2008年02月03日

映画『迷子の警察音楽隊』

 仕事のバタバタと風邪でブログの更新はすっかり放置あせあせ(飛び散る汗)。そんな中でも映画は観に行くのです。真っ暗闇の中で、映画の世界に没頭すること。これが今の僕の大切な気分転換ですからるんるん

 そんなわけで映画以外にも書きたいことはあるのですが、映画レビューが続きます。

 で、今日は、昨年のカンヌ国際映画祭で、ある視点部門“一目惚れ賞”、国際批評家連盟賞、ジュネス賞の3冠に輝いたイスラエル映画『迷子の警察音楽隊』です。“一目惚れ賞”はこの映画のために特別に設定された賞だとか。

 え〜、すいませんが、多少、というか、かなりネタバレです。これから観る方はStoryから公式サイトのあたりまで、読まない方が・・・。


Story
イスラエルの空港に降り立った、水色の制服に身を包んだ8人の男たち。彼らはイスラエル国内に建設されたアラブ文化センターの竣工記念演奏会に招待されたエジプトのアレキサンドリア警察音楽隊である。ところが、手違いのためか、空港には誰の出迎えもない。25年間、何でも自力で成し遂げてきたことを楽団の誇りとする厳格な団長トゥフィークは、大使館に頼ろうとする団員を制し、初めて地でも自らの力で目的地へ向かうことを決断、常に反抗的でやる気のない若い団員カーレドに案内所で経路を確認させる。やがて、バスは到着するが、一行が辿り着いたのは本来の目的地Pe-tah-tikva(ペタハ・ティクバ)ではなく、Be-tah-tikva(ベイト・ティクバ)。エジプトに戻ったら「懲戒委員会にかける」とカーレドに告げるトゥフィーク。それはともかく、演奏会は明日の夕方。小さな街にバスは1日1本で、ホテルも無い。途方に暮れた一行に救いの手を差し伸べてくれたのは、食事に寄った小さなカフェを営む独身の中年女性ディナ。自宅と店、そして店に居合わせた常連客イツィクの家に皆を泊めてくれることになり、トゥフィークは問題児カーレドを引き連れて、ディナの家へ・・・。


 ハンサムでプレイボーイなカーレドですが、美しいディナが興味を持ったのは、謹厳実直なトゥフィーク。遠慮する彼を、やや強引にドライブに連れ出だします。自由で闊達、奔放に見える彼女ですが、トゥフィークとの何気ないやりとりの中に、孤独がチラリと覗きます。

 近付くようにも見えた2人の心ですが、トゥフィークのガードは堅い。威厳ある団長である彼の、少し臆病な心が垣間見えます。そして、終盤では、そんな彼の心の傷も明かされますが、そこにもやはり、孤独が漂います。

 映画は、このディナとトゥフィークのパートのほか、ディナのカフェで知り合った青年パピのWデートに割り込んだカーレド、イツィクの家庭(妻と両親)で過ごす3人の団員の3つのパートに別れて、それぞれの一夜を描き出します。

 奥手の青年パピが、カーレドの手取り足取りの指導で、ブラインド・デートの相手と結ばれるエピソードは可愛らしい。生意気なカーレドが憎めないヤツに見えてきます。

 1年以上失業しているイツィクは家庭では肩身が狭そう。妻とも上手く行ってないようですし、両親の仲も微妙。放り込まれた3人の団員は気詰まりで固まっています(笑)。しかし、かつてバンドを組んでいたという父親(イツィクの父か、妻の父かよく分からない)が名曲“サマー・タイム”を口ずさみ始めると、皆が歌いだし、ムードが変わります(ま、この時だけですけどわーい(嬉しい顔))。

 家の前に戻ってきたディナとトゥフィーク。ここで彼女は思いをぶつけます(多分)。それはストレートな愛の告白などではなく、いわば単なる世間話なのですが・・・。トゥフィークは応えます。「ディナ、君はいい女性だ」

 トゥフィークが彼女の名前を呼ぶのは、この一度だけ。

 そこへカーレドも戻ってきて、3人は家の中に。カーレドは、ディナに「チェット・ベイカーは好き?」(だったかな)と聞き、名曲“マイ・ファニー・バレンタイン”を歌い出します。いつも使う口説きの手口。だが、ディナは「知らないわ」とツレナイ反応。ところが、意外にもトゥフィークが「大好きだ。レコードは全部持っている」と応え、トランペットで吹いてみろとカーレドに命じます。ワン・フレーズ吹き終えたカーレドに、「低音が弱いな。でも、悪くない」。2人の心が通うような一瞬に心が和みます。

 “サマー・タイム”といい、“マイ・ファニー・バレンタイン”といい、音楽の持つ力をさりげなく見せてくれますね。

 もっとも、この後、3人でワインを飲みましょうというディナの誘いを「明日早いから」と断って一足先に眠りについたトゥフィークは、夜中に目覚めて、偶然にも驚きの(そして観客には半ば予想される)光景を目にしまうことになりますが・・・。

 翌朝、トゥフィークは団員を代表して、ディナに「奥さん、お世話になりました」と心を込めて丁寧にお礼を言います。ディナは「行き先はペタハ・ティクバよ」と町名を書いた紙を手渡します。何か言いたそうな2人ですが、互いに言葉が出ません。

 ぎこちなく手を振って別れを告げるトゥフィーク。

 このシーンがまたいいのですexclamation

 手を振り返すディナ。そして、トゥフィークの合図(指揮のよう)で、一斉に手を振る団員たち。

 その後、ラスト・シークエンスに移行して映画は終わりますが、爽やかなエンディングでした。

 87分の短い映画。登場人物の背景などに詳しい言及はなく、特に大きな物語もありませんが、人生の哀歓や一期一会の素晴らしさが確かに溢れていますぴかぴか(新しい)


『迷子の警察音楽隊』公式サイト
http://www.maigo-band.jp/


 ところで、シネ・リーブル梅田&神戸PRESENTS“グランプラリー”はこれで完走です。2006年ベルリン国際映画祭・金熊賞『サラエボの花』、2007年カンヌ国際映画祭・審査員賞『ペルセポリス』、2007年東京国際映画祭・東京サクラグランプリの『迷子の警察音楽隊』の3作品を見た人の中から、抽選で2ヵ月間有効のフリー・パスポートや劇場招待券などが当たるんですねぇ〜。楽しみグッド(上向き矢印)

 あ、風邪はようやく(ほぼ)完治しました。胃が小さくなったみたいで、食欲が戻っても、食べる量は戻りません。ま、燃費の良い体になったということで・・・わーい(嬉しい顔)


posted by ふくちゃん at 20:49| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(7) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪
なんといってもディナと隊長とカーレドの関係が良かったです。
隊長は生真面目な人だけに一夜限りの関係を良しとしなかったんでしょうね。
また、カーレドはディナのやりどころのない気持ちを分かってあげたんだろうな〜。
(かなり恋に慣れた人でしたから・笑)
サマー・タイムとかマイ・ファニー・バレンタインなんかの使われ方がとても良かったです〜。
Posted by ミチ at 2008年06月03日 23:50
>ミチさん。
あの生真面目さには大人の哀愁がありましたね。
渋いです。
Posted by ふくちゃん at 2008年06月04日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『迷子の警察音楽隊』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「迷子の警察音楽隊」□監督・脚本 エラン・コリリン □キャスト サッソン・ガーベイ、ロニ・エルカベッツ、サーレフ・バクリ、カリファ・ナトゥール、イマド・ジャバリン、ターラク・..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2008-02-03 22:32

★「迷子の警察音楽隊」
Excerpt: 今週は三連休なので、2日連続レイトショウ鑑賞しましたぁ。 今回は川崎チネチッタで・・・。 いやいや、イスラエル映画は初めてじゃないかなっ。 見慣れない文字(ヘブライ語かアラビア語)が出てきた時に..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2008-02-04 01:57

【2008-34】迷子の警察音楽隊(THE BAND'S VISIT)
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 公演のためやってきた エジプトの警察音楽隊が イスラエルで迷子になった エジプトからやってきた 音楽隊が届けたものは、 人が恋しくて、 家..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2008-02-20 23:35

映画 【迷子の警察音楽隊】
Excerpt: 映画館にて「迷子の警察音楽隊」 カンヌ映画祭で好評を得、東京国際映画祭の最高賞を受賞したイスラエル映画。 おはなし:文化交流のためイスラエルにやって来たエジプトのアレキサンドリア警察音楽隊のメンバ..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2008-06-03 23:47

mini review 08305「迷子の警察音楽隊」★★★★★★★★★☆
Excerpt: 隣国同士でありながら、長い間敵対してきたイスラエルとエジプトの市民が音楽を通じて交流を深める夢のような一夜の物語。1990年代のイスラエルを舞台に、ユダヤの地に迷い込んだエジプト人と、現地のユダヤ人の..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2008-06-25 13:36

迷子の警察音楽隊
Excerpt: 2007年 イスラエル・フランス 2007年12月公開 87分 評価:★★★★☆
Weblog: 銀の森のゴブリン
Tracked: 2008-07-01 22:22

映画「迷子の警察音楽隊」
Excerpt: 原題:Bikur Ha-Tizmoret/The Band's Visit いかにもコメディを思わせるタイトルだけど、これがなかなか人間味溢れるハートウォーミングな物語、さすがに各国で34もの受賞が..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2009-02-17 01:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。