2008年02月23日

映画『全然大丈夫』

 風は強いし、雪もチラついて、昨日とは一変。明日は一段と寒くなるみたいですね。そんな中、シネリーブル梅田にて『全然大丈夫』。

 この映画の存在を知った当初は全く観る気は無かったのですが、何度か予告編を観るうちに面白そう・・・と思った一本。でも、劇場の予告編上映以外では、ほとんど全然宣伝していないようなので、大丈夫?と思っていたら、案の定、公開2日目にも関わらず、お客の入りはイマイチ。


Story
古本屋の長男で植木職人の照男(荒川良々)は、人を怖がらせることが好きな29歳。世界一のお化け屋敷を作るのが夢で、暇さえあれば人を怖がらせて楽しんでいた。照男の幼馴染みの久信(岡田義徳)は、30歳を目前にして自分の仕事に自信を持てずに悩んでいた。ある時、久信の職場にアルバイトの女性、あかり(木村佳乃)が入ってくる。あまりの不器用さにクビになったあかりは、久信の紹介で照男の古本屋でバイトを始める。あかりに恋をした照男と久信の秘かなバトルが始まった。
(ZAQシネマより)


 う〜ん。なんだろうな、これ(笑)。

 必ずしも、主張やメッセージが必要ということもないでしょうけど・・・。無さ過ぎ(笑)。それとも、タイトルや宣伝コピーから推察するに、「ありのままで、そのままで、勝ち組じゃなくても、大丈夫」というのがメッセージなのかなぁ。もし、そうだとしても、あんまり伝わってきません。

 で、木村佳乃さん演じるあかりの超絶な不器用ぶりが、ありえなさ過ぎて、笑えません。照男にしても、荒川良々さんの普通にしているだけで可笑しい独特の佇まいが生かされていないような・・・。全体として、作りこみ過ぎ、やり過ぎ、狙い過ぎの感があって、ちょっと入っていけませんでした。

 ウケているお客さんもいましたが。

 仕事で忙しい今日この頃。ほっこりと“憩いまくる”ことができて、元気が出る作品を期待してたけど・・・。残念でしたふらふら

 しかし、荒川良々さんって、<よしよし>って読むんですね。なぜかずっと勝手に<らら>だと思ってましたあせあせ(飛び散る汗)。作品中に登場する、彼の顔したクリーチャーのフィギュアとか、包丁の突き立った顔の模型とかは面白かったですわーい(嬉しい顔)

『全然大丈夫』公式サイト
http://zenzenok.jp/


posted by ふくちゃん at 20:55| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。