の形状の問題。水1リットルでは水深が浅すぎるためです。

4)にんにくが薄く色づいたらスパゲッティの茹で汁をお玉2分の1杯分加え、軽く煮立ったら火を止める。

5)4)のフライパンに茹で上げたスパゲッティを加えて手早く混ぜ合わせる。塩味が足らなければさらに茹で汁を加えて調節し、仕上げに黒七味(適量)をふる。

黒七味のペペロンチーノ
↑ 地味な見た目・・・。

 ほぼ作品に登場する通り、忠実に作りました。シンプルだけど、美味しいです。彩りを考えると、何か野菜を入れた方が良いような気がしますがわーい(嬉しい顔)


 さて、「黒七味」。

 Google検索したら、京都東山区の(株)原了郭さんばかりヒットしました。多分ここでしか「黒七味」は作ってないんでしょうね。ネット上の評判は上々。僕は全く知りませんでしたが、有名みたいです。

 で、『おこしやす祇園 香煎・黒七味 原了郭』というサイトには、次のような説明が。

創業は元禄16年(1704年)。赤穂義士の原惣右衛門の一子、儀左衛門が漢方医の山脇東洋に私淑。処方を伝授され創始した。後に出家して「了郭」と号し、一子相伝で現在の当主は十三代目です。秘伝の“御香煎”はお湯に入れていただく、いわば清涼剤。香煎は“御香煎”“青紫蘇香煎”“志そ香煎”“阿られ香煎”の四種。十代目から考案した、“黒七味”も香りと辛さを大切に製造しています。

 ・・・一子相伝ですよexclamation

 ペペロンチーノを作る前に、黒七味を手にとって舐めてみましたが、相当辛い!僕はわりに辛いもの好きですが、入れすぎないよう慎重にパラパラ振りかけました。

 原材料は、唐辛子、山椒の粉、白ごま、黒ごま、けしの実、麻の実、青のり。「唐辛子の赤が隠れるほど手揉みするため仕上がりはしっとりした濃い茶褐色」(商品に同封の栞より)で、麺類、味噌汁、鍋物、肉料理、トマトソースに合うそうです。

 いい薫りですよぉぴかぴか(新しい)


↓「黒七味」が購入できるサイトです。
京都wel.com
Kyoto Virtual Shopping Mall「京都が好き」


posted by ふくちゃん at 23:00| 兵庫 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 自炊生活:ある日の一品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黒七味、初めて聞きました。
私はふくちゃんの文章の力だけで「あぁ!コレ食べたい!!」と思わされてしまいましたよ(笑)。
「原了郭」さん、私も試したことはないのですが、数人の人が「ここの一味を食べたら、他はもう食べられない」と言っております。
そして、「”七味”より”一味”のが美味しいのをここの商品で初めて知った」とも・・・。
みんながみんな、口を揃えて言っております(笑)。
あと、事後報告になってしまいますが、このブログをリンク先に加えさせて頂きました。
もし、不都合があったら、遠慮なく言って下さいね。
Posted by めい at 2007年04月10日 07:38

黒七味のペペロンチーノ。。。
美味しそうだにゃぁ〜っ(V)o¥o(V)

ピリッとくる辛さは
人生の刺激と同じにゃのかにゃぁ〜っ(V)o¥o(V)

刺激満点の人生ならいいにょれふが
無知蒙昧に振り回される
悲哀たっぷりの人生とは
早くオサラバしたいにょらぁ〜っ(ーー;)

ふくちゃんさんも
早く伴侶を見つけて
幸せたっぷり喜びたっぷりににゃって
あの忌まわしい
悲哀たっぷりの世界から抜け出すにょらぁ〜っ(V)o¥o(V)
Posted by ある酎 at 2007年04月10日 08:56
>めいさん。
私はふくちゃんの文章の力だけで「あぁ!コレ食べたい!!」と思わされてしまいましたよ・・・ってホンマですか!?お世辞でも嬉しいです\(^o^)/。
七味より旨い一味・・・それも気になりますね。買ってみよ。
リンクありがとうございます!
こちらもリンクさせて頂きます。

>ある酎さん。
あんまり悩むと体に悪いですよ。
Posted by ふくちゃん at 2007年04月10日 23:44
こんばんわ☆

黒七味のペペロンチーノ、美味しそうですね〜!最近スパゲッティを食べてないので、余計食べたいです。

たしかに想像と違って見た目は地味かも……でもペペロンチーノってもともと見た目はシンプルですもんね。
それにしても美味しそーう…w
お腹がすいてるので、この写真は目の毒です。

私も黒七味に興味が湧いてしまいました。
肉料理とかにかけて食べてみたいな。
近いうちに、通販しちゃうかも(^_^;)
Posted by マメリ at 2007年04月11日 02:35
お久しぶりです。いつも私の拙いブログを御覧いただきまして誠に恐縮です。私も池波正太郎氏の大ファンです。以前”鬼平”に登場する”一本饂飩”というのを食べたくて自分で饂飩をうった事があります。結果はただの細長い”すいとん”に終わってしまいました。いつかまた挑戦したいと思っております。
Posted by 鉄下駄四十男 at 2007年04月11日 21:33
>マメリさん。
ぜひ、通販しましょ〜!
僕も、次、肉に使ってみるつもりです。

>鉄下駄四十男さん。
一本饂飩かぁ。成功したらレシピを教えて下さいね(笑)。
Posted by ふくちゃん at 2007年04月12日 00:02
黒七味、初めて知りました!
味も七味に近いんですか?
HP覗かせてもらったら、入ってる缶とかもおしゃれですね。
贈答品とかにも良いかも。
Posted by 35-lapis_lazuli at 2007年04月12日 23:34
>35-lapis_lazuliさん。
僕が買ったのは、八角竹入のヤツの小さなです。味や香りは普通の七味とはやはり微妙に違う感じです。贈り物にはピッタリだと思いますよ。
Posted by ふくちゃん at 2007年04月14日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。