2008年02月21日

自炊生活:ある日の一品「ねぎま鍋」

 今日は仕事休み。

 あぁ、でも観たい映画が無いふらふら。23日までは当面我慢です。

 そんなわけで、PPVで新海誠監督の『秒速5センチメートル』を観ました。これ劇場で観たかったんですけど、結局行かなかったんですよねぇ・・・。

 3つのショート・ストーリーからなる作品で、第1話はあまりにセンチメンタル過ぎて、どうかなぁ・・・と思ったんですけど、第2話を挟んで、最後の第3話でそれが生きてくるグッド(上向き矢印)。その第3話、セリフは冒頭のみで、あとは山崎まさよしさんの『One more time, One more chance』のPV状態なんですけどるんるん、これが痛くて切ない。女性は現実的で強い、それに引き換え男は・・・ですねぇ。

 思わず、この後VODで『ほしのこえ』『雲の向こう、約束の場所』と立て続けに新海作品を観てしまいました。まあ、どれも短い映画で、3本観ても3時間ぐらいですけどね。

 ということで、今日の夕飯。


「ねぎま鍋」

1)白ねぎ(1/2本)は斜め薄切りにする。

2)鮪のさく(100g)は、厚さ1cm弱のそぎ切りにする。

3)1)を鍋の底に敷き詰め、その上に2)を敷く。

4)醤油(大さじ2)、酒(大さじ2)、材料がかぶる程度の水を入れて、火にかける。

5)煮立って、鮪に火が通ったら、火を止めて割りほぐした卵(2個)をまわしかけ、ふたをして余熱で半熟程度に火を通す。
※お好みで、山椒や七味を散らしても良いでしょう。

ねぎま鍋

 鮪から出る美味しいだしを味わえる簡単メニューです。もっとも、僕は2)の作業が上手くできませんでしたがあせあせ(飛び散る汗)。それに、冷蔵庫を開けたら、卵が1個しか・・・。卵とじみたいにすのが、良いのですけどね・・・たらーっ(汗)


 話は戻りますけど、新海作品は良いです。『ほしのこえ』『雲の向こう、約束の場所』はSFなので、それだけで敬遠する人もいるでしょうけど、たまたまSFというだけで、作品の本質とは関係のないこと。普段アニメを観ない人でも、その美しい映像や思春期の少年・少女を主人公にした抒情的なストーリーは楽しめると思いますよ。


ラベル:レシピ ねぎま
posted by ふくちゃん at 00:04| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 自炊生活:ある日の一品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

お久しぶりにゃにょら(V)o¥o(V)

ねぎま鍋・・・

ゎらひが東の国で作ったときは
卵ではとじなかったにょれ

昆布と鰹節で出汁とって
塩、酒、濃口醤油で味調えて
鮪と白葱投入して
皆で一杯やったにょらぁ〜っ(V)o¥o(V)
Posted by ある酎 at 2008年02月25日 20:27
>ある酎さん。
久しいですね。
僕が参考にしたレシピでは、水は使わず、酒と醤油のみでした。
一度それでやってみて、あまり好みの味では無かったので、少し変えて再チャレンジしてみました(^^)。
Posted by ふくちゃん at 2008年02月25日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。