2015年10月05日

映画『バクマン。』

 TVの予告・宣伝で、その映像表現に興味を持って『バクマン。』を観に行きました。原作漫画は知ってはいるけれど、読んだことはありません。


Story
“俺たち2人で漫画家になって、ジャンプで一番目指そうぜ!”2人の高校生が抱いた壮大な夢。優れた絵の才能を持つ“サイコー”こと真城最高(佐藤健)と、巧みな物語を書く“シュージン”こと高木秋人(神木隆之介)。クラスメイトの亜豆美保(小松菜奈)への恋心をきっかけにコンビを組んだ2人は、人気漫画雑誌、週刊少年ジャンプの頂を目指す。編集者・服部(山田孝之)に見出され、次々に漫画を生み出してゆくた最高と秋人。だがその前に、ジャンプ編集部と新進気鋭のライバルたちが立ちはだかる。そして、突如現れ、遥か先を走り始めた若き天才漫画家・新妻エイジ(染谷将太)。果たして2人は、ジャンプの頂点に立つことができるのか?!
(Movie Walkerより)


 漫画を描くという地道な作業を、ペン先が刻む音とリズムに音楽を絡ませたり、VFXやプロジェクション・マッピングを使ったりして、斬新なエンターテインメント表現に昇華させた点は素晴らしいと思いました。

 ただ、その手の映像は、事前にTVで観たものがほぼ全てだったようで、その分驚きは少なくなってしまいました。

 僕のように元々興味を持っていなかった人間を引き付けるという意味で、これらの映像には訴求力があると思いますが、見せ過ぎには注意してもらいたいです。

 ストーリーや登場人物に関しては、掘り下げ不足で、物足りなかったです。


〔満足度〕★★★☆☆

『バクマン。』公式サイト
http://bakuman-movie.com/
posted by ふくちゃん at 18:33| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(8) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427288540

この記事へのトラックバック

『バクマン。』実写映画の3つの魅力
Excerpt:  【ネタバレ注意】  週刊少年ジャンプの王道ともいえる新妻エイジのマンガに対抗するため、原作担当の高木秋人(たかぎ あきと)と作画担当の真城最高(ましろ もりたか)が編み出した戦法、それが「邪道..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2015-10-06 23:00

バクマン。
Excerpt: コレは実写化成功だな。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2015-10-12 00:09

『バクマン。』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「バクマン。」□監督・脚本 大根 仁□原作 大場つぐみ、小畑 健□キャスト 佐藤 健、神木隆之介、桐谷健太、新井浩文、山田孝之、       リリー・フランキー、宮藤..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2015-10-15 08:12

バクマン。
Excerpt:  『バクマン。』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『モテキ』の大根仁監督の作品とのことで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、『週刊少年ジャンプ』の編集部の部屋。様々なものが..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2015-10-30 06:44

ジャンプよ永遠なれ〜『バクマン。』
Excerpt:  作画担当の真城最高(佐藤健)とネーム担当の高木秋人(神木隆之介)の二人 は、高校二年生の夏休み最後の日、初めて描いた漫画を集英社に持ち込む。 そこには、憧れの漫画週刊誌 「少年ジャンプ」 の..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2015-11-04 08:32

「バクマン。」
Excerpt: 思えばマンガというものには幼少時から大変お世話になってきた。小学生の頃の「りぼん」を皮切りに、月に一回の「別マ」の発売日は楽しみだったなぁ〜。ちょうどその月一の日が誕生日と同じ日なので、一年に一回誕生..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2015-11-10 13:54

「バクマン。」 友情、努力、勝利
Excerpt: 大場つぐみさん、小畑健さんの「DETH NOTE」コンビのコミック「バクマン。」
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2016-07-18 06:58

バクマン。 (2015)
Excerpt: とにかく、キャスティングが抜群で、テンポよく、青春・成長物語として、とても面白く見ることが出来ました。さすが、大根仁監督作品。ディテールの遊び心が心憎いです。個人的に、唯一、ちょっと気になったのは、ち..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-08-15 14:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。