2007年10月26日

映画『パンズ・ラビリンス』

 水曜日、会社帰りに『パンズ・ラビリンス』を鑑賞。たびたび劇場で予告編を目にはしていたものの、いまひとつ興味は持てなかったのですが・・・。

 あちこちのブログで結構評判が良いのと、少し映画を観ない日々が続いて何だか映画欠乏症になり、「ああexclamation劇場でフィクションの世界に浸って、日常の垢を落としたいexclamation×2」という気持ちがどうにも高まってしまい、足を運びました。

 ま、予定ではもともと今週土日に『クワイエットルームにようこそ』と『自虐の詩』を観るつもりなんですけどね。


Story
1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したゲリラ鎮圧にあたるフランコ軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が現れ、森の中の迷宮へと導く。そこではパン(牧神)が人間界を見に行って記憶を喪い、人間となってしまった王女の帰還を待っていた。オフェリアはパンから魔法の王国に戻るための3つの試練を与えられるのだった。
(goo映画より若干改変)


 で、結論から申し上げますと、「面白い!楽しい!」というタイプの映画ではありません。

 でも退屈したかというとそんなこともなくて、初めのうちこそ睡眠不足で欠伸を連発しながら観ていたのですが(最近こればっか・・・ふらふら)、すぐに独特のダーク・ファンタジーの世界に引き込まれ、相当集中して最後まで鑑賞しました。

 オフェリアを異世界へ導く虫(=妖精)や牧神パンは不気味、巨大ガエルやペイルマンといった怪物たちの造型はグロい・・・バッド(下向き矢印)。そして、スペイン内戦後のフランコ政権とレジスタンスの抗争という歴史的事実の下に描かれる、オフェリアを取り巻く現実世界の過酷さ。異世界の怪物より、ファシズム野郎=人間の方がよっぽど怖いじゃねーかよ!などと思いながら、目を覆いたくなる「痛い」シーンを見続け・・・(PG12は妥当かも。夢に出るぞ)。

 オフェリアにとって、ハッピーエンディングなのか、それともアンハッピーエンディングなのか・・・複雑な感慨を残すラストでした。

 ちなみに、パンフレット掲載のインタビューでは、監督自身はハッピーエンディングであると答えていますね。

 そのパンフレットでは、大学教授で評論家の中条省平氏が、この映画はイニシエーション(通過儀礼)の物語、すなわち3つの試練を乗り越えることで少女が大人になる成長の物語だと書き、監督のインタビューを担当したジャーナリストの佐藤久理子氏は、この映画の最大の特徴はファンタジーにありがちなイニシエーションの物語ではないことにある、なぜなら大人になることを拒否した少女の物語だからだと述べています。

 真逆の捉え方ですね。面白いです。僕自身は佐藤派かなぁ。インタビューを読んでも監督の意図はこちらでしょう。正解は観る人それぞれにあっていいとは思いますがわーい(嬉しい顔)

 それはともかく、今の世の中にはフィクションを凌駕するような出来事が、時に現実の世界で起こります。そんな現実の前で、物語は無力だと言う意見もあるでしょう。でも、本当に優れた物語には、その物語と接した人間を変えることで現実を変える力があるし、ズッポリと物語に没入した後では、その人はそれまでとは少し(あるいは全く)違う地平にいたりするのです。

 ・・・という意味のことを村上春樹氏はよく語っていたと思いますが、そんなことをちょっと連想した映画でした。


『パンズ・ラビリンス』公式サイト
http://www.panslabyrinth.jp/
ラベル:映画レビュー
posted by ふくちゃん at 00:49| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(26) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
観に行かれたんですね。私にとっては感想の
難しい映画でした。良いとも悪いとも言いがたい
ような。パンフレットは売り切れで買えなかった
のですが、ちゃんと読んでみたくなりました。
「クワイエットルーム」、昨日観に行ってきましたよ(^^)
Posted by mirai-creek at 2007年10月27日 12:11
>mirai-creekさん。
うん、そうですね。
画面に引き込まれて没入はしましたが、好きな映画かどうか聞かれると、正直困ります(笑)。
Posted by ふくちゃん at 2007年10月27日 23:51
初めまして!TBありがとうございました。
私も、久理子さんの意見に1票です。
イニシエーションのように見えて、そうでないところがポイントなのかもしれませんね。
彼女自身が拒否したのか、それとも人間の残虐さによって、そういう状態に追い込まれたかは別として。
Posted by とらねこ at 2007年10月30日 03:38
>とらねこさん。
試練によって少年少女が大人になるというのは、ファンタジーの定型ですけど、この映画にはそれは当てはまりませんね。
オフェリアにとっては、人間世界こそが異世界だったのでしょうか。
Posted by ふくちゃん at 2007年10月30日 21:16
こんにちは♪
あれをハッピーエンドとは捉えることが出来ませんでした。
現実世界でもオフィリアには幸せになってほしかったです。
力のあるファンタジーにすっかり魅せられてしまいました。
Posted by ミチ at 2008年01月13日 12:03
>ミチさん。
確かにどんなに苦しくとも現実こそが生きるべき世界だと考えると、あれはハッピーエンドではありませんね。
あえて分かりやすい結末を回避したところに、この映画の良さがあるような気がします。
Posted by ふくちゃん at 2008年01月14日 16:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

パンズ・ラビリンス
Excerpt: だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 原題 EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 製作年度 2006年 製作国・地域 メキシコ/スペイン/アメリカ..
Weblog: to Heart
Tracked: 2007-10-27 00:26

「パンズ・ラビリンス」レビュー
Excerpt: 「パンズ・ラビリンス」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:セルジ・ロペス、イバナ・バケロ、アリアドナ・ヒル、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、他 *監督:ギレルモ・デル・..
Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター
Tracked: 2007-10-27 14:44

パンズ・ラビリンス
Excerpt: いい歳をして、まだそんな本を読んでいるオトナや、トラウマになろうとも、やっぱりコドモにも観てほしいエグいファンタジー。 少女オフェリアは、めったに笑顔を見せてくれない。 それ故、彼女の笑った顔は、..
Weblog: 描きたいアレコレ・やや甘口
Tracked: 2007-10-27 23:55

『パンズ・ラビリンス』
Excerpt: 監督:ギレルモ・デル・トロ CAST:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス 他 アカデミー賞美術賞、メイクアップ賞、撮影賞 他受賞 1944年、内戦終結後も荒れるスペイン。父...
Weblog: Sweet* Days**
Tracked: 2007-10-28 06:47

パンズ・ラビリンス
Excerpt: 哀しみと希望が交差するダークファンタジー。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-10-28 10:32

「パンズ・ラビリンス」
Excerpt: 「パンズ・ラビリンス」 2006年/メキシコ、スペイン、アメリカ/監督、脚本:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ 想像以上に..
Weblog: 音タイム日和。
Tracked: 2007-10-28 10:43

映画「パンズ・ラビリンス」
Excerpt: 原題:Pan's Labyrinth この映画での"PG-12"の意味は、成人保護者同伴で小学生を映画館に連れて行って、是非観せてあげてくださいという意味に違いない・・教育指導的..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-10-29 00:20

「パンズ・ラビリンス」:表参道バス停付近の会話
Excerpt: {/hiyo_en2/}表参道とか原宿とかって、個性的なお店がいっぱいあるんだけど、どこに何があるのかよくわからないのよね。 {/kaeru_en4/}まったく、迷宮みたいな町だもんな、このあたりは..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2007-10-29 19:18

パンズ・ラビリンス/イバナ・バケロ
Excerpt: 10/5に公開された作品の中では文句なしの本命映画です。内容よくわかんなくてもあの予告編の印象、その映像美だけでドキドキさせられちゃうものがありましたね。各映画賞受賞うんぬんの肩書きなんてのはともかく..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2007-10-29 23:50

#155.パンズ・ラビリンス
Excerpt: 毒々しい残酷なファンタジーに喝采を!ああ、素敵だな・・・ウットリするよ。素晴しい!本当に素晴らしい!
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2007-10-30 03:39

パンズ・ラビリンス
Excerpt: 2006年度私的ナンバー1映画だった「トゥモロー・ワールド」 の凄まじい撮影、アカデミー賞撮影賞取らなきゃウソだろーって 思ってましたが、見事に逃して賞を持っていったのがこの作品。 いっ..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2007-10-31 21:58

★「パンズ・ラビリンス」
Excerpt: 今週の週末レイトショウは、オスカー3部門受賞の話題作。 といっても、撮影賞・美術賞・メイクアップ賞ですが。 ともかく、予告編見る限りは、ダーークなファンタジーな感じがプンプン。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-11-04 03:21

【映画】パンズ・ラビリンス
Excerpt: ■状況 MOVIX伊勢崎にて無料鑑賞券で観賞 ■動機 各映画評で好評だった為 ■感想 すみません。無料で観ちゃってごめんなさい。 ■あらすじ 1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2007-11-18 23:00

『パンズ・ラビリンス』この映画を見て!
Excerpt: 第189回『パンズ・ラビリンス』  今回紹介する作品は今年公開された映画の中で私が一番お薦めの映画『パンズ・ラビリンス』です。 本作品は1944年のスペイン内戦下を舞台に過酷な現実を生き抜くために架空..
Weblog: オン・ザ・ブリッジ
Tracked: 2007-12-02 23:32

パンズ・ラビリンス
Excerpt: ある番組で「10年に一度の映画だ!」とベタぼめしていて、 あと「この結末は誰にも予想できない!」とかの触れ込みで 気になって、気になって。。。 全く私は、思う壺型の人間だな。( ^ _ ^; ..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-12-05 01:34

『パンズ・ラビリンス』本来童話とは現実の残酷さを教えるもの
Excerpt: いろんな世代、体験次第で見方が変わる傑作。誰かにとっては道を左右するほどの傑作、誰かにとってはお金のムダになるすごい作品。
Weblog: よろ川長TOMのオススメ座CINEMA
Tracked: 2007-12-06 00:20

パンズ・ラビリンス(T_T)/~~~迷宮へようこそ・・・・。
Excerpt: ファンタジーの中に、現実を見る   10月26日、「題名のない子守唄」鑑賞後、この映画を鑑賞した。どちらもかなり重たい作品だった。特にラストシーンは、かなり衝撃的だったでも多分主人公自身..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2007-12-08 00:45

パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」
Excerpt: カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
Weblog: CARAMEL*PAPA
Tracked: 2007-12-11 03:24

スペイン版、ダーク・ファンタジー杜子春●パンズ・ラビリンス
Excerpt: パンの迷宮を抜け出す鍵の名は心。 『Pan's Labyrinth』 『パンズ・ラビリンス』 ウィキペディア(Wikipedia) スペイン内戦で父親を亡くした...
Weblog: Prism Viewpoints
Tracked: 2008-01-12 01:50

映画 【パンズ・ラビリンス】
Excerpt: 映画館にて「パンズ・ラビリンス」 ギレルモ・デル・トロ監督による、アカデミー賞3部門受賞のダーク・ファンタジー。 おはなし:1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してし..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2008-01-13 12:01

パンズ・ラビリンス
Excerpt: 2006年 メキシコ・スペイン・アメリカ 2007年10月公開 評価:★★★★★
Weblog: 銀の森のゴブリン
Tracked: 2008-04-14 19:21

『パンズ・ラビリンス』
Excerpt: これはホントに見たかった! 見逃していたのでDVDにて鑑賞。これは映画館で見たかった・・・(涙) 「1944年フランコ独裁政権下のスペイン。父を亡くしたオフェリアは、身重の母と共に継父ビダル大尉..
Weblog: ・*・ etoile ・*・
Tracked: 2008-05-31 03:19

『パンズ・ラビリンス』'06・メキシコ・西・米
Excerpt: あらすじ1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2008-06-18 11:12

【映画】パンズ・ラビリンス…良作、高評価、オススメ!…然し再鑑賞は躊躇
Excerpt: さて(個人的に)三連休の真ん中な本日ですが、今日も雨{/kaeru_rain/}&特にすることも無いピロEKです{/face_ase2/} 来月(7月)は、職場の引っ越しやらナニやらで実に忙しそうで、..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2008-06-29 16:51

『パンズ・ラビリンス』を観たぞ〜!
Excerpt: 『パンズ・ラビリンス』を観ました1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジーです>>『パンズ・ラビリンス』関連原題: ELLABERI..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2009-08-09 22:34

パンズ・ラビリンス
Excerpt: パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリ..
Weblog: RISING STEEL
Tracked: 2010-12-04 13:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。