2007年10月28日

映画『クワイエットルームにようこそ』

 今年30本目は、内田有紀主演・松尾スズキ監督の『クワイエットルームにようこそ』を梅田ブルク7で。


Story
佐倉明日香(内田有紀)は28歳バツイチのフリーライター。同棲相手の売れっ子放送作家・鉄雄(宮藤官九郎)のツテでようやく手にした連載コラムの執筆には行き詰まり、別れた旦那の自殺以来続く不眠症は相変わらず。仕事に追われる多忙な毎日の中、目覚めた明日香は真っ白な部屋のベッドに拘束されていた。クールなナースの江口(りょう)からは「アルコールと睡眠薬の過剰摂取により、丸2日間昏睡状態だった」と説明される。明日香のいる部屋は精神病院の女子閉鎖病棟内にある保護室、通称「クワイエットルーム」。患者のひとり、「食べたくても食べられない」というミキ(蒼井優)の言葉によると、「人に迷惑をかけたり、自分の命を粗末にするダメな人を閉じ込めておく部屋」であり、どうやら自殺未遂扱いされたらしいが、記憶のあちらこちらが欠如した明日香は「自分が死のうとするはずがない」と戸惑うばかり。だが、見舞いに来た鉄雄やその子分・コモノ(妻夫木聡)、非日常的な空間で様々な患者と接するうち、なぜここに運び込まれることになったのか、少しずつその記憶と苦い思いが甦り始める・・・。


 笑いとドタバタに包まれてはいますが、非常に重苦しいモノを抱えた映画。しかし、そこは原作・脚本・監督・振り付けの松尾さんのセンスで、楽しいエンターテインメント作品に仕上がっています。特に、クドカンの演技は最高exclamationこんなに上手い役者だったとは。ちょっと情けないようにも見えるけど、鉄雄はいいヤツだ。

 拒食症役の蒼井さんは体重を絞り込み、鋭い目付きでいつもとは全く違う雰囲気。化けましたねぇ。元AV女優の過食症患者・西野役の大竹しのぶさん、明日香が全てを思い出すきっかけとなるくだりの演技は狂気と邪気を感じさせます。妻夫木君のハイテンション・キャラも笑えるわーい(嬉しい顔)

 そして、主演の内田さん。TVドラマで観ているとあんまり分かりませんけど、もうすっかり役者ですねぇ。辛く痛い話なんですが、彼女のおかげでどこか前向きな空気が醸し出されています。日々元気で明るく楽しそうに過ごしているけど、面白く生きるなんて本当は自分には無理・・・。明日香と似たような“しんどさ”を抱えている人たちが見ると、笑いながらも泣けるかもしれません。

 一種の「自分探し」(嫌いな言葉バッド(下向き矢印))の映画でもあると思いますが、「自分探し」なんて必要ない。今、ここにある自分を、ダメなところも含めて、とりあえず受け入れることの方が大事。それはより良い自分を諦めることと決してイコールじゃないし、ラストシーンには元気がもらえるでしょうグッド(上向き矢印)

 あと、Loves.というユニットが唄う主題歌『Naked Me』がカッコいいでするんるん。洋楽かと思ったら邦楽でした。

 それはそうと上映中に劇場を出入りするなら、スクリーンの前では腰を屈めてもらいたいなぁ・・・たらーっ(汗)。今日はちょっと酷かった。


『クワイエットルームにようこそ』公式サイト
http://www.quietroom-movie.com/


posted by ふくちゃん at 23:56| 兵庫 | Comment(7) | TrackBack(21) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
重いテーマでも、出てくる俳優さんたちが個性的
過ぎてどこか笑えてしまうんですよね。
私も「自分探し」という言葉はなんだか違和感が
あって好きになれないのですが、この映画では
自分と向き合うテーマとしても良く作りこんで
いましたね。
Posted by mirai-creek at 2007年10月29日 19:51
>mirai-creekさん。
西野さんの“詮索”で畳み掛けるように全てを思い出すシーンは特に痛かった・・・。
重い映画をただ重く撮るって、考えようによっては普通のことですよね。
そういう意味でセンスある映画だなと思いました。
Posted by ふくちゃん at 2007年10月29日 23:36
やっと今日、観に行ってきました。
松尾スズキさん、「イン・ザ・プール」を読んで、独特な毒、というか笑いが好きだったので、この映画は絶対に観たかったんです。
どの女優さんも素晴らしい演技でしたが、私は高橋真唯さんも若いのにすごいわ・・・と思ってしまいました。
Posted by めい at 2007年11月03日 18:13
こんばんは。
濃いキャラクターたちの中でハリセンボンが
なぜ出演しているのかよくわかりませんでしたが、
あの風貌はこの映画にぴったりだった気もします。
ちょっと拾い物の映画でした。
Posted by ジョー at 2007年11月03日 18:43
>めいさん。
確かに、印象的な女優さんが多かったですね。
平岩紙さん、筒井真理子さん、中村優子さんも良かったです。

>ジョーさん。
はるかさんはともかく、春菜さんは見逃しました。
でも、謎のキャスティングですね(笑)。
Posted by ふくちゃん at 2007年11月03日 23:02
こんばんは♪
gooへTBができるようになって本当に良かったデス。
これからまたよろしくお願いいたしますね!

これはかなり難しい問題を扱った作品でした。
コメディタッチではあったのですが、なんだか笑っていいのかいけないのか自分の中で迷ってしまって、結局はあまり楽しめなかったのです。
デリケートすぎる題材は見ているこちらのスタンスも難しいなと思いました。
Posted by ミチ at 2008年05月21日 22:28
>ミチさん。
確かにデリケートな題材ですね。
シリアスに撮るのは普通にできることだと思うのですが、あえて笑いで撮ろうというのは、ある意味、度胸があるなぁ・・と感心します。
松尾氏は決して生き辛さを茶化したり、虚仮にしているわけではなく、温かい眼差しを注いでいるように思えました。
Posted by ふくちゃん at 2008年05月22日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画「クワイエットルームにようこそ」
Excerpt: 個性あふれる豪華キャストで それぞれの役どころがとてもおもしろかったです{/face_warai/} 何とも言えない笑いが「松尾ワールド」の良さなのかな{/eq_1/}{/eq_1/} ..
Weblog: happy♪ happy♪♪
Tracked: 2007-10-29 07:30

クワイエットルームにようこそ
Excerpt: 「クワイエットルームにようこそ」の試写会に行って来ました。 今回は、CINEMA CAFEによるブロガー試写会です。 会場は、豊洲のシネコンです(やはり映画館で観れるのは嬉しい) もっとブロガー..
Weblog: アートの片隅で
Tracked: 2007-10-29 13:54

クワイエットルームにようこそ
Excerpt: 眼が醒めると、隔離病室で5点拘束されていた。ここはどこ?私は何をした? 佐倉 明日香さくら あすか(内田有紀)は、800字のコラムを書く締め切りのはずが、気がつくと、仕切りのない便器がある真..
Weblog: 描きたいアレコレ・やや甘口
Tracked: 2007-10-29 14:27

クワイエットルームにようこそ
Excerpt: ブロガー試写会に招待されました。 場所は豊洲のシネコン。 遠いけれど、綺麗ですよね。 お店、沢山あって楽しいし♪ でも遠い。(T^T) 佐倉明日香、28才、バツイチ。職業フリーライター。..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-10-29 14:51

「クワイエットルームにようこそ」
Excerpt: 「クワイエットルームにようこそ」 2007年/日本/原作、監督、脚本:松尾スズキ 出演:内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、妻夫木聡、大竹しのぶ 重いテーマではあるけど、松尾スズキ..
Weblog: 音タイム日和。
Tracked: 2007-10-29 19:51

クワイエットルームにようこそ
Excerpt: 今年は俺にとって松尾スズキ元年(謎)。 この3週間はそのピークで、『ヒートアイランド』への出演をチェックし、『クワイエットルームへようこそ』を大いに楽しみ、11月4日のミュージカル『キャバレー』観劇に..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2007-10-29 21:35

映画:クワイエットルームにようこそ 試写会
Excerpt: クワイエットルームにようこそ ブロガー試写会(ユナイテッド・シネマ豊洲) 「life_is_happy@loop.com 」 なんというか、観終わったあと呆然。えーっ!と思いありえねー..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2007-10-30 10:12

● 「クワイエットルームにようこそ」
Excerpt: 映画「クワイエットルームにようこそ」を観た。 精神科病院の女性ばかりの閉鎖病棟という 特殊な空間でのお話。 日本では、精神病ものってタブーな風潮が あるのに、これだけ..
Weblog: 月影の舞
Tracked: 2007-10-30 14:41

クワイエットルームにようこそ
Excerpt:  評価:☆  評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)  『あらすじ』  雑誌のライターをする明日香は、締..
Weblog: 何書☆ねくすと
Tracked: 2007-10-30 15:11

『クワイエットルームにようこそ』
Excerpt: 久しぶりの映画鑑賞です。お友達の試写での評判がよいので映画館へ。監督・原作・脚本:松尾スズキ 歌:LOVES. 出演:内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、妻夫木聡、大竹しのぶ、中村優子 制作データ:..
Weblog: たーくん'sシネマカフェ
Tracked: 2007-10-31 20:51

クワイエットルームにようこそ
Excerpt: 大人計画主宰の松尾スズキ監督長編第二作。 芥川賞候補になった原作は以前読んだことがあったんですが、 ものの3時間もあればサクっと読める長さの小説で、 松尾さんらしい題材と内容のものだった..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2007-10-31 21:47

【2007-150】クワイエットルームにようこそ Welcome to The Quiet Room
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 佐倉明日香 28歳・ライター・バツイチ めくるめく 再生の14日間 わたしは ここ で 生まれ変わるのだ
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-10-31 22:15

クワイエットルームにようこそ 【称号:佳作】
Excerpt: 28歳でバツイチの明日香は、締め切りに追われるフリーライター。同棲相手の放送作
Weblog: 映画細胞〜CinemaCell
Tracked: 2007-11-01 22:21

クワイエットルームにようこそ
Excerpt: 静粛に ただいま人間 改造中   とりあえず、内田有紀殿、お久し振りでございます。いろいろおありになったかとは存じますが、素晴らしき世界の中で、もがき楽しみ活躍するよな好抜擢な役柄を思う存分..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2007-11-02 22:59

「クワイエットルームにようこそ」:東京駅八重洲口バス停付近の会話
Excerpt: {/hiyo_en2/}この白い通路は? {/kaeru_en4/}東京駅の地下にできた「グラン・スタ」っていう駅ナカ飲食店街に続く通路だ。 {/hiyo_en2/}この白っぽさは、なんだかクワイエ..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2007-11-03 17:18

「クワイエットルームにようこそ」
Excerpt: 久々に映画を観た気がします。「クワイエットルームにようこそ」を観ました♪↓原作本
Weblog: めいのハマリモノ
Tracked: 2007-11-04 06:04

【劇場映画】 クワイエットルームへようこそ
Excerpt: ≪ストーリー≫ 佐倉明日香は28歳のフリーライター。ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり、同棲相手ともすれ違いが続く微妙な状態。そんなある日、明日香は気がついたら、真っ白な部屋のベッドに拘束..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2007-11-11 01:42

クワイエットルームにようこそ(-_-)zzz
Excerpt:   Welcome to The Quiet Room ようこそ、この世界の果てのワンダーランドへ   10月30日、MOVX京都にて鑑賞。あの「大人計画」の主宰者、松尾スズキが、原作..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2007-12-11 02:10

【クワイエットルームにようこそ】 DVD
Excerpt: DVDが出たら、即、鑑賞させていただきます。 あれから、随分日にちがたちましたけど、ゆっくり鑑賞させていただきました… 仕事も恋愛も微妙な28歳のフリーライター明日香(内田有紀)は、あ..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2008-05-16 10:29

映画 【クワイエットルームにようこそ】
Excerpt: 映画館にて「クワイエットルームにようこそ」 松尾スズキが、芥川賞候補となった自身の同名小説を映画化。 おはなし:バツイチ28歳のフリーライター明日香(内田有紀)は、ある日、目が覚めると見知らぬ部屋..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2008-05-21 22:25

『クワイエットルームにようこそ』'07・日
Excerpt: あらすじ佐倉明日香は28歳のフリーライター。ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり同棲相手ともすれ違いが続く微妙な状態。そんなある日、明日香は気がついたら真っ白な部屋のベッドに拘束されていた。ア..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2008-11-11 21:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。