2006年09月27日

カゴメ「夏しぼり」

 去る8月24日(木)。

 新聞に掲載された全面広告に眼を奪われました。

 カゴメの「期間+数量+生産地限定」トマトジュース。

 それが「夏しぼり」です。

 190g缶×30本で4,725円。

 ・・・つい買ってしまいましたたらーっ(汗)

 トマトジュース好きでもないのに。

 ていうか、トマトジュース嫌いでした。

 ・・・相変わらず「限定」という言葉に踊らされておりますあせあせ(飛び散る汗)

 原材料はトマトだけで、食塩・砂糖不使用。

 それだけなら、トマトを買ってきて、自分で作ることもできそうです。

 しかし、ハウス栽培ではなく、露地栽培 (しかも支柱を使わずトマト本来の生長に任せる「地這栽培」・・・と言っても全く知りませんがふらふら)で、「夏しぼり」のためだけに育てられ、手摘みされた特別なトマトには、生食用トマトの約5倍のリコピンが含まれているそうです。

 「リコピン」といえば、以前「自炊生活:ある日の一品『冷製トマト・パスタ』」でも書きましたが、「抗酸化作用」。つまり「老化防止」に効果絶大ですぴかぴか(新しい)

 トマトジュース嫌いの僕も、9月上旬に届いて以来、ほぼ毎日ゴクゴク飲んでます。濃厚だけど、さらっとしてて、なかなか美味しいですよるんるん

カゴメ「夏しぼり」
↑ 普通のグラスが無かったもので・・・。

カゴメ「健康直送便」
http://shop2.kagome.co.jp/
「夏しぼり」は毎年売り切れ。今年も完売したようですが、紹介記事は残っています。来年いかがですかわーい(嬉しい顔)
posted by ふくちゃん at 22:57| 兵庫 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

続・健康診断

 ついに、健康診断の結果が届きました。早速、昨年問題のあった項目を確認です。


 まず、「脂質」。

 総コレステロールは192mg/dl(基準値140〜199/昨年215)、中性脂肪は61mg/dl(基準値149以下/昨年309)、HDLコレステロールは71mg/dl(基準値40以上/昨年49)。

 ということで、昨年は「高中性脂肪血症」と診断されましたが、今年は「異常なし」ぴかぴか(新しい)


 次に、「肝機能」。

 AST(GOT)は16IU/l(基準値35以下/昨年29)、ALT(GPT)は15IU/l(基準値35以下/昨年42)、γ‐GTPは19IU/l(基準値55以下/昨年44)、ALPは200IU/l(基準値339以下/昨年231)。

 ということで、昨年は「肝機能障害の疑いあり」と診断されましたが、今年はこれまた「異常なし」手(チョキ)


 血圧が少し高い以外は、代謝系、血液、尿、腎機能、胸部X線、心電図も異常なし。「完璧やわーい(嬉しい顔)」と思ったら「胃X線検査」の結果が・・・がく〜(落胆した顔)

 
 「前庭部」に「ひだの乱れ」「アレアの異常」「胃炎」。で「要精密検査」「要内視鏡検査」ですと。う〜ん。。。昨年は「異常なし」だったのに・・・たらーっ(汗)

 それにしても「アレア」って何exclamation&question

 というわけで、ネットで調べました。


 ・・・どうやら、アレアとは「胃粘膜の模様」のことで、胃炎や胃がんではこれが不規則になることがあるそうです。これを「アレアの異常」というわけですが、こんな言葉だけ書かれても、意味が分かりませよね。こっちは素人なんですからちっ(怒った顔)

 内視鏡検査・・・exclamation&question 絶対イヤだexclamation×2

 
 さて、胃炎にも色々種類があり、原因も様々なようですが、ネットで自分に該当しそうなものを見繕い(?)ました。

 まず、「暴飲暴食」。

 熱いもの、冷たいものを極端に多く摂ることがダメなようです。僕はこの夏、自分史上もっとも多くの冷たい麺類を食べました。例年なら、どんなに暑くても、夏バテ予防を考えて、ほとんど食べないんですけどね。今年は、中華冷麺、ざるぞば、生醤油うどん、そうめんを連日食べました。昼夜連続食べた日もあります(そういえば、今年は韓国冷麺を食べなかった。好きなんですけど)。アイスも、例年になく食べました。来年は絶対に我慢しようexclamation

 次に「早食い」。

 これは子供の頃からの悪い癖。何とか今からでも、よく噛んで食べるように矯正しなくては・・・。そのうち、喉に食べ物を詰まらせて、あの世に行きかねない・・・バッド(下向き矢印)

 ところで、胃の粘膜の修復には、プチ絶食(1食または1日)が効果的みたいです。ものは試し・・・今朝から絶食中です。明日の朝まで水分以外は摂りません。絶食後は消化の良いおかゆか汁物を食べる予定です。


 ・・・腹減ったふらふら
posted by ふくちゃん at 16:29| 兵庫 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

健康診断

 去る8月30日(水)。健康診断、正確には「生活習慣病予防健診」に行ってきました。

 生活習慣病予防健診は、40歳以上の人は必ず受診しないといけません。しかし、35歳〜39歳の間は「生活習慣の改善指導を受けることを希望する人」だけが受診すればよいことになっているので、僕としてはパスしたいのですが、ウチの会社では35歳から受診するように手配されてしまいます(ありがたいことなんでしょうけど・・・たらーっ(汗))。

 生活習慣病予防健診って、若いときに受けていた(よくサボりましたがふらふら)健診と違って、バリウムを飲んでの胃部レントゲン検査がありますよね。それが嫌で、35歳からは健診に行くのをキッパリ止めていました。

 それがなぜか、昨年はふらふらと行ってしまい(魔が差したexclamation&question)、衝撃の結果が・・・。

 いやあ、行っておいて良かったなぁ・・・わーい(嬉しい顔)

 と思いつつ、今年も本当は7月28日(金)が健診日だったのですが、仕事が忙しかったり、気分が乗らなかったり(こちらが主な理由)で、ズルズルと・・・バッド(下向き矢印)

 やっぱり面倒くさいんですよねぇあせあせ(飛び散る汗)。世間には、軽い風邪でもすぐに病院に行くことを健康管理の方法としている方もいらっしゃいますが、僕は昔から極度の病院病院&医者嫌いでして。

 普段から市販薬もあまり使わず、できるだけ自然治癒力に頼るようにしています(笑)。そもそも体調不良とかもほとんど無いですし。


 ところで、胃部レントゲン検査って、もう少しどうにかなりませんかねふらふら

 まず、胃を膨らませるために炭酸(粉状)を水で飲みます。アホなことを言うようですが、シュワシュワしてなかなか美味ですぴかぴか(新しい)。これは嫌いじゃありませんるんるん

 その後、検査室でバリウムを飲みますが、「ゲップをしないで下さい」と言われてもなぁたらーっ(汗)。「ゲップが出そうなときは唾を飲み込んで空気を入れると良い」と待合室のポスターに書いてあったので、何度も実践しましたが、1回だけこらえきれずに、軽くゲップしてしまいました。バレませんでしたが(多分)。

 それはまあいいとして(良くない)、診察台の上に寝転がって、両手で手すりを握っただけの状態で、診察台ごと左右に90度ぐらいまで回転したり、頭の方がグッと下になったり、なかなかハードなアクションが・・・。

 で、最後にバリウムを出すための下剤を飲むわけですが、これが効いてきたときの胃腸のあたりの不快感ときたら・・・バッド(下向き矢印)。個人差があるかもしれませんが、僕の場合、少し引き攣るような感じは翌日まで続きます。何が嫌って、これがいちばん嫌かもバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


 さて、正式な結果が届くのはまだ先ですが、体重は57.7kgで昨年より約5kg減。最高血圧は140で少しだけ改善(というほどでもないか)。昨年の健診では、「中性脂肪309 mg/dl(基準値149以下)」=「高中性脂肪血症」=「バリバリの生活習慣病」と診断されたのですが・・・。

 今年は多少改善されているハズ。いや、改善されていて欲しい。

 楽しみです(ドキドキ揺れるハート)。
posted by ふくちゃん at 14:22| 兵庫 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

早和果樹園「紀の国有田100%果汁 味一しぼり」

 昨晩ふと気がつくとひらめき、ミンミン、ジージー、毎日夜までうるさく鳴いていたセミの声は聴こえず、涼やかな虫の音が・・・耳。日中の暑さはまだ厳しいですが、少しずつ秋が近づいていますね。

 さて、しばらく滞っていた健康ネタ。今回は「みかんジュース」です。先日、近所の百貨店で偶然目目に留まりました。

 素朴で飾り気のないビン。品名が書かれたシールには「味一みかんだけをしぼりました!」。底面のシールを見ると「名称 みかん果汁(ストレート)」と書いてあります。

 「ストレート」とは、果実を搾ったまま無添加・無調整の果汁で、ビン詰めする際に加熱殺菌したもの。

 これに対して一般的な「濃縮還元100%」とは、水分を除去(蒸発)させて5分の1程度の量まで濃縮した果汁を、製品化する際に蒸留水を加えて元に戻したもの。昔は長時間の加熱で、果汁を煮つめて水分を蒸発させていたので、味や香りが損なわれるなど品質に問題があったそうですが、現代では高度な技術がいろいろ開発されて、ストレート果汁に迫る品質だとか。

 ・・・でも、「迫る」品質であって、やはり「同等」ではないのですね。

 「味一しぼり」の原材料は「みかん」だけ。値段は忘れてしまいましたが、200mlで350円ぐらいだったと思います。

 飲んでみると、とても甘いexclamationしかも、自然な甘さで、さっぱり。しつこくない。そして、変に酸っぱくもない。非常に飲みやすいですぴかぴか(新しい)

 ちなみに「味一みかん」とは、和歌山県有田市で栽培される有田みかんの中でも、糖度12度以上・酸度1.0%以下などの基準をクリアした特においしいみかんだけに許されるブランド名で、有田みかん全出荷量の約2%しか該当しないそうです(さらにおいしい糖度13度以上のもの「味一αみかん」わーい(嬉しい顔))。

 早和果樹園さんでは、「『味一みかん』を生産するために堆肥や魚かす、大豆かす、菜種かすなど特別有機質配合肥料で栽培し、(中略)農薬は防除基準以外の農薬は一切使用していません。極力少ない散布をしていますので、安全で安心してお召し上がりいただけます。(自主的に残留農薬検査を実施し、安全を確保しています)」とのこと(公式サイトより)。

 さらに「みかんのしぼり方は、『味一みかん』本来の素材を活かすために、皮をむき中のフクロごとしぼるチョッパー・パルパー方式という珍しい方法でしぼりあげました。特徴は皮の油分が入らないため、品質の劣化が少なく、逆にパルプ分が多く入っているのでとろみが増し、のど越しがよく、甘くてこくがある充実感あふれるジュースになっています」とも。

 チョッパー・パルパー方式・・・初耳です。なんか語感が面白いですね。しかし、普通のみかんジュースは、皮ごと搾るんですね。知りませんでした。

 とにかく、「味一しぼり」がおいしいことは確か。農場で搾りたてを飲めばもっとおいしいんでしょうねぇ。

 ところで、「みかん」といえば「ビタミンC」=「風邪予防」ですが、「クエン酸」=「疲労回復・老化予防」、「ヘスペリジン」=「アレルギー症状の改善」、「ビタミンP」=「毛細血管の老化予防」、「食物繊維」(皮・スジ)=「コレステロール値低下」、「β-クリプトキサンチン」=「発ガン抑制」などの効果もあるそうですよグッド(上向き矢印)

味一しぼり
↑ 保存料・着色料・香料無添加。


(株)早和果樹園
http://www5.ocn.ne.jp/~sowa/
「味一しぼり」の詳しい紹介は、http://www5.ocn.ne.jp/~sowa/a-sibori.htmで。「味まろしぼり」というジュースもあります。Yahoo!ショッピングの内の「紀州三昧」というサイトでも買えます。
posted by ふくちゃん at 23:28| 兵庫 ☀| Comment(7) | TrackBack(1) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

飯尾醸造 無花果(いちじく)酢

 長かった梅雨雨もようやく明けて、本格的な夏晴れがやってきましたexclamationと、喜びもつかの間。暑い・・・あせあせ(飛び散る汗)。暑すぎる・・・ふらふら

 毎年のことですが「今年の夏は暑いむかっ(怒り)」と言いたくなりますね。でも、ホントに今年の夏こそは「今年の夏は暑い」のではないでしょうかexclamation&questionクドいですね。すいません。

 僕は夏生まれですが、夏は苦手ですバッド(下向き矢印)。夏バテの経験こそありませんが、どうしても好きにはなれません。スイカが食べられるのは嬉しいですが。

 さて、夏バテに効くもの、食欲不振を防ぐものといえば「お酢」もそのひとつ。

 先日、京都府宮津市のお酢屋「飯尾醸造」さんの「無花果酢」(120ml/577円)を購入しました。

 「飯尾醸造」さんは、明治26年創業の老舗。米酢、玄米酢、黒豆酢、紅芋酢、石榴(ざくろ)酢、梨酢、南瓜(かぼちゃ)酢など様々なお酢を製造されています。

 「無花果酢」は、『イタリア料理やフランス料理などによくあうフルーティーな味わいが特徴。いちじくの風雅な香りはドレッシングやビネガードリンクにも最適です。地元・京都のホテルでは煮詰めてバルサミコ酢のかわりに使っていただいています』(公式サイト紹介文より)とのこと。

 もっとも自宅でイタリア料理やフランス料理をバンバン作る、なんてことはありませんのでわーい(嬉しい顔)、野菜炒めの味付けやドレッシング作りに利用しています。

 昔(今も?)、mizkan(ミツカン)のCMでもやってましたけど、「鶏のさっぱり煮」もおいしいですね。

 お酢には、動脈硬化・肥満・高血圧・骨粗しょう症の予防、疲労・食欲の回復、老化防止などの効果があるそうです。

 暑い毎日が続きますが、皆さん元気に乗り切りましょうるんるん

飯尾醸造 無花果酢
↑ すっきりおしゃれなビンは、「京都デザイン優品」認定商品。


飯尾醸造:公式サイト
http://www.iio-jozo.co.jp/
お酢といってもホントにいろいろあるんですねぇ。次は何にしようかなぁ。。。

京都デザイン優品:公式サイト
http://www.kyo-brand.net/
世界にアピールできる京都らしい優れたデザインの商品を選定。「無花果酢」を含む飯尾醸造さんの「果実酢ギフトセット」は、2003年の選定商品のひとつだそうです。
ラベル:
posted by ふくちゃん at 22:06| 兵庫 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

白扇酒造 三年熟成本みりん「福来純」

 今回は「どっちの料理ショー」TVで特選素材になった「白扇酒造・三年熟成本みりん・福来純」をご紹介。「本物」「昔ながらの」という言葉に弱いです・・・。

 「みりん」は言わずと知れた日本伝統の調味料。醸造用糖類(ブドウ糖・水飴)にグルタミン酸や香料を混ぜて作る「甘味調味料」や、もち米に酒粕アルコールと食塩を添加して作る「発酵調味料」などの「みりん風調味料」に対して、もち米と米麹に焼酎(またはアルコール)を加え、40〜60日間熟成させて作るのが「みりん(本みりん)」だそうです。

 アルコール度数14度前後の「みりん」は酒税法の対象となるので、酒税法対象外の「みりん風調味料」より割高になるんですね。手間もかかってますし。

 で、通常40〜60日間で済むところを3年も熟成させたというのが、この「福来純」。ふたを開けて匂いを嗅いでみると、まさに日本酒の香り。グラスに注いでみると、きれいな黄金色ぴかぴか(新しい)。トロ〜リとした液体です。

 口に含めば、まさに超甘口の日本酒。それもそのはずで、「みりん」はもともと調味料ではなく、お酒として飲まれていたそうです。お子さんはそのまま飲んだりしてはいけませんわーい(嬉しい顔)

 で、いつものように「みりんの効用・効果」をネットで調べてみると・・・。

●上品な甘さ・旨み・香りがあり、素材の臭み消し効果がある。
●素材の煮崩れを防ぎ、味の浸透を良くし、旨みを閉じこめる。
●素材に美しい照り・ツヤをつける。

・・・あれあせあせ(飛び散る汗)

調べたいのは「健康効果」なのだが・・・。

・・・なかなか見つからない。

 かろうじて、「米のタンパク質はアミノ酸に、でんぷんはブドウ糖や麦芽糖といった吸収されやすい形に分解されている。麹菌は米の表面で繁殖するときに、ビタミンB1・B2・B6などのビタミンB群を大量に生成する」・・・つまり栄養豊富ですよ、という情報を発見。B1が不足すると疲労しやすく、B2が不足すると口内炎や口角炎などができやすくなるそうです。

 ちなみに、みりんは冷暗所で開栓後1年間は保存が効くそうなので、決して高い買い物ではないかも知れませんグッド(上向き矢印)。しかし、1年保存できるといっても、どんどん使えば高くつくか・・・バッド(下向き矢印)

 煮物に使ってみましたが、確かに美味しくなると思いまするんるん

三年熟成本みりん「福来純」
↑ 江戸時代は飲み物でした。

白扇酒造
http://www.hakusenshuzou.jp/
白扇酒造さんの公式サイト。もちろん日本酒も造っておられます。
「福来純」の通販もありますが、まとめ買いか大瓶(1.8L)が中心です。

銘酒市川
http://www.e-sakaya.com/mirin/mirin.htm
こちらの酒屋さんのサイトでは、「福来純」を1本から購入できます(500ml/720ml/1.8L)。

 今日の「どっちの料理ショー」では、特選素材特集をやってましたね。最後の方しか見なかったのですが、紹介された商品には注文が殺到して、きっと品薄になるんでしょうね。

 僕は埼玉県川越市にある「小野食品」さんの「なごり雪」というざる豆腐に惹かれました。ものすごいぷるぷるで、旨そうexclamationWebサイトがないので、直接買うかFAXなどでの注文になるみたいです。でも、普通の豆腐7丁分ぐらいの大きさ。1人暮らしでは、とても食べ切れません・・・ふらふら
posted by ふくちゃん at 23:13| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

納豆の日

 明日7月10日はW杯サッカーの決勝戦。そして、僕の39回目の誕生日バースデー。そして、「納豆の日」です。

 「納豆の日」は、関西における納豆の消費拡大のために、関西納豆工業協同組合が1981年に制定、全国納豆工業協同組合連合会も1992年に認定して、PRイベントなどを行っているそうです。

 で、そのイベントのひとつが、「納豆クイーン&キング」(なんだかなぁあせあせ(飛び散る汗))の選出とクイーン&キングによる納豆のPR。

 ちなみに第1回(2002年)は、クイーンのみ選出で菊川怜さん。第2回(2003年)はキングのみで、永井大さん。第3回(2004年)は再びクイーンだけで、上戸彩さんと佐藤藍子さん。第4回(2005年)はクイーン&キングで、華原朋美さんと谷原章介さん、という顔ぶれ。

 クイーンやキングは「納豆食推進のイメージリーダーで、納豆の普及やイメージアップに貢献した著名人に送られる称号」(なんだかなぁあせあせ(飛び散る汗))だそうで、「納豆の日」の前に記者会見で各自の納豆料理のレシピを発表して、「納豆」を盛り上げます。

 しかし、今年はやってないみたいですね。理由は不明です。

全国納豆工業協同組合連合会:公式サイト
http://www.natto.ne.jp/
「ミス納豆」という方も紹介されております。「活動日記」もあります。
歴代「納豆クイーン&キング」のレシピも掲載されています。

 
 さて、僕は生まれも育ちも大阪ですが、両親が鹿児島出身なので、先祖代々関西在住という純粋培養型関西人とは食の嗜好が多少違うみたいです。たとえば、お雑煮も「おすまし」が当たり前だと長い間信じていましたふらふら。関西では味噌仕立てが普通だそうですが。

 「普通だそうですが」という書き方になってしまうのは、何だか今でも半分信じられないからです。なにせ、TVなどで「関西のお雑煮は味噌仕立て」と紹介されると、「違うやろ!」と大学生の頃まで思っていましたからたらーっ(汗)。初めて自分の方が間違っていると知ったときは、カルチャーショックでした。

 というわけで(?)、納豆も子供の頃から普通に好きで食べていましたし、関西では「匂い控えめ」が幅を利かせる今日この頃ですが、普通の納豆も全く平気です手(チョキ)。大粒・中粒・小粒・ひき割り、何でもござれ。卵を入れたりするより、添付のたれor醤油+からしでシンプルに食べるのが好きです揺れるハート


 さて、納豆が健康に良いのはもはや常識ですし、僕も「納豆ならコレに限る!」みたいな、特別の「お気に入り」や「オススメ」の銘柄(?)はないのですが、かなり以前に新聞で見かけた健康情報をご紹介しておきたいと思います。

 それは、「国立循環器病センターの調査で、1ヵ月間毎日、納豆30gを被験者に食べてもらったところ、コレステロール値や中性脂肪値が高い被験者グループでは、その数値が数%〜十数%下がり、納豆には高脂血症の改善効果のあることが分かった」(思いっ切り要約ダッシュ(走り出すさま))というものです。

 そうか、血液サラサラになるのか・・・。毎日は無理でも積極的に食べよっとるんるん

川口納豆「宮城県産・大粒三つ折」
↑ 表に書いてある「村松博士製法」とは?詳しい説明がない。気になる・・・。

 上の写真は、時々食べる「川口納豆」さんの「宮城県産・大粒三つ折」という納豆。こちらで製造されている納豆のうち「北海道産・小粒三つ折」は、平成14年度厚生労働省医薬局食品保健部長賞(極小・小粒部門)」を受賞されているそうです。

有限会社・川口納豆:公式サイト
http://www.nmc.ne.jp/hp1/kawaguchi/
ブログなどでは「おいしい」という評価が多いみたいです。

全国納豆鑑評会・受賞作品専門サイト いい納豆ドットコム
http://e-natto.com/
いろんなサイトがあるもんですね。全国の有名納豆を試したい方はどうぞ。

・・・誕生日がらみのネタが納豆exclamation&questionなどというツッコミは、ご無用に願いますわーい(嬉しい顔)
posted by ふくちゃん at 14:16| 兵庫 ☁| Comment(5) | TrackBack(2) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

イナウディ ETV(エクストラ・バージン)オリーブオイル

 油シリーズ第2弾。こんな季節にさわやかじゃなくて、すいませんふらふら

 でも、良いオリーブオイルは、美しい黄金色で香り豊か、さわやかな風味ぴかぴか(新しい)。僕の目下のお気に入りは、イナウディ社のエクストラ・バージン・オリーブオイルです。先日の「九鬼ヤマシチ純正胡麻油」同様、「自炊生活:ある日の一品」でも一度簡単にご紹介しました。

 手摘みのオリーブを石臼で粉砕して、フィルターにかけずに瓶詰めするという昔ながらの手法で作られたオリーブオイル。パスタはもちろん、塩やパルメザン・チーズとパンに塗ったり、お酢と混ぜてドレッシングにしたり・・・重宝していますハートたち(複数ハート)

イナウディETVオリーブオイル
↑ 高いのが玉に瑕ですが、高いだけのことはあると。。。

地中海フーズ:イナウディ社の日本輸入総代理店
http://www.chichukaifoods.com/
イタリアの食材などもネットで購入できます。

 「健康に良い」と言われるオリーブオイル。ネットでお勉強してみました。まず、大きく3種類に分かれるそうです。

1)バージン・オリーブオイル
 オリーブを搾っただけで、化学的処理を一切していないもの。いくつか種類があるが、遊離オレイン酸の割合が100gあたり0.8gと最も低く、酸化しにくい(=劣化しにくい)最上級品が「エクストラ・バージン・オリーブオイル」。ほかにイタリアでは普通に流通している「(ファイン・)バージン・オリーブオイル」、「オーディナリー・バージン・オリーブオイル」、食用には不向きな「ランパンテ・バージン・オリーブオイル」などがあるが、日本の食用油の品質基準により輸入はできない。

2)精製オリーブオイル
 ランパンテを精製した「精製オリーブオイル」、バージン・オリーブオイルの絞りカスから溶剤抽出した「精製オリーブ・ポマースオイル」がある。

3)オリーブオイル
 精製オリーブオイルとバージンオイルをブレンドした「オリーブオイル」(以前はピュア・オリーブオイルと表記可能だったとか)、精製オリーブ・ポマースオイルとバージン・オリーブオイルをブレンドした「オリーブ・ポマースオイル」がある。

 日本では、エクストラ・バージン・オリーブオイル、(ピュア)オリーブオイル、オリーブ・ポマースオイルの3つが販売されているそうです、でも、「オリーブ・ポマースオイル」って、僕は聞いたことありませんけどダッシュ(走り出すさま)

 オリーブオイルはゴマ油同様、リノール酸とオレイン酸が豊富で、ポリフェノールやビタミンEも含まれています。だから、老化の防止・生活習慣病の予防に大きな効果があるんですねるんるん。だからといって、摂りすぎはダメだそうですが・・・。

参考サイト
オリーブオイルと健康(有限会社メルハバジャパン)
http://www.minidepa.net/olive/helth.html
posted by ふくちゃん at 20:53| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(4) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

九鬼ヤマシチ純正胡麻油

 以前「自炊生活:ある日の一品」の記事メモの中で、チラッとご紹介した「九鬼ヤマシチ純正胡麻油」(340g・609円)です。最近はゴマ油といえば、毎回これを購入しております。

 製造・販売元である九鬼産業株式会社の公式サイトを拝見すると、その製造工程は機械化・ハイテク化されていますが、それでも昔ながらの作り方を踏まえておられるようですね。・・・って、昔ながらの製法なんて、よく知りませんけどふらふら

 たとえば、原料であるゴマの皮剥きは、「抽出法」(化学薬品で皮を剥く)が現代の主流だそうですが、こちらでは昔ながらの「圧搾法」(摩擦力で剥く)で行っているそうです。この工程の違いで、香りの違いが生まれるとか。

 いつもの如く、ゴマ油の健康効果について、ネットで調べてみました。日清オイリオのサイト(http://www.nisshin-oillio.com/)などによりますと・・・。

 ゴマ油の主成分は、リノール酸とオレイン酸。どちらもよく耳耳にしますね。リノール酸は体内では作ることのできない「必須脂肪酸」であり、これが不足すると「記憶力・集中力の低下」「アレルギー」「関節炎」「心臓病」「高血圧」「糖尿病」「精神の不安定」など、様々な問題が起こるそうです。一方、オレイン酸には、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らすバッド(下向き矢印)働きがあるんですね。

 さらに、ゴマ油には「セサミン」「セサモリン」「セサミノール」「セサモール」(何かの活用形のようだ・・・覚えられないあせあせ(飛び散る汗))といった成分が含まれているそうです。これらの成分は、まとめて「ゴマリグナン」(何語exclamation&question)と呼ばれ、体内の酸化(=老化)や生活習慣病の原因となる余分な「活性酸素」を取り除く作用があるとか。つまり、「ゴマリグナン」は「若さ」を保つ成分ぴかぴか(新しい)なんですね。ここ数年注目を集めているカテキンやポリフェノールと同じ効果があるわけです。

 ダイエットというと、「油・脂肪分を減らそう」と考えがちですが、油の種類にもよるようですし、極端に減らすのも良くないようですね。

 しかし、今日は我ながら地味な記事だ・・・たらーっ(汗)

九鬼ヤマシチ純正胡麻油 ← なかなか美しい深い琥珀色です。

九鬼産業株式会社
http://www.kuki-info.co.jp/
ゴマ油やゴマ製品を使ったいろんなレシピも紹介されています。デザート編では「簡単白ごまアイス」というものがありました。作り方は、市販のアイスクリームに「純ねりごま白」をかけて混ぜるだけダッシュ(走り出すさま)。本当に美味しいのだろうかexclamation&questionそのうち、試してみたいと思います。
posted by ふくちゃん at 23:28| 兵庫 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

京都キムチのほし山「甘辛白菜キムチ」と「大根サイコロキムチ」

 タイトル・本文と全く関係のない前フリですが、先日TVTVを見ていたら、「有酸素運動は脳の前頭葉を活発化ひらめきさせる」と言ってました。前頭葉とは「高次な知的機能の中枢」であり、脳の中で老化とともに最も早く機能が低下する場所だそうです。頑張ってトランポリンを跳び続けようダッシュ(走り出すさま)


 さあ、また買ってしまいました。「京都キムチのほし山」さんのキムチ。前回の「こってり白菜キムチ」に続いて、今回は「甘辛白菜キムチ」(切漬:約500g/890円)と「大根サイコロキムチ」(約300g/380円)です。

 まず「甘辛白菜キムチ」についてですが、ほし山さんの公式サイトで次のように紹介されています。

新鮮なアミの塩辛で奥深い風味とコクと桃のとろける甘さを加えた濃厚な薬念(ヤンニョム)を使っています。さらに、辛品種の唐辛子をたっぷり使う事で生まれる辛味は豚肉の旨さをグッと引き立ててくれます。糖度・身の厚さ、共に最上級ランクの国産白菜を使う事で多少火を加えても歯ごたえを失いません。是非一度「甘辛白菜キムチ」を使って豚キムチを作ってみてください。居酒屋さんなどで食べるより美味しい豚キムチが作れると思います。

・・・居酒屋さんの立場が・・・ふらふら。ていうか、居酒屋さんも使えばいいんですよねわーい(嬉しい顔)

 それはさておき、とりあえずは豚キムチとしてではなく、そのまま食してみました。

 パクッと口に入れて、噛んでみると・・・びっくりexclamationこれは甘いですexclamation×238年の生涯で食してきた白菜キムチの中でも、最も甘みを感じたと言っていいと思います。いや、本当に驚いたなぁ。

 もちろん、キムチですから甘いだけはありません。「こってり白菜キムチ」ほどではありませんが、後でしっかり辛味がやってきます。

 しかし、この強烈な甘さは、もしかしたら好みの分かれるところかも知れませんね。「こってり白菜キムチ」と「甘辛白菜キムチ」、どちらもおいしいですが、前者の方が僕は好きです。でも、この甘さは一度体験する価値ありかもぴかぴか(新しい)


 さて、自分でも「いまさら・・・」とは思いながらも、キムチの健康効果についてネットで検索してみました。

 よく知られている、乳酸菌による腸内環境の正常化、カプサイシンによる食欲増進・消化促進・内臓脂肪燃焼のほかにも、いろいろな効果があるようですね(興味のある方は下記URLをどうぞ)。そういえば昔TVで「納豆キムチ(単に2つをよく混ぜる)が体にいい」とか言ってたなぁ。

つけもの大学 食の豆知識 キムチの健康
http://www.kohseis.co.jp/club/info/info16.html

甘辛白菜キムチ&大根サイコロキムチ
↑ 左「甘辛白菜キムチ」、左「大根サイコロキムチ」です。見れば分かるか・・・。

 「大根サイコロキムチ」は、いわゆる「カクテキ」ですね。やはり桃を使って甘さを出し、隠し味に生姜を使っているそうです。

ポリポリ、コリコリるんるん

歯ごたえがいいですね。適度な甘みもグー。

ああexclamation焼肉が食べたくなってきたぁ〜exclamation×2

京都キムチのほし山
http://www.hoshiyama.ne.jp/


・・・しかし、今日は文字の色や太さなどの修飾指定が上手くいかず、エラーになってしまうぞちっ(怒った顔)。何でですかexclamationシーサーさんむかっ(怒り)
posted by ふくちゃん at 23:20| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

寿高原食品株式会社 ハーベスウィート ストロベリー

 今日はいかにも初夏!という感じのとても良い天気でした晴れ。久しぶりに散髪美容院に行って気分もサッパリです。

 さて、僕らの世代の給食といえば、ご飯ではなくパン。そして、パンに塗るものといえば、大抵マーガリンで、ジャムが時々付きましたよね。僕は当時、イチゴ・ジャムは好きでしたが、マーマレード・ジャムはあの微妙な味わいや果肉がどうも苦手でした。子供だったんですね(って、子供の頃の話だふらふら)。

 以前にも書きましたが、僕はトーストにはオリーブオイル+塩、もしくはオリーブオイル+パルメザン・チーズなんですが(決してカッコつけてるわけではなく、この方が健康にいいと思ってあせあせ(飛び散る汗)・・・です)、毎朝これではさすがに少し飽きます。

 そこで、試しにアオハタ55のマーマレード・ジャムを買ってきて使ってみたら、なかなか美味しい。マーマレード・ジャムってやっぱり大人の味なんですね(ホンマかexclamation&question)。

 で、それを使い終わった後、次はどのジャムにしようかなぁと、近所の百貨店で売り場を覗いていたときに見つけたのが、この「ハーベスウィート」シリーズ。

 ストロベリー、マーマレード、ブルーベリー、アップルの4種類がありますが、まずはストロベリーをセレクトしました。原材料はいちご(寿高原食品株式会社の公式サイトでは「とちおとめ」)に、ぶどう果汁、レモン果汁のみ。お値段は、125gで378円です。

 早速、トーストに使ってみました。このハーベスウィート・シリーズはゲル化剤(ペクチン:添加物ではありますが、安全性は高いみたいです)が使われていないので、水飴のようになめらかな状態ではありません。果肉がごろごろ入っていて、トーストに「塗る」というより「載せる」という感じです。

ハーベスウィート ストロベリー ハーベスィート・ストロベリー・オン・トースト

 食べてみると・・・甘いexclamation×2これで砂糖を使っていないのが信じられません。公式サイトによると「甘さひかえめの糖度45度」ということですので、もっと甘〜いのが好きexclamationという方には物足りないかもしれませんが、僕にはこれぐらいでちょうど良いです。

 というわけで、オリーブオイル使いが基本ですが、合間にジャムも・・・というのが、最近のトースト状況exclamation&questionです。

 ストロベリーは1週間程度で全部使ってしまったので、昨日、今度はブルーベリーを買いました。

 生活習慣病対策としては、砂糖・果糖の取り過ぎには要注意なんですが、少しぐらいはいいでしょうわーい(嬉しい顔)。多分・・・。


寿高原食品株式会社 公式サイト
http://www.kotobuki-hfc.co.jp/
ハーベスウィート以外に別シリーズのジャムもあり、ジュースやデザートソースも取り扱っています。公式サイトではセット販売、楽天市場の店舗ではバラ売りもしているようです。
楽天店舗トップ http://www.rakuten.co.jp/jam-kotobuki/
posted by ふくちゃん at 21:36| 兵庫 | Comment(8) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

(有)むかわソーセージ工房 ハム・ソーセージ・ベーコン 6種セット

 このブログは決して「おいしいもの・お取り寄せブログ」ではありません。念のためわーい(嬉しい顔)

 さて、以前触れた「食品の裏側」という本本で、添加物の多い食品として挙げられていたのが、「漬物」、「明太子」、そして「ハム・ソーセージ」でした。

 確かに、日頃利用するスーパーで、ハムやソーセージ、ベーコンの原材料表示を見てみると、いろんな添加物が使われていますね。漬物や明太子もそうですが、ハム・ソーセージ類の色の鮮やかさは添加物のチカラによるものだそうです。ある意味すごいですね、添加物って。

 そこで、無添加のハム、ソーセージ、ベーコンはないのか?と思って、ネットで調べてみましたが、これがなかなか無いようです。

 「無添加」といいながら、画像を拡大して見ると目、添加物が使われているのが、うっすら読み取れたりして・・・。おそらく化学合成モノは使っていないということで「無添加」としているのでしょうが、天然系の添加物や添加物に近いものが使われているようです。

 まあ、添加物摂取をゼロにはできないけど、減らせる範囲で減らしたいなぁ・・・と思う今日この頃です。

 で、見つけたのがコレ。「有機野菜や無添加食品の宅配kitayo.com」で販売されている「(有)むかわソーセージ工房」さんの製品です。

 今回は6種セットを購入してみました。ロースハム・スライス(70g)、ベーコン・スライス(70g)、ボロニア・ソーセージ(200g)、ソーセージ(絹・100g)、ソーセージ(粗挽き・100g)、キピトロ・フランクフルト(250g)の詰め合わせです。

ハム・ソーセージ・ベーコン6種セット ← 6種セットで、4,750円。

ロースハム・スライス
原材料は豚肉(北海道産)、自然海塩のみ。豚肉ロースを桜の木でじっくり燻煙してつくられたそうです。市販のハムのようにプリプリしていません。この「プリプリ」感も添加物によって作られたもので、ハム本来の食感とは違うそうです。このロースハムは、煮豚を食べている感じに近いです。サンドイッチに使うと良さそうグッド(上向き矢印)

ベーコン・スライス、ボロニア・ソーセージ、ソーセージ(絹)、ソーセージ(粗挽き)、キピトロ・フランクフルト
原材料は、豚肉(北海道産)、自然海塩、和三盆糖、香辛料のみ。ベーコンは、袋を開けた瞬間に豚肉の香りるんるん。火を通すとまた香りが立ちます。脂身の甘みが美味しいぴかぴか(新しい)。ボロニア・ソーセージはそのまま食べてもいいし、小さく切ってサラダの具にも使ってみました。これも美味しいです。ソーセージはちょっとモソモソしています^^;。でも、市販のソーセージのパリッという感じも添加物によるものとか・・・。キピトロ・フランクは、天然の行者にんにくを使ったフランクフルトです。

kitayo.com(キタヨドットコム)
http://www.kitayo.com/index.html

 次は、焼豚・ハム・ベーコンブロックのセットにしようかな・・・って肉は控えめにしないとあせあせ(飛び散る汗)。しばらくはお預けにしておきましょう。


 ところで、今日は「母の日」ですね。皆さんは何か贈りましたか?僕は、「烏骨鶏かすていら 240g 2本& プリン5個入り」をネットで購入&実家配送を手配しました。注文が遅かったので到着は明日ですがバッド(下向き矢印)

金澤烏鶏庵(かなざわうけいあん)
http://www.ukokkei.co.jp/
僕自身は食べたことありませんが、おいしそうでしょう?自分でも食べたい!

 このブログは決して「おいしいもの・お取り寄せブログ」では・・・ふらふら
posted by ふくちゃん at 18:11| 兵庫 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

野菜畑のブイヨン

 煮物や汁物などをつくるときには、大体だしを使いますよね。和風のだしは、自分で鰹節と昆布を使ってとるようにしています。一人暮らしを始めた頃は、だし入り味噌やだしの素を使っていましたが、実際にやってみると大した手間でもありませんし・・・。

 でも、洋風だし、たとえばコンソメを自分でつくるのは大変そうあせあせ(飛び散る汗)。ということで、必然的に市販の顆粒だしや固形スープを使っていました。

 そこで何かいいものがないかなあ・・・と思っていたときに、『通販生活』で見つけた目のが、この「野菜畑のブイヨン」。顆粒だしです。

 『通販生活』本2006年春号の説明をご紹介すると・・・

これまでの即席洋風だしの多くはビーフエキスやチキンエキスといった動物性の旨みに頼っておいしさを生み出していましたが、「動物性の原材料をいっさい使わなくてもおいしい洋風だしはつくれる」というのが自然食研究家の田耕邦子さんの主張。その主張を製品化したのが本品です。

とのこと。ダイエットや生活習慣病予防を意識している僕にとっては、動物性の原材料を使っていないぴかぴか(新しい)というところに強く惹かれました。

 届いた製品の原材料表示を見てみると、「食塩・オリゴ糖・酵母エキス・ローストオニオン・醤油・こしょう・セロリ・人参・ローストガーリック・馬鈴薯でんぷん」となっております。

 ちなみに、それまで使っていた某有名メーカーのコンソメの原材料は、食塩、乳糖、砂糖、調味料(アミノ酸等)、食用植物油脂、香辛料、ビーフ・チキンエキス、野菜エキス、醤油、酵母エキス、酸味料、カラメル色素となっておりました。

 「調味料(アミノ酸等)」って、要は化学調味料なんですよね。

 『通販生活』の説明によると、塩は天然塩、醤油も本醸造。また、普通は野菜を水で煮出した煮汁を顆粒にするところを、低温乾燥で水分を飛ばした野菜をそのまま超微粒子に粉砕しているので、野菜のコクや旨みが生きている・・・とのことです。

 煮込みはもちろん、炒め物にも使えます(先日掲載した「白菜のガーリック炒飯」もこれで)。味はというと、なんというかカドのない、丸い感じかな・・・。

 ・・・味の表現って、難しい。なかなか彦摩呂のようにはいきませんふらふらexclamation&question(でもあれ、味の表現っていうのかなわーい(嬉しい顔))。

 さて、『通販生活』の商品をたびたび紹介している当ブログですが、『通販生活』の購読会員になる以外に、カタログハウスのお店(東京渋谷・横浜中区・大阪難波)で直接購入することもできます。

 『通販生活』はセット販売が中心で、このブイヨンも5袋(1袋100g)で4,500円(税別)。一人暮らしで使い切るのはなかなか大変な量なので、何か買うたびに、いつも一部を実家にも持って帰るのですが、お店では1個から購入できるそうです。

野菜畑のブイヨン ← なかなか使えます。

「カタログハウスのお店」詳細情報
http://www.cataloghouse.co.jp/shop/index.html

 さあ、今日から僕もGWの5連休グッド(上向き矢印)。実家に帰って、のんびりしてきま〜す。実家といっても、大阪市内ですが・・・バッド(下向き矢印)。でもね、大阪市内にだって、田舎はあるんですよ。ホントに市内とは思えないほど、何もないところなんです。遊びに行きたくなるよう場所ではなく、単なる眠たいベッドタウン。でも、やっぱり愛着揺れるハートは深いんだよなあ。ではではexclamation
posted by ふくちゃん at 14:21| 兵庫 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

京都大原の味噌屋さん 味噌庵「さんご塩の味噌」

 「日本人といえば味噌だ」という皆様。お待たせ致しましたわーい(嬉しい顔)。今回は味噌です。

 ここ最近は、長野味噌(株)の「日本の味噌 平成」というお味噌を使っていたのですが、なぜか長野味噌さんの公式サイトでは紹介されていないので、「ブログのネタには使えんなぁバッド(下向き矢印)」と思っていました。

 そんな時に見つけた目のが、今回ご紹介する「さんご塩の味噌」。味噌庵さんのサイトには「奄美大島産塩『さんご塩』、北海道石狩郡当別産大豆『鶴娘』、そして味噌庵自慢の『麹(こうじ)』を使用し、昔ながらの製法で熟成しました」とあります。

 また、その味については「まろやかで、くせがない」、「味噌庵のお味噌の中では一番上品に仕上がっております」と書かれています。

 お値段は400gで2,500円、1kgで4,500円ふくろ。高い・・・もうやだ〜(悲しい顔)。しかし、思い切って400gのものを購入してみました。

 原材料表示は、「大豆・米糀・食塩(さんご塩)」のみ。これまで買っていたお味噌には、「酒精」というものが入っていることがありましたが、それも入っていません。

 公式サイトの説明によると、「味噌庵のお味噌は、添加物や酒精を加えたり加熱殺菌をして発酵を抑える、等の処理は品質を考えて一切しておりませんので、暖かい場所で保存されますとパックがふくれてまいります。パックから出しても出さなくても『必ず』冷蔵庫で保存していただきますようお願い申し上げます」とのこと。

 なるほど、酒精には発酵を抑える働きがあるんですね。ということは、このお味噌の袋を暖かい場所にずっと置いておくと、いずれ爆発どんっ(衝撃)するのでしょうか?試してみる勇気はありませんが・・・たらーっ(汗)

 ・・・で、酒精とはexclamation&question

 ネットで調べてみると、要するにアルコールのことで、これを使うことには賛否両論あるようですね(「そんなもの使うなんて、本物の味噌ではない」VS「品質を安定させるために最低限の添加は必要だ」)。

 購入後、早速、味噌汁を作ってみました。昆布(北海道利尻産)と鰹節(鹿児島県枕崎産)でダシを取って、お豆腐とお揚げさんとワカメを入れて・・・と。

 うむ・・・。美味しいです手(チョキ)。確かにまろやかで、くせがなく、上品なお味。それでいて、たくさん入れなくても、しっかりと味があります。おいしい味噌汁を飲むと「日本人で良かったなぁ」としみじみ思いますねわーい(嬉しい顔)。気に入りました黒ハート

 そのまま舐めても旨いですぴかぴか(新しい)。先日、母親がやってきたので、味見させると「昔のお味噌の味がする」と申しておりました。

 先日紹介したお醤油ともども、焼きおにぎりにも使ってみたんですが、これまた美味しかったですグッド(上向き矢印)

 さらに「なめろう」という漁師料理もつくってみました。刺身用のアジ(他の魚でも決定)、大葉、ネギ、にんにく、しょうがをすべてみじん切りにして、味噌と醤油を混ぜて包丁で叩くだけ。そのままでよし。炙ってよし。お酒にも、ご飯にも合います手(チョキ)。お試しあれ。


 ところで最近の研究で、お味噌には
(1)胃潰瘍防止
(2)老化防止
(3)コレステロール抑制
(4)放射性物質の除去
(5)ガン予防
(6)消化促進・整腸
などの効果があることが分かっているそうです。知りませんでした。大豆食品で、発酵食品ですから、体にいいのは当然なんでしょうが・・・。

 お味噌。侮れませんぴかぴか(新しい)

さんご塩の味噌 
↑ 「さんご塩」というのは、要するに「自然海塩」の一種みたいです。


京都大原の味噌屋さん 味噌庵
http://www.misoan.jp/index.html

長野味噌(株)
http://www.naganomiso.co.jp/
posted by ふくちゃん at 23:07| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

「寺岡家の有機醤油(淡口)」と「タケサン生搾醤油」

 日本人といえば醤油。

 「いや、日本人といえば味噌だちっ(怒った顔)」という方もいらっしゃるでしょうが、とりあえず今回は醤油ということで。

「寺岡家の有機醤油(淡口)」(300ml・630円) 
 淡口は「うすくち」です。「あわくち」「たんくち」ではありません。僕は昔「あわくち」だと思っていました(恥たらーっ(汗))。

 製造・販売元は、広島県は福山市の寺岡有機醸造株式会社。ラベルの説明を見ますと・・・

私たちは、明治二十年寺岡伍一(寺岡家第十代当主)の創業以来、本物で安心・安全な醤油造りに取り組んでまいりました。
広島県中部世羅高原にある「マルゴ有機農場」では日本農林規格及び有機JASのオーガニック基準にそって醤油の原料である大豆、小麦を栽培しています。今後も昔ながらの天然醸造の技と原料へのこだわりを持ち続け、本物の有機醤油づくりにこだわり続けます。

とあります。原材料表示を見ると「有機大豆・有機小麦・食塩」のみ。このシンプルさがいいですね手(チョキ)

 「マルゴ有機農場」は寺岡有機醸造株式会社の子会社で、公式サイト「寺岡家のお醤油」によると、大豆・小麦以外にも有機野菜を栽培しており、通販で購入できるようです。

 しかし、公式サイトにずらり並んだ商品の中で、僕が気になるものといえば「寺岡家のたまごにかけるお醤油」(155ml・299円)と「牡蠣だし」シリーズ。

 卵かけごはんに専用の醤油・・・想像しただけでヨダレが・・・あせあせ(飛び散る汗)。それに牡蠣(カキ)といえば広島が本場ですからね。「牡蠣だし醤油」「牡蠣だしゆずぽんず」などなど。どんな味かなぁ。買おうかなぁ・・・。

寺岡家のお醤油
http://www.veristores.com/teraokake/


「タケサン生搾醤油」(360ml・550円)
 こちらは普通の醤油、つまり濃口(こいくち)醤油。醤油名産地のひとつ、小豆島のタケサン株式会社の製品。「なましぼり」ではなく、「きしぼり」と読ませますわーい(嬉しい顔)。こちらは久しぶりに買いました。最近は濃口も「寺岡家のお醤油」でしたので。

 そういえば、高校生の頃、中学時代の友人と小豆島に遊びに行ったっけなあ。男ばっかりで・・・バッド(下向き矢印)。醤油とオリーブの島ですよね。でも、なんで小豆島を選んだかは忘れましたふらふら

 さて、製品の包装紙には次のように書かれています。

本醸造生搾り(きしぼり)醤油は(丸大豆天然醸造)は、温和な気候と風土に恵まれた、美しい小豆島でじっくり木桶(こが)の中で時間をかけて醸造したもろみをそのまま搾った醤油です。独特のいい香り、艶やかな色、深みのある味と三拍子そろった逸品です。

・・・異議ありません。いい香り、いい色、いい味ですグッド(上向き矢印)

 原材料は、やはり「大豆・小麦・食塩」のみで、「寺岡家のお醤油」と同様に保存料・着色料その他の添加物は一切なしわーい(嬉しい顔)

 最近読んだ「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物」という本では、「大豆・小麦・食塩」ではなく「脱脂加工大豆・アミノ酸液・ブドウ糖果糖液糖・グルタミン酸ナトリウム」などからつくられた醤油は、「醤油ではなく、醤油風調味料だ」と書いてありました。

 その「醤油風調味料」から「醤油」に切り替えて数年が立ちましたが、最初に切り替えたときには、やはり味や香りに違いを感じたような気がします(もう忘れましたが・・・)。

タケサン株式会社
http://www.takesan.co.jp/
醤油はイケてますが、サイトデザインはイケてませんバッド(下向き矢印)。それに「生搾醤油」が紹介されていないのはなぜでしょう?(ギフトセットはあるけど。。。)

旨い醤油  ← 左が「寺岡家」、右が「タケサン」です。

 醤油はもちろん、大豆食品ですから、健康に悪いはずがありません。でも、その効果って・・・?と思っていたら、醤油の効用がたくさん紹介されているサイトを見つけました。あまりに多いので、興味のある方は直接そのサイトをご覧下さい目

南紀勝浦 藤野醤油醸造元
http://www.fujino-syoyu.co.jp/kouyou.html
抗酸化作用、活性酸素抑制作用、ガン抑制作用、白内障抑制作用など15個も健康効果が列挙されています。抗酸化作用って、つまりは老化防止効果ですよねぴかぴか(新しい)
posted by ふくちゃん at 18:12| 兵庫 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

男前豆腐&風に吹かれて豆腐屋ジョニー

 マスコミで取り上げられることも多く、今話題・人気グッド(上向き矢印)の「男前豆腐」。近所のダイエーでも売っていたので買ってみました。Googleで「男前豆腐」を検索してみると、ネット上でもかなり話題になっているようですね(公式サイトも評判いいみたいです)。

「男前豆腐」
 真ん中に堂々と書かれた「男」の文字。その上には「北海道産大豆」、左には「水もしたたるいいトーフ」、右には「その心が男前」。

・・・気合手(グー)入っています。

水もしたたるいいトーフ 男前豆腐
↑ 自然に水切りされるパッケージ。

 味は濃厚。旨いです手(チョキ)

「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」
 商品名の横には、「OKINAWA BLUES 沖縄県糸満沖海水苦汁(にがり)&北海道産丸大豆」。男前豆腐の製品は、各取扱店で連日売り切れ続出らしいですが、この「豆腐屋ジョニー」は、今特に人気のようです。

ぷるぷるジョニー 豆腐屋ジョニー
↑ ぷるぷるです。

 味はやはり濃厚。甘みが強く、醤油をかけずにそのままでも食べられます。

 さて、豆腐もおいしいですが、何より男前豆腐(株)の公式サイトが最高exclamation×2イケてます。センス抜群。遊び心満載。ファンキーです。ぜひ、サウンド・オンるんるんの状態でアクセスして下さい。一見の価値ありですよ。

男前豆腐(株)
http://otokomae.jp/index-pc.html
PCの音量演劇を大きくしておくと、周りの方が驚きますから、ご注意下さいわーい(嬉しい顔)


 男前豆腐(株)の商品のネーミングは、ほかにも「Johnny Brown」とか「喧嘩上等やっこ野郎」とか「厚揚番長」とか、インパクトのあるものばかりですが、「企業に飛び込め オピ研」というサイトに掲載されている伊藤信吾社長のインタビューを読むと、決して奇をてらっているだけではなく、いろいろ考えた末に生まれた、まじめな製品であることも分かって感心しました。

 普通の豆腐と比べて、「とにかく製造にかけている時間が全然違うんですよ。具体的な製法は企業秘密なので言えないんですが、通常の3倍くらいの手間と時間がかかっています」「品質へのこだわりだけが、僕らのセールスポイント。だから絶対にレベルは落としちゃいけない」とのことです。職人ですね。

企業に飛び込め オピ研 男前豆腐
http://www.opi-net.com/opiken/200602_01.html


 ところで、豆腐などの大豆製品に含まれる健康成分といえばイソフラボン。最近になって、アメリカ心臓協会(AHA)が「大豆タンパク質やイソフラボンを多くとっても、悪玉コレステロールを減らすことは期待できない」と発表したり、日本の食品安全委員会の専門調査会がイソフラボンの過剰摂取に対して注意を促す報告書(案)をまとめたりするなど、イソフラボンには「逆風」とも言えるニュースが連続しましたバッド(下向き矢印)

 しかし、アメリカ心臓協会は、サプリメントなどによる大豆イソフラボンの摂取こそ効果がないものの、大豆食品そのものは「不飽和脂肪酸・食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富で、飽和脂肪酸の含有量が低く、心血管疾患や全般的な健康に有用である」としているそうですぴかぴか(新しい)

 また、同じく厚生労働省も大豆食品そのものの有効性は否定していません。

 要は特定の成分を単独で過剰に摂取しても効果はないよ、体に良くない場合もあるよ、ということみたいです。イソフラボンに限らず、何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということなんでしょうね。バランスのよい食事が何よりですわーい(嬉しい顔)
posted by ふくちゃん at 23:44| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

少しばかり、やせました。

 このブログで初回に書いたように、ここ1年あまりで太ってしまった僕。かつてジーパンは28〜30インチ。スラックスは73〜76cmで、これをさらにツメることも。

 ところが、昨年の夏、夏用スーツを着ようと思ったら、スラックスが履けないがく〜(落胆した顔)。腰周りがパンパンで、前ボタンを留めると苦しい・・・。スラックスがはちきれそうどんっ(衝撃)

 もちろん、急にそんなことになるわけもなく、夏物以外のスーツを新調するたびに、少しずつウェストサイズが大きくなっていることには気づいていたのですが・・・。見て見ぬフリを続けてきましたあせあせ(飛び散る汗)

 しかし、夏用スラックスによって、一気に現実を目の前に突き付けられたのですバッド(下向き矢印)

 そして、悪夢の健診結果ふらふら

 そこからスタートしたダイエット&健康生活。

 ところが、近頃なんだかセミ・オーダーメイド・スーツのスラックスがダブつくような気が・・・?作ったときのウェストは確か80cm。

 そこでウェストを巻尺で計って見ました。

 ムム!78cmくらいかexclamation&question

 横を向いて鏡を見ると、一時期に比べてお腹が引っ込んだように見える・・・。慌てて(そんな必要ないですが)夏用スラックスを引っ張り出してみると・・・。おおっ!すんなり履けるじゃないですか手(チョキ)

 やった〜\(^o^)/ぴかぴか(新しい)

 というわけで、先日スーツ・ショップにオーダーメイド・スーツのスラックスを持参して、リサイズしてもらいました。そのときに計ってもらったところ、現在のウェストは正確には77cm。

 しかし、いったい何の効果なのでしょう?あまりにいろいろやりすぎて、イマイチよく分かりませんたらーっ(汗)

 ただ、以前ご紹介した「ホームジャンピング」で飛んでいるときに感じる負荷の位置と、実際にウェストの締まってきた位置からすると、その効果が着実に出ているのでは・・・。

 ネットでも調べてみましたが、有酸素運動の後の腹筋運動は、ウェストやせに良いみたいですよ。そうとは知らないまま、やっていましたが・・・。

 ところで、最近ではBMI=「体重(kg)」÷「身長(m)の2乗」よりもウェストサイズの方が、肥満の度合いだけでなく病気につながる内臓肥満の危険度(内臓脂肪の量)の指標として優れていると言われています。日本人の場合は、男性85cm以上、女性90cm以上が危険爆弾とされる目安だそうですね。

 やれやれ、少し危険が遠ざかりました。でも、まだ脇腹にはぜい肉があるし、顔も相変わらず丸い。もし再びウェストが大きくなったら、当然オーダーメイドのスラックスが履けなくなります。

 ということで、油断せずにコツコツと現在の生活習慣をキープしなくては・・・。
posted by ふくちゃん at 20:43| 兵庫 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

天日古代塩

 僕は基本の調味料、たとえば塩、醤油、味噌などはお値段が少々高くてもふくろ、良いもの、安全性の高そうなものを買うようにしています。

 で、今回はお塩。普通の食塩というか精製塩って、なんだか味気ないですよね。しょっぱいだけというか。

 塩ならこの銘柄!というのを決めているわけではないのですが、今使っているのは、熊本の(有)ソルト・ファーム「天日古代塩(天日仕上げ)」(200g・700円/税別)です。

天日古代塩
    ↑ 天秤棒と桶で塩をかつぐ古代人のイラストがいい味出してます。

 熊本県天草郡・通詞島の美しい海水を原料としてつくられたという自然海塩です。袋の裏面の説明を見てみると・・・。

 「イルカが泳ぐ美しい海水を風と太陽の力で濃縮し、幾日もかけて仕上げた完全天日塩。まさに海と風と太陽の結晶です。」

・・・詩的ですぴかぴか(新しい)

 「天日古代塩はマグネシウム(179mg)、カルシウム(138mg)、カリウム(73.6mg)など80種類以上のミネラル成分がバランス良く含まれていて、その成分は人間の体液、羊水、血清と同じなのです。(有)ソルト・ファームでは、『体内の海(体液)を良い状態に保つお手伝いができれば』と考えています。※微量元素値は100g当り」

・・・崇高ですぴかぴか(新しい)

 塩分の取り過ぎは血圧を上げると言われますが、これは食塩の話で、ミネラル豊富な天然の塩には逆の効果、つまり血圧を下げる効果があるそうです。だからと言って取り過ぎは良くないと思いますが・・・。

 舐めてみると、マイルドな塩辛さで、ほのかな甘みも感じられ、なかなかおいしいです。おすすめできます。


販売元 ソルト・ファーム 塩工房
〒860-0028 熊本市中唐人町29 コアマンション1F(有)ソルト・ファーム
製造所 熊本県天草郡五和町ニ江650
http://www10.ocn.ne.jp/~saltfarm/
 
 このサイトでは、塩づくりの工程が写真入りで紹介されていますが、天日塩はつくるのには2週間から2ヵ月もかかるとか。現在、ネット直売は休止中ということですが、楽天やYahooで購入できます。


 また、ソルト・ファームさんは、世界初のタワー式濃縮法という珍しい方法で塩を作っており、観光名所になっているみたいです。

熊本県観光総合サイト
http://cyber.pref.kumamoto.jp/
「熊本ガイドマップ ものづくり体験」→「ソルト・ファーム」

五和町公式サイト
http://www.town.itsuwa.kumamoto.jp
「五和町の観光」→「観光案内」→「ソルト・ファーム」


 ちなみに天然塩と呼ばれるものには、岩塩、湖塩、海水塩などの種類があり、いずれもミネラルを含み、体によく、材料の旨みを引き出すほか、便秘にも効果があり、入浴剤(バスソルト)いい気分(温泉)などとしても使えるそうです。女性の方はよくご存知なんでしょうねわーい(嬉しい顔)
posted by ふくちゃん at 15:11| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

京都キムチのほし山「こってり白菜キムチ」

 『どっちの料理ショー』の特選素材でも使われたのが、このキムチ。番組放送直後、ほし山さんのネットショップでは、このキムチを含めて売り切れ続出。しばらく購入できませんでした。現在は大丈夫のようです。

 そのネットショップ上でも紹介されていますが、このキムチで使われているあみえびは、女将さん自らが瀬戸内海に出向いて、漁師さんと一緒に漁に出て、水揚げしたものをその場ですぐに仕込んだものだそうです。「こだわりの職人さん」って、どの分野の方でも本当にすごいですね。

 あみえびの塩辛は、キムチの発酵を促進させるために使うそうです。ほかには、いかの塩辛やいわしの塩辛が使われることもあるとか。で、こちらのキムチは普通のキムチの何倍もの乳酸菌が含まれているそうです。詳しいことは「キムチのほし山」のブログ記事をどうぞ。

「キムチのほし山」のブログ記事「ほし山キムチの乳酸菌数」
http://www.b-shoku.jp/weblog/myblog/641/36337#36337

 乳酸菌って、体にいいですもんねわーい(嬉しい顔)

 
 さて、このキムチ。到着したときは浅漬け状態であっさりした味です。で、袋から取り出して、付属のビンに汁ごと詰め、上からギュッと押さえて空気を抜き、漬け汁にしっかりと漬けます。こうすると、徐々に乳酸発酵が進み、それにつれて酸味が増していき、よりキムチらしい味になっていくというわけです。

ほし山キムチ 届いた状態 ほし山キムチ ビン詰め状態 ほし山「こってり白菜キムチ」

 食べごろは届いてから5日経った頃。賞味期限は10日間ですが、10日以上過ぎても大丈夫。ここまで来るとかなり酸っぱくなり、口に入れると何だか炭酸が唇あたりでシュワシュワしているような感覚です。この状態でも、火を通すと酸味がマイルドになるので、豚キムチやチゲなどに使うとよいそうです。今度やってみようっとわーい(嬉しい顔)


京都キムチのほし山
http://www.hoshiyama.ne.jp/
 「こってり白菜キムチ」のお値段は、長漬(カットしていないもの)500gが800円。切漬(カットされたもの)500gが890円。特小樽(長漬)1,700gが2,800円。僕は切漬を買いました。ほかにも、様々なキムチや韓国食材が販売されています。
 ちなみに、この「こってり白菜キムチ」は辛さを示す★印が最高の5つ。なかなか辛いです。でも旨いです。
posted by ふくちゃん at 13:45| 兵庫 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

「旨口麺々」しゅうゆ味・みそ味

 またまた「通販生活」から。今度は「中高年向き」(という言葉が悲しいですが・・・もうやだ〜(悲しい顔))即席ラーメンです。

 普通の即席ラーメンでありえないほどの贅沢な材料でつくられたというこのラーメン。麺は国産小麦100%、ノンフライ。有機のおからとサンゴ粉が練り込まれ、麺1食で食物繊維3.6g、カルシウム436g摂取できるそうです。そして、かん水は内モンゴル産!


 ・・・で、かん水って、何exclamation&question

 調べてみたところ、「炭酸カリウム」「炭酸ナトリウム」「炭酸水素ナトリウム」および「リン酸類のカリウム塩またはナトリウム塩」のうち1種類以上を含むアルカリ性の液体あるいは粉体のことと「食品衛生法」で定められているそうです。


 ・・・結局よく分かりませんふらふら

 とにかく、かん水を小麦粉に混ぜると、タンパク質(グルテン)に作用して弾力や風味が出たり、でんぷんに作用して粘りが出たりするそうです。


 ・・・閑話休題あせあせ(飛び散る汗)

 さて、次に付属の液体スープですが、「動物油脂も植物油脂も極力使わず、超一級品のしょうゆと味噌に数種類のダシのみで深いコクと香りを実現」とのこと。そのため、1食の油脂量は、しょうゆ味が2.4g、みそは4.5g。近くのスーパーで、一般的な即席ラーメンの袋の裏面表記を確認してみましたが、油脂量は15g前後でした。

 ちなみにカロリーは、しょうゆが306kcal、みそが336kcal。一般的な即席ラーメンは300〜500kcalだそうです。

旨口麺々しょうゆ味 旨口麺々  
↑ しょうゆ味。具はついておりません。化学調味料、合成食品添加物ゼロ。

 値段は、しょうゆ・みそ各20袋のセットで、4,800円(税別)。高いです・・・。しかも、1人では食べきれませんたらーっ(汗)。どなたかに何袋か差し上げたいところです。
 
 さて、気になるお味ですが・・・。

 「普通」です。みそ味の方がおいしいかも。でも、僕は最近、ラーメンを食べても「おいしい!」と感動しなくなってきたので、興味のある方は自身の舌でご確認下さい。
posted by ふくちゃん at 22:36| 兵庫 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 健康への長い道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。